> > > ローコスト住宅の正しい選び方!後悔・失敗しないための注意点

ローコスト住宅の正しい選び方!後悔・失敗しないための注意点

ローコスト住宅の正しい選び方!後悔・失敗しないための注意点のイメージ

「新しい家族が増えた」「子供が成長して部屋が手狭になった」など、マイホームの購入を検討しはじめる理由には様々なものがあります。しかし、有名なハウスメーカーの相場を調べ始めると、想像以上にお金がかかることに驚いてしまいますよね。

そこで検討したいのがローコスト住宅です。
ローコスト住宅なら、通常の注文住宅と比べてかなり安い金額でマイホームを建てることが可能。ただ、「ローコストな住宅」と聞くと安全性や性能を疑ってしまいますよね。

  • そもそもローコスト住宅って何?
  • ローコスト住宅の選び方はどういう基準で決めればいい?
  • なるべく安く抑えたいけど失敗や後悔はしたくない…

こちらの記事では、こういった疑問や不安へのお答えを提示しています。ローコスト住宅について右も左もわからない方や、一からローコスト住宅の選び方を学びたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ローコスト住宅とは?定義とメリット・デメリットを解説

ローコスト住宅の選び方を考える上で、「そもそもローコスト住宅とは何なのか?」「なぜ安いのか?」を知っておく必要があります。まずは、ローコスト住宅の定義やメリット・デメリットのほか、住宅価格が安い秘密を見ていきましょう。

坪単価50万円より低いものがローコスト住宅に分類される

様々なハウスメーカーがローコスト住宅をウリにしていますが、実際のところ「ローコスト住宅」には明確な定義がありません。法律などで決められているわけでもなく、あくまで「低価格で建てられる注文住宅」のことを一括りにローコスト住宅と呼んでいるにすぎません。

しかし、ローコスト住宅と呼ばれる家のほとんどは高くても坪単価50万円程度です。場合によっては坪単価60万円程度の家をローコスト住宅と呼ぶこともありますが、基本的には坪単価が50万円を切ってくるようであればローコスト住宅だと考えておいていいでしょう。坪単価の価格帯ごとにハウスメーカーの位置付けを紹介します。

坪単価の目安 ハウスメーカーの位置付けと例
100万円以上 【大手】
⇒ヘーベルハウス、三井ホームなど
80万円程度 【中堅】
一条工務店、住友不動産など
60万円程度 【地域密着型】
地域の工務店など
50万円以下 【ローコスト】
タマホーム、アキュラホームなど

坪単価は目安でしかない

それぞれのハウスメーカーや工務店で「いくらぐらいの予算でマイホームを手に入れられるか」を想像しやすい坪単価。しかし、坪単価はハウスメーカーによって算出方法が違っているので、あくまで目安にしかならないことを覚えておく必要があります。

例えば、同じ「坪単価60万円」でも、照明などの設備費用も含めて算出しているかどうかで建てられる家は全く違ってきますよね。そう、ハウスメーカーによってどの程度までの費用を坪単価に入れているかは異なるのです。坪単価が安いからといって、必ずしも低価格で家を建てられるとは限らない点を覚えておきましょう。

なぜ安い?ローコスト住宅の秘密と安い理由

ローコスト住宅は、大きく分類すると注文住宅の一つです。 建売住宅のように完成後の家を買うわけではなく、土地選びや家の基礎からある程度自分好みに設計していくことが可能です。

しかし、注文住宅と聞くとなんとなく高そうなイメージがありますね。いったいなぜローコスト住宅は坪単価50万円以下という安い金額で注文住宅を提供できるのでしょうか。その秘密は次の通りです。

安い秘密①大規模な広告をしないことで経費を削減している

ローコスト住宅を提供するハウスメーカーの多くは、テレビや雑誌などの大規模な宣伝活動を行っていません。もちろんタマホームなどはCMでもお馴染みなので全てのハウスメーカーがそうだとは限りませんが、広告宣伝費を抑えれば経費が少なくなり、住宅価格も低めに設定できるのは自然なことです。

安い秘密②モデルハウスがないこともある

徹底的に経費を削減しているローコスト住宅のハウスメーカーの中には、
モデルハウスを用意していないところもあります。

これはなぜかというと、実はモデルハウスの建築費用と維持費は非常に高額なコストが必要になるからです。見学に来た人に良い印象を与えるために、モデルハウスには各社のオプションが詰め込まれています。

