> > 不動産売却したことが税務署に「ばれる」ケースとは?確定申告しないとヤバイですよ!

不動産売却したことが税務署に「ばれる」ケースとは?確定申告しないとヤバイですよ!

不動産売却したことが税務署に「ばれる」ケースとは?確定申告しないとヤバイですよ!のイメージ

このページをご覧の方で、不動産を売却された際に、税務署に「ばれる」のではないか?と心配されている方も多いと思います。

  • なぜ、不動産を売却したことを税務署が知っているの?
  • 税務署にばれたらどうなるの?
  • 確定申告しないとペナルティとかあるの?

まず、結論から言いますと、不動産を売却したら税務署には、必ずばれます。

後でも詳しく解説しますが、不動産会社に仲介依頼を行い売買を行うことを個人間売買と呼びますが、買主へ所有権を移転する際の登記変更の段階で、ばれてます。

また、登記変更しない特殊は例(一般の個人間売買ではあり得ない)でも、お金の流れ自体を税務署が把握しています。

それでも、「ばれない自信がある!?」方のために、このページでは「なぜ、税務署にばれるのか?」を解説します。

さらに、「ばれた」時のペナルティについても詳しく解説しますので、ぜひ最後までこのページをご覧ください。

なぜ不動産売却したことが税務署に「ばれる」のか?

なぜ、不動産売却したことが税務署に「ばれる」のか? 上記テイストを変えてください。

まず税務署は、ありとあらゆる手段を使って土地、マンション、戸建て等の不動産を売却した情報(売却先、譲渡価格、時期)を把握しています。

また、不動産を売却して確定申告が必要な方は、申告漏れを防ぐため、確定申告の案内と申告用紙が郵送で送られてきます。

まず、この段階で税務署から確定申告の案内が届いた方は、「税務署が不動産売却の事実を把握しているため、逃げることはできません。」素直に確定申告しましょう。

初めて確定申告をされる方のために、以下のページで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

【初心者用】不動産売却後の確定申告が必要な場合と提出書類について

不動産を売却した場合は、確定申告が必要となるケースがあります。会社勤めされている方などは、ふだん確定申告など無縁の方も多いと思います。また、確定申告と聞くと何やら難しそう・・・などの不安をお持ちの方も …

6,942view
不動産売却後の確定申告における必要書類完全ガイド

給与所得のみの会社員で年末調整を会社任せにしている方で、マンションや土地、戸建てを売却した際に「確定申告」が必要になるケースがあります。税務署からの連絡で後から気づく事がないよう、「これからマイホーム …

3,875view

では、「ばれない」と思っていても絶対に「ばれる」のか?実際に税務署がどのようにして不動産売却の事実を把握しているのか?を詳しく解説します。

「ばれない」と思っていても絶対に「ばれる」理由

「ばれない」と思っていても絶対に「ばれる」理由

では、税務署がどうやって把握しているか?について順番に解説します。

不動産の登記簿(法務局)

不動産の登記簿(法務局)

税務署は、不動産の登記簿からも不動産を売却(譲渡)した事実を把握しています。登記簿には、譲渡先、売却価格、ローンの額まで不動産取引全般を把握することができます。

「登記しなければ売却の事実は証明されないのでは?」という考えは通用しません。

なぜなら、不動産登記の目的は、不動産取引の事実を証明するものではなく、第三者へ自身の権利を主張するために登記簿があります。

不動産売却の事実を証明する目的ではありません。従って、登記簿に記載されていないからと言って、「売却していない!」という主張は通用しません。

不動産会社(売買を仲介した業者)

売買の事実を税務署に報告している

不動産会社は売買取引の事実を税務署に報告する義務があります。当然、税務署側は仲介業者を通じて把握することができます。

金融機関

抵当権設定の事実を税務署が把握

不動産取引における送金の記録やローン返済さらに、金融機関による抵当権設定の事実から、税務署側が把握することになります。

売却先(譲渡先)

