不動産のいろは > 不動産売却 > 不動産売却に強い仲介会社とは?プロが選び方を解説

不動産売却に強い仲介会社とは?プロが選び方を解説

PR

家やマンションなどの不動産売却で成功するためには、不動産仲介会社の存在が欠かせません。

不動産売却において仲介会社選びに失敗すると、不動産売却で損をする可能性があります。
では、どんな不動産仲介会社や営業担当者を選べばいいのでしょうか?

こんな不安、持っていませんか?
  • 不動産売却で損をしたくない!でも、仲介会社の選び方が分からない
  • 希望条件で不動産を売却したいけど、そんなスムーズにいくのかな
  • 不動産売却で業者に騙されたくない!

この記事では、プロが不動産売却に強いおすすめの仲介会社や選び方を解説します。

田中 隆
◆この記事の監修者◆
大学3年にして宅地建物取引主任者の試験に合格。その後、大阪市東淀川区の不動産賃貸仲介にて2年間営業スタッフとして在籍し、不動産業の実務を経験。

大学卒業後はマンション開発デベロッパーに就職してさらなる知識とスキルを習得。

不動産会社の選び方を解説!5つのポイント

読みたい内容をタップ!

買取ではなく、「仲介」に強いか

不動産を売却する方法は2つあります。
それは「買取」と「仲介」です。

買取
不動産会社や買取業者に直接買い取ってもらう不動産売却方法です。買取価格は相場の60%程度で買取業者がリフォームを行い再販します。
仲介
不動産仲介会社に販売活動を依頼し広告や営業活動で買主を探す不動産売却方法です。広く市場に売却不動産情報を流すことで、適正価格で売買します。

不動産の売却理由は人それぞれですが、「安く不動産を売却したい」という方はほとんどいないと思います。

高値とは言わなくとも、相場通りの適正価格で取引したいなら「仲介」を選択してください。

不動産仲介会社の中にも買取に強く仲介が弱い業者もいれば、その逆もあります。

不動産売却で成功したいなら、不動産売却仲介に強い業者に依頼する必要があります。


ペンギン生徒

損をしたくなければ仲介を選択ですね。


アザラシ先生

仲介は広く市場に物件情報をPRできるので、適正価格で売却しやすいんじゃよ。

不動産の査定価格の根拠が明確か

売却物件の査定は複数社に依頼するのが基本です。ここでよくある失敗は、一番高い査定額を出した不動産会社に媒介契約を依頼してしまうことです。

査定価格は、あくまで査定です。実際に売買契約が成立する価格ではありません。専任媒介契約を取るために、わざと高い価格査定を出す不動産会社もあります。

相場より高い金額の条件で売却に出しても、よほど魅力的な物件情報でない限り、売れません。

最終的には、物件価格を下げて、「相場以下でしか売れなかった。」という不動産取引がたくさんあります。

査定依頼した業者の査定金額に騙されないためにも、自宅周辺の相場は把握しておくことをお勧めします。

ポイントは、駅からの距離、広さ、間取り、築年数など似た住宅がいくらで売られているか?不動産情報サイトを見れば、だいたいわかります。

この「だいたい」というのがとても重要です。実際の成約価格は、実際に売却などの営業活動をしてみないと、いくらで売れるのか?がわからないからです。

不動産は物と違って定価という概念がありません。従って、いくらくらいで売れるのか「だいたい」の知識で構わないので、まずは相場を知っておくことがとても重要です。

販売スケジュールや売却手法が明確か

多くの売主は不動産売却だけを行い取引終了というわけではありません。中古マンションの購入など買い換えを行う方もいます。

この場合、売却と購入の決済スケジュールや購入物件のローン状況など経験豊かな不動産会社や営業マンなら理路整然と説明できます。

特に売り物件の販売スケジュールが長期化し、売り物件の売却代金が購入物件に充当できないどの事態が発生してしまいます。

このようなトラブルに巻き込まれないために、経験豊富な不動産会社の営業担当者に売却を依頼することが重要です。


ペンギン生徒

会社の規模ではなく担当者選びが重要なんですね!


アザラシ先生

その通りなんじゃよ!担当によって売却価格が大きく変わる場合もあるので注意が必要じゃな!