だからこそ、モデルハウスを建築・維持するコストも膨大になってしまいます。
このコストを削減し、消費者へ提供する住宅価格を安く抑えているのです。

安い秘密③材料をまとめて仕入れてコストダウン

ローコスト住宅が安い秘密の1つに「建築にかかる材料をまとめて仕入れることでコストダウンを図っているから」というものがあります。完全な自由設計だと部材の規格を統一するのは難しいですが、ある程度規定がある中から選ぶスタイルの注文住宅であれば一部の部材を共通化させるのは難しくありません。大量発注であれば仕入れの値段も安くなるので、安いローコスト住宅を提供しやすくなるのです。

安い秘密④現場でかかる人件費を削減

ローコスト住宅を建てるハウスメーカーは、モデルハウスの建築費用を抑えているとお伝えしました。モデルハウスがない、または数が少ないハウスメーカーであれば、その分営業スタッフの人件費も少なくすることができます。

さらに、プレカットという加工済みの木材を使用することで、現場での手間も軽減しています。これらの取り組みにより人件費を抑えられているため、安いローコスト住宅を提供可能になっているんです。

安い秘密⑤断熱材などに高級な素材を使わない

最後に紹介するローコスト住宅が安い秘密は、断熱材などに高級な素材を使用しない点です。一般的な注文住宅だと、高級な断熱材を使用しているため住宅価格が上がってしまうことがあります。もちろん高級な断熱材の方が性能は優れているのですが、安い断熱材でも活用方法が全くないわけではありません。ローコスト住宅を提供するハウスメーカーは、安い断熱材の性能を十分に発揮させられるような企業努力を行い、品質と価格のバランスを保っているのです。

ローコスト住宅のメリットとデメリット

さて、ローコスト住宅が安い理由を確認したところで、次はメリットとデメリットを見てみましょう。ローコスト住宅のメリットとデメリットをわかりやすいように表にまとめたので、まずはこちらをご覧ください。

メリット

  1. とにかく安い
  2. 比較的工期が短め
  3. 打ち合わせの手間が少ない
  4. メーカー内で品質のバラつきが出にくい

デメリット

  1. 制約があり完全な自由設計ではない
  2. オプションを選ぶと高額になる
  3. 標準設備だと性能面で劣る
  4. 住宅の耐用年数が短い

ローコスト住宅の1番のメリットは、とにかく住宅価格が安い点にあります。金額が安いということは、収入が低くても憧れのマイホームを手に入れられる可能性があるということです。賃貸に住んでいる方であれば、ローコスト住宅を建てた方が毎月の家賃より安くなるケースもあります。

また、ローコスト住宅はある程度選択肢が決められた中から選んでいくスタイルの、いわばセミオーダーの注文住宅です。自由度が低いというデメリットこそありますが、打ち合わせや工事にかかる時間は短くて済みます。

その他のデメリットとしては住宅の耐用年数が短いことなどが挙げられますが、これは裏を返すとメリットでもあります。長きにわたり住み続けたい方だとローコスト住宅は不向きですが、「将来的には家を建て替えて二世帯住宅にしたい」「転勤で引っ越す可能性もある」という方であれば、住宅の耐用年数が短くてもOKな場合があります。選び方によってはローコスト住宅をかなり安く建てられるので、将来家を建て直すための資金も残しておくことができます。

初心者でもわかりやすいローコスト住宅の7つの選び方

ローコスト住宅の定義やメリット・デメリットを確認したところで、本格的に選び方を見ていきましょう。こちらの項目では、「家づくりについて右も左もわからない」「ローコスト住宅の選び方を1から知りたい」という方のために、初心者でも考えやすい選び方を紹介しています。

選び方①ローコスト住宅のデザインで選ぶ

初心者にもわかりやすいローコスト住宅の選び方、それは「デザイン」です。

非常にシンプルな選び方ではありますが、ローコスト住宅をデザインから選ぶのは重要です。なぜなら、ローコスト住宅を建てる際には用意された選択肢の中から決めなければならないので、選ぶハウスメーカーによっては自分の理想と全く違うデザインの家になってしまうからです。