確定申告書類やお尋ねなどの書類を提出

売却先の買主が住宅ローン控除の適用を受けるため、確定申告した場合や金融機関からの送金、さらに不動産業者からの報告によって税務署側が把握します。

さらに、買主側の資金調達の流れを把握するため、税務署が「お尋ね」を送ることによって把握することもできます。

このように税務署に「ばれない」で取引することの方が難しいくらいです。

くれぐれも変な気を起こすことがないようにしましょう。

税務署からの「お尋ね」とはこんな内容

不動産売却を行い税務署に申告せずに放置していると、売却から数年後、税務署から「お尋ね」が届きます。

以下は、私の自宅宛てに届いた実際の「お尋ね」です。

こちらは、不動産売却に関する「お尋ね」ではなく、ある投資信託を売却した際に確定申告をせず放置していた際に届いた「お尋ね」です。

私の場合は、速やかに税務署へ修正申告を行い、当日中に所得税を納税しました。

ちなみに、税務署からの「お尋ね」を無視(放置)していますと、税務調査が入ります。
その際、税務署長が税務調査に基づいて税額を「決定」することがあります。

不動産売却で確定申告しないとペナルティが課されます

自分で売却益を計算して申告納税する必要がある

ここでご注意いただきたいのが、不動産売却は、自分で売却益(譲渡所得)を計算して申告納税する必要があります。

会社員の給与所得のように会社側が所得税と住民税を天引きしてくれません。

しかし、前述の通り、税務署は申告納税制度をきちんと機能させるための調査が行われ、脱税などを厳しくチェックしています。

税法には「脱税」という用語は出てきませんが、不正行為で税金を逃れようとすると、所得税法違反で処罰されることになります。

個人の不動産売却におけるペナルティは、「所得税法違反」に該当します。

罰則規定は意外に厳しい

罰則規定は意外に厳しい

「所得税法違反」の罰則は意外と厳しく、10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金です。

例えば、所得隠しの場合、ペナルティーの意味で35%または40%と高率の「重加算税」が課税されます。

さらに、損害遅延金にあたる「延滞税」が原則として年7.3%または14.6%、その上に本来の税金を納める必要があります。

また、このページをご覧の方が心配されている申告漏れよる修正申告をしたり、税務署から正しい納税額を通知される「更生」の処分を受けた場合も、原則10%の「過少申告加算税」がかかります。

もし、期限内に申告しないで、納税額を通知される「決定」の処分を受ければ、原則15%または20%の「無申告加算税」が課されます。

従って、「ばれる」リスクを加味しても、確定申告した方が良いと言えます。

不動産売却で確定申告をしなくても良いケース

買った値段より売った値段の方が低ければ申告不要

ちなみに、不動産を売却した方が全員確定申告しなければいけないか?と言うと必ずしもそうではありません。

確定申告が必要か否かの判断は、以下の計算式に自分が売却する不動産価格を当てはめてみてください。

譲渡所得=譲渡価額-取得費-譲渡費用

譲渡価額は、売却価格となります。取得費は、売却物件を取得した際の費用(土地+建物※建物は減価償却が必要、仲介手数料、登記費用)です。譲渡費用は、売却の際に支出した費用(仲介手数料等)となります。

譲渡所得がプラスつまり、売却益が発生していれば、確定申告が必要です。

要するに「売った値段」が「買った値段」を上回っている方は、ご注意ください。

「確定申告しなくてもばれない!」という考えは通用しませんよ。

まずは、確定申告をはじめてされる方は、以下のページをご覧ください。

【初心者用】不動産売却後の確定申告が必要な場合と提出書類について

不動産を売却した場合は、確定申告が必要となるケースがあります。会社勤めされている方などは、ふだん確定申告など無縁の方も多いと思います。また、確定申告と聞くと何やら難しそう・・・などの不安をお持ちの方も …

6,942view

なお、予想以上に譲渡所得が発生する方は、取得費を多めに計上する方法もあります。その際は、以下のページが参考になります。

不動産売却で取得費となるもの、ならないもの一覧

個人の方が土地やマンション等の不動産を売却すると売却益(譲渡所得)に対して所得税と住民税が発生します。税金が発生するのは、売却価格(譲渡価額)ではなく、売却益(譲渡所得)です。つまり、儲けの部分に課税 …

2,684view

譲渡所得がプラスでも3,000万円までなら税金を心配する必要はなし

譲渡所得がプラスでも3,000万円までなら税金を心配する必要はなし

まず、売却不動産がマイホームの方は、朗報です。売却益が3,000万円までなら特例の適用を受けることで税金は発生しません。

先にご紹介した譲渡所得(売却益)の計算式に、特別控除に当たる3,000万円分を当てはめてみて、プラスにならなければ、税金が課税されることはありません。

課税譲渡所得=譲渡価額-取得費-譲渡費用-特別控除

ただし、特別控除の適用を受けるためには、確定申告が必ず必要ですし、適用されるためには、各種条件があります。詳しくは、以下のページで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

超簡単!3,000万円特別控除。不動産を売却しても税金が発生しません。

不動産を売却した際に利益(譲渡所得)が発生すると税金(所得税と住民税)を支払う必要があります。しかし、個人が不動産を売却しやすくするため、国は様々な税制面で支援をしてくれます。その一つが、3,000万 …