インターネット広告に強いかどうか

現在はインターネットで希望条件の物件を探すのが当たり前です。媒介契約を結んだ仲介業者がインターネットに強いかで、不動産売却の成功がかかっていると言っても過言ではありません。

媒介契約を結ぶ前に、不動産仲介会社のサイトや各不動産情報サイトに掲載してくれるのか等はきちんと確認してください。

営業担当者が優秀か

 

実は、不動産売却で重要なのが「業者」と「営業担当者」選びです。

先に解説した大手不動産会社に売却を依頼しても担当者の能力やスキルレベルが低い場合は、うまくいきません。

不動産売却がうまくいくかは、業者選びよりも担当者選びの方がより重要です。

理由は、①不動産の知識、②言葉づかいや身だしなみ、③段取り、④交渉スキル、といった営業担当者の能力にかなり依存するため、選択肢が減ったり、取引条件が悪くなったりするからです。

営業担当者を選ぶ判断基準

営業担当者を選ぶ判断基準は、大きく3つあります。

  • 1.売主の立場に沿って物事を考えられるか。
  • 2.実務スキルがあり不動産の知識が一定以上あるか。
  • 3.専門用語を多用せず売主にわかりやすく伝えられるか。
1.売主の立場に沿って物事を考えられるか。

 

順番に解説しますと、「1.売主の立場に沿って物事を考えられるか。」ですが、営業担当者の仕事では売主へのヒアリングが欠かせません。

なぜなら、売主しか知らない事情があるからです。

例えば、売主しか知らない事情としては、不動産売却の動機、住宅ローンの残債、建物設備などの不具合の有無、過去のリフォームや修繕履歴、隣地との境界や越境の有無など内容は様々です。

また、火災や事故の有無など内容次第では、より慎重な対応や売却価格に大きく影響する場合などの事情も売主しか知りません。

売主の希望や条件をきちんとヒアリングせずに自分の意見を押し付けてくる営業担当者は避けた方が良いです。

2.実務スキルがあり不動産の知識が一定以上あるか。

 

不動産会社の営業として働くだけなら、特に資格は必要ありません。長年の経験と努力で売主の信頼を勝ち取ることができます。

しかし、一般の方が営業担当者の信頼を見分けることは、非常に難しいと言えます。

そこで、不動産取引の専門家である【宅地建物取引士】の資格の有無を判断材料にすることをお勧めします。

宅地建物取引士しかできない業務が3つあります。

  • 売買契約前に重要事項説明を行う。
  • 重要事項説明書に記名押印する。
  • 売買契約書に記名押印する。

不動産取引のプロとして活動するなら、【宅地建物取引士】の資格は必須と言っても過言ではありません。

営業担当者が【宅地建物取引士】の資格があるかの見極め方は、、名刺に資格が記載されているかで判断します。

3.専門用語を多用せず売主にわかりやすく伝えられるか。

 

営業担当者がどんなに知識が豊富でも、売主が理解できなければ、何の意味もありません。

専門用語を使う際は、「この地域の土地は、第一種低層住居専用地域ですので高さ10メートルの建物しか建てることができませんので、日当たりも問題ないですよ。」といった根拠をもとにわかりやすく伝えることができるかで判断します。


アザラシ先生

業者選びで困った人は、以下のページも参考になるぞよ!


不動産売却は大手VS地元どっちがいいの?メリット・デメリットを徹底比較

不動産売却を行う際は、不動産仲介会社に依頼するケースがほとんどだと思います。不動産会社と一言で言っても、・・・

3,768view

大手と中小どっちを選ぶべき?
不動産売却に強い会社を選ぶなら、規模は関係なし

不動産売却で成功するために、「大手なら安心」と会社の規模で選ぶ方がいます。

しかし、それは大きな間違いです。
不動産売却で成功したいなら、大手業者や中小を含めた複数業者に査定依頼するのが鉄則です。

なぜなら、売主にしてみれば、媒介契約を依頼した不動産仲介会社が広告などの営業活動を積極的に実施し、購入希望者を広く集めた方が早期に売買契約が成立するため、いいに決まっています。

