> > > ローコスト住宅の定義とメリットとは?デメリットと注意点も知っておこう!

ローコスト住宅の定義とメリットとは?デメリットと注意点も知っておこう!

ローコスト住宅の定義とメリットとは?デメリットと注意点も知っておこう!のイメージ

家を建てようと思っている人なら「ローコスト住宅」という言葉を目にしたことがあると思います。

ローコスト住宅とは具体的にどのような家のことなのでしょうか?
そもそもローコスト住宅の定義とは何なのでしょうか?

この記事では

  • ローコスト住宅の定義ってなに?
  • ローコスト住宅のメリットは?
  • ローコスト住宅のデメリットと注意すべき点は?

このような疑問がクリアになるようにわかりやすく解説しています。

ローコスト住宅の中でも、坪単価の違いによってどのような違いのある家が建てられるのか、
イメージがしやすいように解説しています。

ローコスト住宅が気になっている人の参考にしていただければと思います。

1.ローコスト住宅の定義とは?どれくらいの価格なの?

最近よく耳にするローコスト住宅。具体的にどういう家なの?

そもそも「ローコスト住宅」の定義って何なのでしょうか?

ローコスト住宅の定義とは

実はローコスト定義の規定はない

実はローコスト住宅の定義は、特にハッキリと決まっているわけではありません。

「ローコスト住宅は〇〇〇万円以下の住宅である」というような規定はありませんので、どのような家でもその会社が「ローコスト住宅」だと公表すればその家は「ローコスト住宅」ということになるのです。

しかし一般的なローコスト住宅の坪単価の目安はあります。

ローコスト住宅の坪単価は?

坪単価約25~50万円程度の安い家を「ローコスト住宅」と呼ぶことが多い。

ローコスト住宅の坪単価は一般的に約25〜50万円くらいです。

大手ハウスメーカーの坪単価が約55〜90万円ほどですので、比較するとその安さがよくわかります。

たとえば坪単価が30万円の会社と60万円の会社があり、面積が35坪の家を建てる場合

  • 坪単価30万円の会社…30万円×35坪=1,050万円
  • 坪単価60万円の会社…60万円×35坪=2,100万円

となり、その差は1,050万円にもなります。

また、ローコスト住宅は一般的に「1,000万円台で建つ家」とも言われています。
(ただしローコスト住宅でも広い家の場合は2,000万円以上かかることがあります。)

坪単価表示の注意点

延床面積で坪単価計算している業者を選ぼう

価格の比較によく使われる「坪単価」ですが、この坪単価には少し注意が必要です。
実はこの坪単価という数値にも、ハッキリとした定義はないからです。

坪単価の計算式はこうです。

「家の価格」÷「面積(坪)」=「坪単価」

どの点に注意が必要かというと、「家の価格」や「面積」に入る数字の内容が会社によってバラバラだという点です。

「家の価格」に小さな数字を、「面積」に大きな数字を入れるほど「坪単価」が安くなります。

良心的な会社は、「家の価格」に必要不可欠な工事費などを全て含め、「面積」は延べ床面積で坪単価を算出します。

しかしそうでない会社は、「家の価格」に付帯工事費などの必要な費用を含めなかったり、「面積」を施工面積で計算したりと、坪単価を安く見せようとします。

(延べ床面積とは、バルコニーやポーチなどの面積を含めない床面積のことです。一方、施工面積とは、バルコニーなども全て含めた面積のことです。)