どんな人でも、漠然とした理想のマイホーム像は持っているはず。
そのイメージを具体的にできれば、自ずとハウスメーカーの選び方は見えてきます。

例えば、「輸入住宅の家を建てたい」「外壁はタイルがいい」という方なら、輸入住宅やタイル外壁を得意としているハウスメーカーを選べばいいのです。輸入住宅やタイル外壁は高そうなイメージがありますが、実はローコスト住宅の中にもこれらを提供しているハウスメーカーはあるんですよ。

選び方②標準仕様の内容で選ぶ

次に紹介するローコスト住宅の選び方は、標準仕様に含まれている内容から選ぶというものです。極端な話をすれば、どのハウスメーカーを選んでも大量のオプションをつければある程度理想に近い家を建てることは可能です。しかし、オプションはつければつけるほど建築費用が高くなってしまうので、現実的ではありません。

そこで、希望する設備や仕様が決まっているのであれば、それが標準仕様に含まれているハウスメーカーを選べば簡単です。仮にオプションになってしまう場合でも、なるべく安く抑えられる、もしくは標準仕様でも妥協できるローコスト住宅を選ぶといいでしょう。

選び方③アフターサポートや保証内容で選ぶ

大切な家族を守ってくれる住宅は、「建てたら終わり」というものではありません。

むしろ、家を建ててからがスタートです。そのため、どんなにデザインや設備が気に入っていても入居後に不備やトラブルが頻発していては意味がありません。だからこそ、ローコスト住宅の選び方としてアフターサポートや保証内容が重要になってくるのです。

ただし、この選び方を考える場合には注意したいポイントがあります。
一般的に「大手ハウスメーカーより地域密着型の工務店の方がサポートは手厚い」というイメージがありますが、必ずしもそうではない点です。

大手ハウスメーカーの中にも丁寧なサポートを提供してくれるところはありますし、地域の工務店だと廃業リスクがあります。ハウスメーカーがフランチャイズかどうかによってもアフターフォローの内容は違ってくるので、十分に吟味する必要があります。

選び方④住宅にかけられる予算で選ぶ

こちらは初心者にもわかりやすいローコスト住宅の選び方です。
価格重視のローコスト住宅だからこそ、最初に予算計画を建てるという選び方があります。

「今後何十年も支払う住宅ローンの計画なんて漠然としすぎて考えられない…」と不安な方は、まずライフプランニングを考えるのがおすすめです。ライフプランニングとは、人生の節目となる結婚や出産、住宅購入などを考慮して人生設計を立てること。結婚の予定がある方なら、結婚式や車を購入するタイミングも考えるといいですね。すでに既婚の方であれば、パートナーと「いつ頃に何人の子供がほしいのか」などを話し合ってみるといいでしょう。

生涯で必要となる出費をある程度計算したら、ローコスト住宅にかけられる予算が見えてきます。

選び方⑤営業マンの誠実さで選ぶ

ここから紹介する選び方は、デザインや予算、標準仕様などの選び方と組み合わせて考えるとおすすめです。

初めて家を建てる方にとってローコスト住宅の選び方はとても難しいもの。そこで参考になるのが、営業マンの対応です。誠実で親切な対応をしてくれる営業マンなら安心して家づくりを任せられますし、細かい質問にも的確に答えてくれる方が安心できますよね。気になるローコスト住宅があれば、まずは話を聞きに行ってみるのがおすすめです。

選び方⑥ハウスメーカーの実績で選ぶ

次に紹介する選び方は、ハウスメーカーの実績で選ぶ方法です。
ローコスト住宅を提供するハウスメーカーや工務店の中には、会社としての歴史があるところとそうでないところがあります。

やはり、歴史があるハウスメーカーや工務店の方がより質の高いノウハウを持っているので、安心感がありますね。

また、歴史が長い企業の中にも新規事業としてローコスト住宅に参入してくるケースが存在しています。その場合は企業としての安心感はありますが、家づくりのノウハウという点では少し不安が残りますよね。

このように、気になるハウスメーカーや工務店が見つかったら、その会社の歴史を調査してみることも選び方の1つです。

選び方⑦口コミや実例で選ぶ

最後に紹介する選び方は、実際にローコスト住宅を建てた方の口コミや実例で選ぶ方法です。もし知人の中にローコスト住宅を建てた方がいれば、必ず参考になるので話を聞いてみましょう。

「ローコスト住宅を建てて良かったこと、後悔したこと」を聞くのはもちろん、「ハウスメーカーの対応に満足しているか」まで質問してみるといいですね。

また、ハウスメーカーが過去の実例を公開しているケースもあります。
実際に建てた方のお褒めの言葉やお叱りの言葉を豊富に公開しているハウスメーカーなら信頼して家づくりを任せられますね。

建築費用をできるだけ安くする方法

ローコスト住宅を検討している方であれば、「できる限り建築費用を抑えたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか?