だからこそ、不動産仲介会社は、規模で判断するのではく、物件売却を依頼した不動産仲介会社の対応や営業担当者の資質をよく見極める必要があります。

囲い込みに注意!不動産売却における両手仲介と片手仲介とは

不動産会社の仕事は、売主と買主を繋げる仲介業務です。

不動産売却において売買が成立すると、不動産会社は仲介手数料を受け取ります。

この仲介手数料の受け取り方を、「両手仲介」「片手仲介」と分けています。それぞれの仕組みを見ていきましょう。

両手仲介
不動産売買取引に関わる業者は1社のみで、売主と買主が同じ不動産会社が仲介します。売買が成立すると不動産会社は、売主と買主双方から仲介手数料を受け取ります。
片手仲介
不動産売買取引に関わる業者は2社となり、売主と買主が別々の不動産会社が仲介します。売買が成立すると、売主は売主側の不動産会社へ、買主は買主側の不動産会社へそれぞれ仲介手数料支払います。

実は、この両手取引がしばしば問題に挙げられます。

不動産会社から見ると、両手仲介は売主、買主双方から仲介手数料を得られ儲かりますよね。
他の不動産会社が連れてくる内見希望者に案内させなかったり、他業者から照会があっても「商談中です」と言って断る場合もあります。

こうした行為を「囲い込み」と呼ばれ、問題視されています。

”不動産業界では、囲い込みが問題視されている”

なぜ「囲い込み」が問題になるのか。他業者に紹介させない場合、売却までに時間かかり、相場より安い成約価格になる恐れがあるからです。


ペンギン生徒

それじゃあ、不動産業界から両手仲介という仕組みをなくせばいいんじゃないの?

倫理的にも両手仲介を狙うために、売主の利益を損なう行為は許されませんが、両手仲介が問題だとは思いません。

【体験談】売却が早く制約することも!両手仲介ならではのメリット

”売却が早く制約することも!両手仲介ならではのメリット”

私はプライベートでも1度戸建て住宅を売却しています。

当時私は、一括査定サイトを使って5社に無料査定を依頼しました。

※私が利用した一括査定サイトは、後で解説します「すまいValue」です。

その中で三井不動産リアリティ(三井のリハウス)が最も高額査定を出してきたのですが、会社の対応や営業担当者の資質を見極めた結果、三井不動産リアリティ(三井のリハウス)と専任媒介契約を結び販売をお願いしました。

売り出し後、1度も価格改定を行うことなく、三井不動産リアリティ(三井のリハウス)が案内した、購入希望者と売買契約が成立しました。

以下は当時の売買契約書です。

買主は、三井不動産リアリティ(三井のリハウス)が案内した方と売買契約を結びましたので、「両手仲介」です。

しかし、私はとても満足しています。

なぜなら、一番高い査定額を出してきたにも関わらず、私の希望条件通りで売買が成立したからです。

しかも、三井不動産リアリティ(三井のリハウス)の売主担当と買主担当は、ほとんど交流もなく、私の憶測ですが社内顧客リストの中から、たまたま希望物件に合致した人を連れてきたのだと思います。