坪単価は、その会社のおおよその価格帯を知るための目安にはなりますが、どのような数字で計算しているかには注意してください。

家は高額なので、坪単価が1万円上がるだけでも、35万円(35坪の場合)も上がります。

また、広告の坪単価のままで実際の家が建てられることはごく稀です。

ほとんどの人はオプションを付けることになると思いますので、実際の坪単価がいくらになるのか、きちんと見積もりを出してもらってから比較するようにしてください。

坪単価別グレードのちがい

ローコスト住宅といっても価格によって内容が異なる

さきほどローコスト住宅の坪単価は約25〜50万円ほどだとお伝えしました。

坪単価25万円と50万円では同じローコスト住宅のくくりではあっても、価格が全然違いますよね。

当然価格の違いによって、さまざまな違いがある家になります。

ひとくくりにされがちなローコスト住宅ですが、ここでは坪単価の違いによる家の違いについて解説します。

ただし会社によって標準装備の内容が変わりますので、あくまでご参考程度にしていただけたらと思います。

坪単価20万円台

比較的満足いく家に。コストカット優先だけど一部こだわりたい人向け。

坪単価が20万円台の家はかなりのローコストです。

標準装備は本当に必要最低限のもののみとなります。

床暖房、太陽光発電などの装備を付けることは難しいでしょう。

キッチン、トイレ、バスなどの設備のグレードが低くカラーチョイスの選択肢が少ないなど、自由度はあまりないでしょう。

この価格帯の家は、傷みが早くメンテナンスコストが高額になりますので、長く安心して住みたい人にはおすすめはできません。

坪単価30万円台

比較的満足いく家に。コストカット優先だけど一部こだわりたい人向け。

坪単価30万円台の家も、ローコスト住宅の中では安い方になりますが、30万円台後半になると比較的満足できる家を建てられます。

規格住宅だとキッチンやバスなどのカラーや素材の選択肢が増えます。ただし、お風呂のシャワーヘッドが少し安っぽいなど、デザイン性は高くないものが多いです。

自由設計だと基本価格が割高になるので、キッチンなどのグレードは低くなることが多いでしょう。

こだわりたい部分がある人には30万円台は難しいかもしれませんが、そうではない場合は規格プランの中に気にいるものがあれば、充分装備の整った家が建てられます。

ただし+αな機能の装備をつけることは難しいことが多いでしょう。(床暖房など)

坪単価40万円台

坪単価40万円はローコスト住宅の一般的価格。価格を抑えつつ、装備は削りたくない人向け。

坪単価40万円台が実際にローコスト住宅を建てるときの平均的な価格帯と言えるでしょう。

坪単価40万円で延べ床面積35坪の家なら1,400万円なのでかなりローコストですが、坪単価49万円だと同じ面積の家で1,715万円かかります。
やはりいくらローコスト住宅といえども、1,000万円台後半はかかると思っておいた方が無難と言えますね。

坪単価40万円台の家なら標準装備がかなり充実してきます。

オール電化、床暖房、浴室暖房乾燥機、食洗機つきキッチン、無垢フローリング、二階トイレなどを一部付けることも可能です。

40万円台後半になると、デザイン性の高い設備(キッチンやトイレなど)も選ぶことができます。

さまざまなオプションを付けると40万円台後半になってきます。

坪単価50万円台

一般住宅と変わらないレベル。オプションを付けて満足できる家づくりをしたい人向け。

坪単価50万円台ともなると一般的な住宅と価格がほぼ変わらないゾーンになります。

坪単価55万円で延べ床面積35坪の家を建てると1,925万円になりますので、坪単価55万円程度がギリギリローコスト住宅と呼べるラインになってくるかと思われます。

この価格帯のローコスト住宅は、基本の標準装備がもともと充実しているところに、
さらにこだわりのオプションをたくさん付けることが可能になってきます。

標準仕様の坪単価が30万円台のハウスメーカーだと、35坪の家の場合700万円ほどのオプションを付けられる計算になります。

これだけの予算があれば、ほとんどのこだわりは実現できるのではないでしょうか。
たとえば壁紙ではなく漆喰塗りの壁、外壁材をメンテナンスコストが安い高グレードなものなどに変更できます。

建物の予算が2,000万円ほどある場合は、この価格帯のローコスト住宅で大手ハウスメーカーでは実現できないこだわりを全部叶える、という方法もあります。

ローコスト住宅のおすすめメーカー13選!人気業者を徹底解剖【令和版】

ローコスト住宅の安さの秘密、ローコスト住宅メーカー13社をご紹介。実際、どのメーカーでどんな家を建てられるの?メーカーにもこだわりたい方に経験者の口コミ評判を …

4,652view

2.ローコスト住宅はなぜ安いの?安さには理由がある!