実は、ローコスト住宅などの家づくりにおいてはちょっとした工夫で建築費用を安くする方法が存在しているんです。

例えば、住宅全体や部屋の形をできる限り四角形に近づける方法がおすすめです。形を四角形に近づけた方が建築費用や材料費がかからないので、より安くなります。さらに、外装・内装に凹凸をつけすぎないことや、屋根の形をシンプルにすることもローコスト住宅をより安くするポイント。

設備のグレードを上げすぎないことも大切ですが、設計段階から費用を抑えられる工夫もあると覚えておきましょう。

よりコストダウンして家を建てるコツはこちらの記事で詳しく解説しています。

ローコスト住宅の見積書の内訳を徹底解説!相場や安くするコツも紹介

住宅価格を抑えてマイホームを手に入れたい方におすすめなのがローコスト住宅です。 ローコスト住宅なら一般的な注文住宅よりも安い金額で手に入れられる上、ある程度間取りや設備を自分好みにカスタマイズできます。…

4,331view

まずはローコスト住宅に求める希望条件を決めよう

ローコスト住宅の選び方を考える時には、自分がどんな家を建てたいかという希望条件を設定することが重要です。ここからは、ローコスト住宅を建てる際に人気の設備の例を紹介しますので、ご自分が建てたいマイホームの理想像を膨らませてみてくださいね。

ローコスト住宅で人気の設備例

ローコスト住宅だからといって、こだわりたい設備を付けられないわけではありません。
設備を増やしたりグレードアップしたりするとオプション費用が必要になることは避けられませんが、それで快適な生活を送れるようになるのであれば検討する価値は十分にあります。

ローコスト住宅を建てる際に人気の設備例を表でまとめましたので、
設備の選び方の参考にしてみてくださいね。

住宅各部 設備の詳細 価格の目安
※工事費用は未考慮
トイレ 一体型シャワートイレ 20万円〜
サッシ 断熱性の高いサッシ 6万円〜
玄関 エントリーキー 30万円〜
照明 全室LED ライトの種類によって異なる
洗面台 タッチレス水栓 25万円〜
キッチン IHクッキングヒーター
ビルトイン食洗機
IH:標準仕様のケースあり
ビルイトイン食洗機:7万円〜
浴室 浴室乾燥機 8万円〜

こちらで紹介したのがローコスト住宅で人気の設備の例です。
キッチンや浴室に設備を追加できるのはもちろん、玄関や照明にもオプションをつけることが可能です。

なお、希望する設備はハウスメーカーによってオプションであったり標準仕様であったり、扱いが異なります。自分が導入したい設備を考えておくと、ハウスメーカーの選び方にも役立てることが可能なのです。

ローコスト住宅の選び方で失敗・後悔しないために

最後に、ローコスト住宅の選び方で失敗・後悔してしまわないよう、
覚えておくべき注意点を紹介します。

本体工事費用以外にも費用がかかる

ローコスト住宅を建てる際に失敗しないために注意したいのは、本体工事費用以外にも家づくりには費用が必要となるポイントです。

こちらはハウスメーカーの選び方によって左右されるわけではなく、どのローコスト住宅を建てる時でも言えること。本体工事費用とはメインとなる住宅自体を建築するための費用であり、駐車場や塀・フェンスなどの料金は含まれていません。そのため、チラシの「〇〇円でマイホームが建てられる!」という宣伝通りの金額だけでは建てられないので注意。

本体工事費用以外に必要となるのは、駐車場や塀・フェンスなどの工事にかかる外構工事費用や、電気・水道の設備を整える工事費用などです。その他、住宅購入の手続きや契約のために必要となる諸費用が発生する点にも注意しましょう。

家を建てる費用相場と予算の決め方、必要になる費用は?