この場合、同じ会社であっても別会社みたいなものです。大手不動産会社だから、社内でも交流があまりない場合もあるのでしょう。

もちろん、不動産会社も商売ですから、片手よりも両手取引を望みます。しかし、それは企業として当然のことだと思います。

我々、売主の関心毎は、「希望条件通りに売却できたか」であって「不動産会社がいくら儲かった」など、どうでもいいことです。

問題にすべきは、売主の利益を害する「囲い込み」であって、「両手仲介」ではありません。


ペンギン生徒

両手仲介は良くない・・・と何かに雑誌で読んだのですが、問題なのは囲い込みなんですね。

アザラシ先生

囲い込みは売主にとって百害あって一利無しなので、ぜひ気を付けて欲しいものじゃな。

悪質な囲い込み業者には要注意

不動産仲介会社の中には、「買主が見つからない場合、自社で買い取ります。安心してください。」という、うたい文句の業者もいます。

しかし、そんな言葉は真に受けてはいけません。

買い取った物件は、リフォームし、再販されます。買取再販は、不動産会社にとって儲けの大きい取引で、安く買い取れれば利幅も大きくなるので、安く買い取ろうとします。

「囲い込みによって購入希望者が現れず、弱気になった売主を見透かして安く買い取る。」これでは、不動産会社の思うつぼですので、十分な注意が必要です。


ペンギン生徒

売主がかわいそう・・・


アザラシ先生

業者としては絶対にやってはいけない行為なんじゃが・・・くれぐれも注意して欲しい。

不動産一括査定サービスなら、不動産売却に強い仲介会社がすぐ見つかる

冒頭にも解説しました通り、不動産売却で成功する秘訣は、複数業者に査定を依頼することです。

大手中小を含めた複数社へ査定依頼することで、不動産会社の対応や営業担当者の資質を見極めることができます。

不動産一括査定サービスのお勧めは「HOME4U」「すまいValue」で決まり

不動産一括査定サービスは、36サイトあります。

中でも信頼できる不動産会社が登録されているサービスを10サイトだけ厳選しました。

その中でも

上記3サービスを特にオススメしています。

私自身はプライベートでは1回不動産売却を経験しております。以下は、三井不動産リアリティ(三井のリハウス)で実際に売却依頼した際の売買契約書です。

査定依頼するのはとても簡単です。

しかし、重要なのは査定後、不動産会社に売却相談をして実際に売買契約が成立したのかが非常に重要です。

三井不動産リアリティ(三井のリハウス)は、査定依頼した中で、最も高い査定額だったのですが、 売買契約に至るまでの売却プランが緻密でしたし、オープンハウスや各種媒体への露出にも積極的でした。

結果、希望通りの適正価格で売買契約が成立しました。

ありがとう!三井のリハウスさん!

以下の表は、「売買仲介件数が多い不動産会社」が「どこの不動産一括査定サービスに参加しているか」を調査しました。

少し見にくいのですが、流し読みしてください。


【上記をクリックすると拡大します。】

上記表からわかる通り「三井不動産リアリティ(三井のリハウス)」「住友不動産販売」「東急リバブル」の大手3社が突出してます。

しかも、日本の不動産売買仲介件数の30%を3社で占めています。

それだけ、不動産売買においては、大手が圧倒しています。

以上を踏まえた上で、不動産売却で成功したいなら大手には必ず査定依頼しなければならないと思います。

確実性を上げたいなら、2サービス程度の利用をお勧めします。

結論から言いますと「HOME4U」と「すまいValue」なら間違いありません。

HOME4U

私が「HOME4U」をお勧めしている理由は以下の通りです。

HOME4Uは提携している不動産会社が1,300社あり、悪質な業者は徹底排除しています。

不動産一括査定サービスの中では、「登録社数が最も多い」などと宣伝しているところもありますが、質が伴っていないケースが多々あります。

質が良くしかも、大手から地域密着まで登録されてますので、特定の不動産売却に強かったり、特定の地域に強かったりと、至れり尽くせりです。

特にはじめて不動産売却を経験する方は、なるべく多くの不動産会社に相談した方が、成功する可能性が高くなります。

また、2001年に日本で初めての不動産一括査定サービス開始、累計35万件

【簡単1分】HOME4Uで最大6社の無料査定 → https://www.home4u.jp/
HOME4Uの安全性、サービス、評判を徹底調査-デメリットや疑問もスッキリ解決

不動産一括査定サイトと認識されるHOME4U。しかし、HOME4Uは売却だけではなく、中古物件を買う、貸す、借りるなど不動産にまつわるすべてのことができる不動産ポータルサイトであることをご存知でしょう …

7,042view

すまいValue

人口が多い都市部の不動産売却なら、誰もが知っている大手が登録されている「すまいValue」も合わせて利用してください。

大手不動産仲介会社のみに特化。仲介実績を見ても間違いありません。

すまいValueの解説は特に必要ないと思いますが、大手は都市部での店舗ネットワークがありますし、人口が多い都市部での不動産売却ならぜひ利用したいです。

【簡単1分】すまいValueで大手6社の無料査定 → https://sumai-value.jp/

すまいValueは、地方には対応していない可能性が高いので、地方での不動産売却なら、HOME4Uお勧めです。

すまいValueの口コミ・評判から見えた、おすすめする人の特徴を紹介!デメリットも明かします

多数ある不動産一括査定サイトの中で、異彩を放つのが知名度の高い大手不動産会社6社の査定がうけられる「すまいValue」です。この記事では、すまいValueを多角的に解説します。すまいValueの利用を悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