ローコスト住宅はなぜ安いの?

ローコスト住宅の定義とともに必ず気になるのが、「なぜそんなに安いのか」という点ではないでしょうか?

どのようにしてローコストを実現しているのか、その理由の代表的なものを解説します。

間取りやプランが規格化されている

間取りや選べる装備は決まっている

ローコスト住宅は間取りやプランがあらかじめ決まっている「規格住宅」であることが多いです。

キッチンやバスなどの設備、ドアやフローリング材、外壁材や屋根材なども「標準仕様」としてほぼすべてが決まっています。

規格住宅をメイン商品にすることによって、さまざまな経費をコストダウンすることが可能になります。

材料を大量に仕入れている

一括仕入れをするからコストダウンできる

契約後に一から間取りを設計する自由設計とは違い、規格住宅は契約をとる前からどんな材料を使うかがわかっています。

年間の想定着工棟数に合わせて材料を大量に一括仕入れすることで、仕入れ値が割安になるので材料費のコストダウンができます。

キッチンなどの設備も一度にたくさん注文することで、グレードの高いものを安く仕入れることが可能になります。

契約~引渡しまでが早い

引渡しまでのスケジュールをギュッと短縮してコストカット

ローコスト住宅は「薄利多売」をしなければ利益に繋がらないため、一棟にかける時間を短くしています。そのため、契約〜引渡しまでの期間が短いのが特徴です。

規格住宅だから決めることが少なく打ち合わせ回数も一般注文住宅の半分以下で済ませ、
住宅プランを規格化しているため設計時間も大幅にカットされています。

また、木材はプレカットするなどの工夫で現場での手間を減らし、工期も短くしています。

中間マージンを削減している

測量から施工までをすべて一社で、もしくはグループ会社内でするなどして中間マージンをカット

「中間マージン」とは、ハウスメーカーが下請けや孫請けに外注する際や、業者から材料を仕入れする際に発生するお金のことで、住宅が高額になってしまう原因のひとつになっています。

大手ハウスメーカーでも、施工は地元の工務店が担当することも多く、ハウスメーカーが工務店に支払うお金は、お客様が支払うことになります。

ローコスト住宅では、経費をおさえるために中間マージンが発生しない仕組みを作っています。

たとえば、測量から施工までを社内で一括管理したり、フランチャイズ経営により地元の工務店を活かしつつ経費はかからないようにしたりしています。

人件費を削減している

さまざまな工夫で質を極力落とさず、人数を減らして人件費をカットしている

ローコスト住宅を実現するために必要不可欠なのは「人件費の削減」です。
家を建てるコストの中で人件費が占める割合が少なくないからです。

人件費を削減する方法は2つあります。

  1. 一人あたりの給与を減らす方法
  2. 人数を減らす方法

1 一人あたりの給与を減らす方法は、仕事の質を下げる要因になります。

だれでも給料が下がれば同じように仕事を頑張るモチベーションが下がってしまいますよね。

家は住む人の命を守るためのものです。 家づくりに関わる人の仕事の質が落ちることは絶対にあってはいけませんので、この方法は住宅に関しては採用するべきではありません。

2 人数を減らす方法は、ローコスト住宅を実現するためにとても有効です。

ほとんどのローコスト住宅会社はこの方法を採用しています。

「人数を減らす」というのは単純に「昨日まで3人でしていた業務を今日から2人で行う」ということではありません。

手間がかからないような工夫をしておくことで、少ない人数でこなせるようにしているのです。

手間がかからない工夫とは、

  • 規格住宅にすることにより、設計士の手間が少なくなる
  • 規格住宅にすることにより、材料の発注作業がスムーズになる
  • 木材のプレカットやその他の材料の規格化により、職人の手間が省ける