家や土地の費用は建てる地域によって違いもあり、相場というものが見えにくいところです。また、土地や家本体の費用だけでなく他の諸費用というものも必要となってきます。…

3,587view

予算を超えないように注意

「できる限り安いローコスト住宅を建てよう」と考えていても、実際に標準仕様の中身を確認すると、もう少し設備をグレードアップしたくなってきます。 ただし、オプションはつければつけるだけ費用が高くなるので、きちんと予算管理を行っていなければ簡単に予算をオーバーしてしまいます。

ローコスト住宅とはいえ数千万円の金額が必要になるので、金銭感覚が麻痺して「数万円・数十万円の設備投資くらい安いもの」と感じてしまうことも。

しかし、無理な住宅ローンを組んでしまうと将来の生活が苦しくなってしまい、最悪の場合はせっかく建てたマイホームを手放すことになるかもしれません。そんな失敗をしないためにも、予算を厳守した家づくりをすることが大切です。

設備を削りすぎるとむしろ費用がかかることも

「予算を超えないことが大切だ」とお伝えしましたが、とにかく設備を削ればいいというものでもないのは難しいポイントです。

なぜなら、設備投資をすれば費用がかかりますが、性能の低い設備だとトータルコストでは高額になる可能性もあるからです。

例えば、断熱性を最低限にして冷暖房効率が悪くなってしまった場合、毎日の冷暖房にかかる費用はより高額になる恐れがあります。

また、耐用年数の短い外壁材を選んだ場合、リフォームやメンテナンスの頻度が多くなり結果的に高くつくことも。

このように、長期的な目線でローコスト住宅の選び方を考えることが重要です。

口コミを鵜呑みにしない

ローコスト住宅の選び方で失敗しないために注意すべきなのは、口コミなどの情報を鵜呑みにしないことです。

人それぞれハウスメーカーに求める条件やマイホームに対する理想、経済状況などは異なります。そのため、ネットの口コミはある程度参考にしたとしても、それだけをローコスト住宅の選び方の基準にするのはやめましょう。

また、知人が建てたハウスメーカーだからといって必ずしも安心だとは限りません。
建てた家の快適さや不便さは、その家に何十年も住んでから気がつくこともあります。

また、「ローコストで頑丈な家を建てられた」と本人が感じていても、いざ災害が来た時に必ず耐えられるという保証はありません。だからこそ、「友人も利用したハウスメーカーだから大丈夫だろう」と安易に選ぶのはおすすめできないのです。

焦って契約しない

気に入った土地や住宅が見つかった時、「もうここしかない!」と感じてすぐに契約してしまうのはNGです。

これから先何十年にもわたり住み続ける大切なマイホームですから、 ただ一時の盛り上がりで決めてしまっていいのでしょうか。

パートナーや家族とじっくり検討し、本当に最適だと感じられるハウスメーカーと契約することこそ、ローコスト住宅で失敗しない選び方です。

まとめ

今回の記事では、失敗や後悔をしてしまわないためのローコスト住宅の選び方について解説してまいりました。

坪単価が50万円を切る程度の注文住宅のことを意味するローコスト住宅。
様々なハウスメーカーや工務店がローコスト住宅を展開していますが、正しい選び方は「あなたが何を重視するか」で変わってきます。

価格重視なのか機能性重視なのか、はたまた安全性を重視するのか。今回の記事で紹介した選び方を参考に、ご家庭に最適なローコスト住宅を探してみてくださいね。

なお、全国でおすすめのローコスト住宅メーカーを比較してまとめたページも用意しています。より具体的にローコスト住宅のハウスメーカーについて知りたい方は、そちらのページもあわせてご覧ください。

ローコスト住宅のおすすめハウスメーカー13選!口コミや実例も紹介 「できる限り費用を抑えてマイホームを建てたい」「家づくりにこだわって注文住宅にしたいけど、高額な予算はかけられない」とお考えではありませんか?…

4,953view

家を建てるなら以下がおすすめ

まずは気軽にカタログ請求したい

プロに相談しながら自分たちにぴったりの家を建てたい

★★★★★

たった一度の無料資料請求で注文住宅のカタログをまとめて取り寄せできる

  • 1,000万円台の建物価格からのお取り寄せ
  • ローコスト、平屋などのテーマ別のお取り寄せ
  • 建設予定地から全部のメーカーをまとめてお取り寄せ
  • 無料でまとめてお取り寄せ
★★★★★

プロに相談しながら自分たちにぴったりな家を建てたい

  • 無料で何度でも相談できる
  • 相談窓口にてVRによる住宅のイメージ体験が可能
  • 94.2%の方が満足と回答
 
ページのトップへ