6,935view

おうちクラベル

また、1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)と大阪で不動産売却を行うなら、おうちクラベルもお勧めします。

※ちなみに、おうちクラベルは、京都府、兵庫県、奈良県、愛知県、北海道札幌市や福岡県福岡市にも対応していますが、1社程度しか出てこない可能性も。複数社の見積もりを比較して検討することは難しいです。


おうちクラベルは、ソニーグループのSREホールディングスが運営する不動産総合サイトです。

海外では主流のエージェント制を採用する「ソニー不動産」が唯一参加する一括査定サイトだから、対応エリア内の物件をお持ちの方は要チェック。

元業界人の私から見たら信じられないのですが、ソニー不動産は売主側の仲介に特化。 他と違い、ソニー不動産は買主側の仲介を担当しないため、「価格を下げて売り急ぐ」必要がありません。適正価格でご自身の希望通りに売却したい方には特にお勧めです。

今なら不動産売却の秘訣DVDも無料でもらえます。

こんなソニー不動産擁するおうちクラベルには、他にも有名中堅業者が多数。ソニー不動産をはじめとする複数社に無料で見積もり依頼が可能です。

しかもおうちクラベル経由で契約をすれば、超巨大ネットワーク広告を使える嬉しいメリットが。だから、簡単にたくさんの購入検討者を集めることができます。

また、おうちクラベルでは、自分で物件を売って手取り額の最大化を目指す「セルフ売却」も好評です。

1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)と大阪の人は、ぜひおうちクラベルから、ソニー不動産や有名中堅業者に見積もり依頼しましょう。

【簡単1分】おうちクラベルでいくらかチェック →https://realestate.yahoo.co.jp/direct/assessment

本当に不動産売却ができるのか?何となく不安な方は、「イエウール」がお勧めです。

イエウール

イエウールの最大の売りは、登録さている不動産会社が1,700社あります。

大手中堅はもちろん、地方や地域密着まで様々な不動産会社が登録さてれていますので、あなたの不安を解決してくれる会社がみつかりやすいです。

まずは、気軽に相談してみたい方にはぴったりのサービスです。

イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

ここまで少し長くなりましたので、もう一度おさらいしておきます。

成功の秘訣
  • 【不動産売却で成功したい】2001年に日本で初めての不動産一括査定サービス開始、累計35万件。提携不動産会社数が1,300社。悪質業者は徹底排除の「HOME4U」
  • 【やっぱり安心の大手】大手不動産会社のみの不動産一括査定サービスの「すまいValue」
  • 【1都3県or大阪】片手仲介を行うソニーグループのSREホールディングスが運営する「おうちクラベル」
  • 【なんとなく不安なら】登録不動産会社数が1,700社の「イエウール」

さらに、不動産売却と一言で言っても、マンションや戸建てなどの住宅だけでなく、投資用物件や店舗などの商業物件なども該当します。

上記で紹介した不動産一括査定サービス以外なら、このサービスならお勧めできると思える10サイトの特徴を比較しました。


【上記をクリックすると拡大します。】

HOME4U、すまいValue、HOME’S、イエウール、マンションNAVI、イエイ、リガイド、リビンマッチ(旧スマイスター)、マイスミEX、リアリエ

以上が不動産一括査定サービスを比較した内容です。

不動産を高く早く売却したいなら一括査定がおすすめ

不動産を高く、そして早く売りたいなら、不動産会社に仲介を依頼する必要があります。
しかし不動産会社なら、どこに頼んでもいいわけではありません。

どこの不動産会社がよいかわからない女性

あなたの不動産の「売却が得意な不動産会社」に依頼することが成功のカギ!