などです。

広告宣伝費を削減している

広告宣伝費を削減している

ローコスト住宅会社は広告宣伝費を極力抑えて宣伝活動をしています。

特にテレビCMや住宅公園へのモデルハウスの展示は高額な費用がかかります。

そこで、テレビCMは地方限定にしたり、モデルハウスは自社の土地に建てたりして工夫しています。

規模の小さな会社は、モデルハウスを所有せずに実際のお客様の新築をオープンハウスとして一定期間公開していることもあります。

標準グレードを低くしている

簡素な造りで、壁紙などの選択肢も限定している

ローコスト住宅は規格住宅がメイン商品です。

規格住宅には標準仕様というものがありますが、そのグレードを低く設定することでローコストにしている場合があります。

最近のローコスト住宅はキッチンのグレードはある程度高いものが標準になっていることも多いですが、壁クロスやトイレの仕様が低くなっていたり、選択肢がとても少なかったりすることもあります。

ローコスト住宅はどういう仕組み?安い理由を徹底解説!

低予算で家を建てたい人に最適なローコスト住宅。でも安い家ってほんとに品質大丈夫なの?と心配な方へ。安さの秘密、詳しく解説しています。気になるお金の …

6,556view

3.ローコスト住宅のメリットは?

ローコスト住宅には家族に嬉しいメリットがたくさん

ローコスト住宅のメリットはもちろん安いことですが、そのほかにもメリットがあります。

価格が安いから資金計画に余裕がでる

住居費を抑えられるから、レジャーや教育、趣味にお金を使うこともできる

ローコスト住宅のメリットは、なんと言ってもその「価格の安さ」です。
規格住宅そのままで建てる場合は坪数が小さければ1,000万円を切る家もあります。

家の価格を抑えることができれば、家づくりにかける総額を減らせるので、住宅ローンの返済額も減らすことができます。月々の家計に余裕が出るのが一番のメリットです。

また、家にかかるお金を減らすことができれば、浮いた分をレジャーや教育に使うこともできます。

自由設計をしても安い

憧れの自由設計もローコスト住宅なら叶う

規格住宅のまま建てるのが一番安く建てられますが、ローコスト住宅は自由設計も可能です。

価格は高くなりますが、オプションをたくさん追加した家にしても、大手ハウスメーカーで全く同じ家を建てるよりはとても安くなります。

リフォームや建て替えがしやすい

ローコスト住宅にして資金を残しておけば、将来早めのリフォームや建て替えも考えられる

住宅ローンの借入額が少なく済めば、その分早く完済できます。

将来的にリフォームや建て替えを考えている人にはローコスト住宅はおすすめです。

ただしリフォームの場合、家の骨組みである躯体(くたい)をそのまま使い続けるので、その部分のコストは削らずに強い家を建てる必要があります。

建て替えの場合も、いつどのような災害が起こるかはわかりませんので、躯体にはコストをかけておきましょう。

シンプルな外観

ローコスト住宅ならではのシンプルな外観はスタイリッシュでオシャレ

ローコスト住宅は、箱型で総二階のシンプルな形の外観が多いです。

家は複雑な形にするほどコストが上がってしまうからです。

「安っぽく見えそう」と思ってしまいますが、最近のローコスト住宅はスタイリッシュな箱型の外観の家が増えています。

シンプルが好きな人にはメリットになります。

スッキリとした間取り

実は流行りのオープンLDKもローコスト住宅ならでは

ローコスト住宅はコストダウンのために、無駄のないスッキリとした間取りになっています。

また、壁を作るほどコストが上がるのでワンフロアの部屋数を減らしてオープンな間取りになっています。

規格住宅の間取りは、住む人が使いやすいように時間をかけて研究して設計されています。

自由設計のように完璧に自分に合った間取りにすることは難しいですが、オープンな間取りが好きで、規格プランの中に気にいるものがあれば、ローコスト住宅はおすすめです。

4.ローコスト住宅のデメリットと注意点!