14,738view

不動産売却において赤字が発生した場合

申告不要だが、税制優遇を受けられる可能性あり

では、次に確定申告しなくても良いケースについて解説します。

不動産を売却して赤字(売却損)だった場合は、確定申告は不要です。

不動産売却においては、赤字は原則切り捨てです。しかし、特別控除と同様、マイホームの売却に限っては、給与所得などの他所得との損益通算が認められる場合があります。

赤字の場合は、確定申告しなくても、税務署から目を付けられる心配はないのですが、税制優遇を受けるチャンスです。活用しない手はありません。

詳しくは、以下のページで詳細に解説しています。マイホームを売却して赤字になりそうな方は、必ずチェックしてみてください。

不動産の売却損も計上!確定申告で有利な特例を使い倒そう

「不動産売却で損失が出てしまい、税金まで払うのは厳しい・・・」「不動産売却損を有効活用する方法を教えてほしい。」バブル期以降、個人が居住用財産を売却した場合、売却益ではなく売却損になるケースがほとんど …

6,431view
不動産売却で損失が出ても確定申告した方が良い理由

「マンションや住宅を売却で損失が出ました。確定申告した方が良い理由を教えて欲しい!」ます。このページをご覧いただいた方は、こんな疑問があると思います。実は、不動産売却で損失が出ても確定申告することで税 …

4,987view

赤字だと思っていたら実は利益が出ていた場合は要注意

赤字だと思っていたら実は利益が出ていた場合

ここで、赤字だと思っていたが実は、「譲渡所得(売却益)が発生していた」というケースが非常に多いため注意が必要です。

それは、減価償却費を考慮に入れていなかったケースです。実例を上げます。

Cさんが2008年4月に3,000万円で新築した木造一戸建ての自宅を、2019年8月に2,800万円で売却した場合の譲渡所得(売却益)はいくらになりますか?この時の譲渡費用は、100万円とします。

では、先に解説しました譲渡所得の計算式に当てはめます。
すると、300万円の赤字(売却損)が出ています。

■譲渡所得=譲渡価額-取得費-譲渡費用
▲300万円=2,800万円-3,000万円-100万円

結果、確定申告しなくてもいいか?というと、そんなことはありません。

建物部分の減価償却費を考慮に入れていないため、減価償却費相当額を建物から差し引く必要があります。

■減価償却費相当額
減価償却費相当額=取得価額×0.9×償却率×経過年数

■建物取得費
建物の取得費=購入代金-減価償却費相当額

主な建物の耐用年数表

業務用 非業務表
構造 耐用年数 償却率 1.5倍した耐用年数 償却率
木造 22年 0.046 33年 0.031

では、減価償却費相当額を考慮して再度計算してみます。

■減価償却費相当額
7,533,000円=30,000,000円×0.9×0.031×9年

■建物取得費
22,467,000円=30,000,000円-7,533,000円

では、実際の譲渡所得を計算します。

■譲渡所得=譲渡価額-取得費-譲渡費用
4,533,000円=28,000,000万円-22,467,000円-1,000,000円

上記、計算例からもおわかりの通り、建物は減価償却費相当額を差し引いた後の金額が取得費となるため、例え購入時よりも安く売却しても譲渡所得(売却益)が発生することになります。

何度も申し上げますが、譲渡所得が発生すると確定申告が必要となります。くれぐれもご注意ください。

はじめて確定申告される方は、こちらのページがとても分かりやすく解説しています。

【初心者用】不動産売却後の確定申告が必要な場合と提出書類について

不動産を売却した場合は、確定申告が必要となるケースがあります。会社勤めされている方などは、ふだん確定申告など無縁の方も多いと思います。また、確定申告と聞くと何やら難しそう・・・などの不安をお持ちの方 …

6,942view

不動産を売却するなら不動産一括査定サービス

不動産を高く売却するなら「不動産一括査定サービス」がお勧めです。

不動産一括査定サービスって何??

あなたの売却予定不動産の物件情報と個人情報を入力することで、入力情報を元に不動産会社が自動で抽出され、複数の不動産会社に一括で査定が行うことができるサービスです。

  • 大手から地域密着まで売却査定数が累計35万件の「HOME4U」
  • 誰もが知っている超大手6社に依頼できる「すまいValue」
  • 【1都3県or大阪】売り手専門のソニー不動産がヤフーと組んだ「おうちダイレクト」
1位

HOME4U

★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • m
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみの
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

  • ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
 
ページのトップへ