あなたが売却しようとしている不動産を得意とする不動産会社に依頼することが重要です。

不動産売却が得意か苦手かでこんなに違いがでる

このようなレアな不動産会社は、不動産一括査定サイトを使えば効率的に探すことができるんです。

一括査定サイトを使って、あなたの不動産売却が得意な不動産会社を効率よく探そう

不動産一括査定サイトは、自分の不動産情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に完全無料で査定を依頼することができます。

オンライン査定申し込み

不動産一括査定サイトを使えば、自分が売ろうとしている不動産売却に強い会社を効率よく探すことができます。

納得のいく査定根拠を示してくれる不動産会社なら、不動産売却が得意な業者であると言ってもいいでしょう。

また具体的な売却時期が決まっていなくても大丈夫、査定だけでもOKです。査定結果を見て、売却するか?しないか?を検討しても問題ありません。

【超効率的】複数サイトを利用して高く早く売ろう!組み合わせ紹介

実は、不動産一括査定サイトは30サイト以上もあります・・・。
まともに稼働していないのを除いたとしても、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで不動産いろは編集部は、運営歴や利用者の評判などを加味し、本当におすすめできる5サイトを厳選しました。

※スマホの場合、下記の表は横スクロールできます。

サイト名 メリット デメリット 対応地域 サービス
開始年
★★★★★
HOME4U(ホームフォーユー)
公式
サイトへ
・日本初の不動産一括査定サイト
・大手NTTデータグループの運営だからセキュリティ万全
・売却ノウハウ本を無料ダウンロードできる
 ・ 同時依頼数は6社
・提携社数は多くない 全国 2001年9月
★★★★★
すまいValue
公式
サイトへ
・超大手の不動産会社だけに査定依頼できる ・中小の不動産会社との提携はない
 ・同時依頼数は6社
 ・仲介サポートやライフプランニングなどのサポートが充実
・中小の不動産会社とは提携していない ・大都市に偏っている 全国(大都市) 2016年10月
★★★★☆
おうちクラベル
公式
サイトへ
・東証プライム上場企業が運営する
・売主の味方としてのエージェント制
・AIと不動産会社の査定結果を比較できる
・大都市に偏っている
・AIの査定結果は参考程度に留めておく必要あり
全国(大都市) 2015年11月
★★★★☆
イエウール
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・不動産会社ごとの専用ページがあり、特徴やアクセス、スタッフ紹介の詳細を見ることができる
・農地査定ができる
・LINE感覚で入力するだけだから簡単
・運営歴が浅い 全国 2014年1月
★★★★☆
イエイ
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・売却相談をメールor対面で可能
・不動産会社に代わりに断る「お断り代行サービス」がある
・査定後フォローをしてもらえる
・農地査定ができる
・運営会社が非上場 全国 2007年

不動産一括査定サイトの"かしこい使い方"は、お住まいの地域に合わせて組み合わせて利用するのが一番です。

不動産一括査定サイトを1つだけ利用しても、地域によってベストな不動産会社が見つかるとは限りません。

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせて使うことで、ご自身の不動産売却にぴったりの不動産会社が必ず見つかります。

不動産のいろは編集部は、以下の組み合わせがベストな選択だと考えています。ぜひ複数の不動産一括査定サイトを利用してみてくださいね。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
すまいValue
公式 サイトへ
+
おうちクラベル
公式 サイトへ
イエウール
公式 サイトへ
+
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
イエイ
公式 サイトへ
ポイント ポイント
大都市の売却に強い「すまいValue」「おうちクラベル」で有名大手を網羅。「HOME4U」を加えることで、中堅や地元の実力企業も候補に入れられる! 地域によっては、提携不動産会社が少ない場合もある。地方に住んでいる方は、提提会社数の多い3サイトを組み合わせるのがベスト!
★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみ
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は77万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★☆

【1都3県or大阪】売手に特化したソニーグループのSREホールディングスが運営する「おうちクラベル」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちクラベル経由の売却なら、巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちクラベルならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

    ※1都3県or大阪なら「おうちクラベル」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
★★★★☆

提携不動産会社数1,700社以上!

利用者数は1,000万人を突破!

  • 最大6社と一括比較ができる
  • 都会から田舎の物件まで査定可能
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 利用は完全無料

    ※「まずは情報収集から」「見積もりが欲しい」とお考えの方にお勧めです。
★★★★☆

運営10年以上!安心の実績

主要大手から地域密着型まで網羅

  • 提携不動産会社数1,700社以上
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 専門知識を持つ相談員が常駐
    難しい税金や相続のことも相談OK!
  • お断り代行や査定後フォローあり

    ※不動産売却が初めての方、サポートを受けながら進めたい方に最適です。
 
ページのトップへ