ローコスト住宅には安いゆえのデメリットも。きちんと把握しておこう。

ローコスト住宅は、コストダウンのためにさまざまな工夫をしていますが、やはり経費を削るとどこかに支障が出てしまうケースもあります。

メリットよりもデメリットの方が多いのが、ローコスト住宅の課題といえます。

ここでは、ローコスト住宅のデメリットと注意点についてまとめていますので、信頼できる会社を見つけるための参考にしていただければと思います。

デメリット① 間取りやプランの自由度が低い

デメリット① 間取りやプランの自由度が低い

ローコスト住宅ならではの低価格を最大限に活かしたい場合は、規格住宅を選ぶことになります。

家にこだわりがない人や、規格プランの中に気に入るものがある場合は良いのですが、そうではない場合は、非常に自由度が低いのがデメリットとなります。

注意点:希望がすべて実現できないこともあることを理解しておく

プラン変更のためにはコストが上がりますので、低価格を重視する場合は「希望通りの家にはならないかもしれない」ということをあらかじめ納得しておく必要があります。

それでもどうしても実現させたいこだわりがある場合は、
こだわりたい部分に優先順位をつけておくことをおすすめします。

コストをかける部分と削る部分が明確にわかっていれば、打ち合わせがスムーズに進みますしコストが上がり過ぎることも防げます。

デメリット② 表示価格と実際の価格が違うことがある

広告の価格と実際の価格は異なる場合がほとんど

ローコスト住宅会社の広告でよく「800万円!」など、破格の住宅情報を見かけます。

でもその価格に惹かれて契約しても、最終的に支払う金額はそれより高額になることがあります。

あまりに低価格の表示の場合は、実は付帯工事費などの絶対に必要な経費を含めずに計算されている可能性があるからです。

注意点:付帯工事費などが含まれているか確認する

1,000万円を切るような低価格表示がされている場合は、必ず何が含まれていないのかを確認しましょう。付帯工事費などの必ずかかる費用を含めていない会社は、良心的とは言えません。慎重に検討してください。

デメリット③ 標準仕様が低い

デメリット③ 標準仕様が低い

ローコスト住宅の規格住宅は、コストを下げるために標準仕様のグレードを低く設定されていることがあります。

注意点:十分な機能があるか確認する

グレードが低くても生活する上で不便なく使えるものはたくさんありますが、
あまりに機能が少なくて住み始めてから不便を感じるものである可能性もあります。

これから先毎日使うものですので、機能が十分に備わっているかを確認しておきましょう

住んでから気が付くということがないように、1日の生活の流れを頭の中でシミュレーションして想像してみると、気付くことがあるかもしれません。

デメリット④ 打合せ回数が少ない

打ち合わせは必要事項だけをササっと済ませて終わりという業者も

ローコスト住宅は一棟にかける時間を短縮しているため、打ち合わせ回数が少ないことがあります。

これがメリットと感じる人もいると思いますが、デメリットと感じる人もいるはずです。

注意点:じっくり検討したい人には向かない
家の間取りや設備機器などをじっくり考えたい人には、打ち合わせ回数が少ない会社は向きません。自分がどのような家づくりをしたいのかを決めておくことが大切です。

じっくりと時間をかけて打ち合わせを重ねたい人は、会社選びのときに打ち合わせ期間について確認しておきましょう。

デメリット⑤ 工期が短い

工期が極端に短い業者は避けた方が無難

ローコスト住宅は比較的工期が短いことが多いです。
一般的な木造住宅の工期は約4〜6ヶ月ですが、ローコスト住宅の工期は約3〜4ヶ月です。

しかし中には2ヶ月ほどの非常に短い工期で家を建てる会社があります。
短すぎる工期の会社には注意が必要です。

注意点:手抜き工事につながる可能性がある

工期が短すぎると、手抜き工事を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

工期が短いということは、職人の単価が安いことが考えられます。
単価が安い現場でも数をこなすことで必要な収入を得ている場合、職人は短い期限に迫られながら仕事をすることになります。

そんな現場では、焦りやモチベーションの低さから手抜きをしてしまうことが容易に想像できてしまいます。

また、現場監督一人が担当する件数が多いことが考えられますので、現場管理不行き届きになりやすく、手抜き工事や施工ミスが起きやすい状況をつくってしまいます。

工期が短すぎる会社は、やめておくのが懸命だといえます。

デメリット⑥ 担当者が若い

デメリット⑥ 担当者が若い

住宅関連の会社は全般的に若い社員が多い業界ではありますが、
特にローコスト住宅会社は若くて経験が浅い人が担当者になることが多いです。

若くても優秀な人はたくさんいますが、高額な「家」を買うわけなので、お客様としては不安に感じてしまうことがあるかもしれません。

注意点:ベテラン社員がいるか要チェック

担当者の良し悪しはとても大切です。
家を建ててからも担当者との付き合いは続いていきます。

若いかどうかよりも、人柄や経験が大事ではありますが、営業担当者、店長、現場監督、職人…すべての人が若い人ばかりの会社は注意が必要です。

やはりベテランの人が一人はいないと不測の事態が起きたときの対応には経験値が必要なこともあるはずですので、安心できる体制があるかどうかも確認しておきましょう。

デメリット⑦ 不具合が出やすい

ローコスト住宅は不具合が出やすい

ローコスト住宅は、大手ハウスメーカーなどと比べると入居後の家の不具合が出やすい傾向があります

不具合の内容がドアやクロスなどに関することなら補修が可能ですが、基礎などの躯体に関することだと大変です。

それにたとえ補修が可能であっても、不具合は一つもないに越したことはありません。

不具合があると、担当者に連絡をしたり日程を合わせたり、補修に立ち会わなければならずに時間と手間をとられることになります。

注意点:短すぎる工期には注意!ホームインスペクションがおすすめ

不具合が出やすいのは、ローコスト住宅の工期の短さと職人の仕事の丁寧さが関係していると思われます。
または材料の品質の影響と考えられます。

不具合を防ぐためには、まず適正な工期で建ててもらう必要があります。

また、基礎工事からのホームインスペクション(住宅診断)が非常に有効です。
ローコスト住宅はホームインスペクションをすることによって、安くて安心な家が建てられます。

「ローコスト住宅」×「ホームインスペクション」で欠陥のない理想の家づくりへ

ローコストでも安心・安全な家にこだわりたい!それならホームインスペクションがおすすめ。ホームインスペクションの基礎知識と実際に依頼してみた結果をココだけで …

5,951view

デメリット⑧ オプションが高額

オプションで結局は普通の住宅と変わらない価格になることも

ローコスト住宅の標準仕様はグレードが低いことが多いとお伝えしました。

でも変更は可能です。

グレードを上げることはもちろん、窓やコンセントの数を増やすこともできますし、
どのような内容でもほとんどが叶います。

しかしそれはすべて「オプション」として扱われるので、何か変更や追加をするたびにオプション料金が加算されます

ローコスト住宅ではオプション料金が割高に設定されていることがあり、
結局普通の住宅と変わらない値段になってしまうことがあります。

注意点:契約後のオプション追加はしない・標準仕様が高グレードな会社を選ぶ

オプション追加が必要な場合は、必ず契約前にすべて伝えておきましょう。
契約前の見積もりには、必要なものや諸費用などをすべて含めてもらうことが大切です。
家づくりで大切なのは予算内でおさめる、ということです。

値引きに関しても、契約前であれば大幅な値引きに応じてもらいやすいですが、契約後はほぼ値引きには応じてもらえませんので、希望は必ず契約前に伝えるようにしましょう。

デメリット⑨ 材料の質を落としている場合がある

接合部分の手抜きはよく見られる

ローコスト住宅は、コストダウンのために材料の質を落としたものを使っている場合があります。材料とは、木材や内装部材、断熱材や接着剤などのことです。特に接着剤は安価なものを使っても目に見えないため、よく安価なものが使われます。

しかしそのようなコストの下げ方は良くありません。

注意点:シックハウス症候群に注意

接着剤には揮発性有機化合物が含まれています。
これはシックハウス症候群の原因となる物質で、国の定めた基準値をクリアしたものでないと使用できません。

しかし安価な接着剤だと基準値ギリギリの濃度のものがあるのです。
接着剤は断熱材や集成材に使用されており、クロス施工など建築中にも多く使用されます。

接着剤を含め、どのような材料を使うのかあらかじめ確認するようにしましょう。

デメリット⑩ 家の耐久性が低いことがある

耐久性に関しては優れているとは言いにくい…次世代に残す家にするには不向き。

ローコスト住宅のデメリットとして最も心配なのが、家の耐久性が低いことです。

やはり使う材料の質や、職人の腕によって家の耐久性が左右されてしまいます。

耐久性のほかにも、断熱性や気密性などもローコスト住宅では優れていないことがあります。

一般的にローコスト住宅は、世代を超えて住み続ける家ではなく、一代で住み潰すイメージが強いです。家を次の世代へ残したい人にはローコスト住宅は向かないかもしれません

売却する際の資産価値も比較的低いでしょう。

注意点:材料、工法、施工法を確認しておく

材料、工法、断熱材などの施工法について質問してしっかり確認しておきましょう。
その上で不安を感じる場合は別の会社を探す方が良いでしょう。

デメリット⑪ メンテナンスコストがかかる

安価な材質を使っている分、メンテナンス時期は早い

ローコスト住宅は家を建てるときのコストは安く済みますが、使っている外壁材や屋根材によってはメンテナンスが必要となる時期が早く来てしまうことがあります

外壁の補修は足場を組まなければいけないので費用が100万円以上と高額になります。

ローコスト住宅はメンテナンスコストが多くかかることもデメリットです。

注意点:将来のコストもトータルで検討する

会社選びの際に、将来的に必要なメンテナンスについて詳しく確認しておきましょう。

特にメンテナンス費が高額なのが、外壁と屋根の補修です。 安い外壁材や屋根材を使っていると早ければ5年ほどで傷んでしまうので要注意です。

新築時にどれだけ安く建てるかという点にばかり気を取られてしまうと、結局長い目で見たときにローコストではなくなってしまうこともありますので、あまりに安い材料は使わないようにしましょう。

デメリット⑫ アフターフォローが手厚くない

アフターフォローが手厚くない

家は必ずどこかに傷みや不具合が出てくるものです。
ローコスト住宅だと築5年ほど経つと不具合が出始めると言われています。

家を建てたあとのアフターフォローもとても重要です。

ローコスト住宅は、無償で補修をしてくれる期間が2年間で終わることが多いです。

大手は長い場合だと60年保証が付いていることもありますので、ローコスト住宅のアフターフォローの短さはデメリットといえます。

注意点:無償保証期間を確認しておく

契約前に必ずアフターフォローについて詳細を確認しておきましょう。
特に無償保証期間については要チェックです。

「35年保証」と記載されている場合でも、実は有償メンテナンスが条件とされていることがありますので、注意が必要です。

まとめ

ローコスト住宅は一言でいうと「安い家」ということになりますが、
どのようにローコストを実現しているかは会社によって違います。

品質を落とさずにコストを下げる努力をしている優良な会社もあります。

一生に一度の最も高額な買い物である「家」。

後悔のない安心できる家づくりのために、どのような家を建てるかをじっくりと家族で検討してみてください。

家を建てるなら以下がおすすめ

まずは気軽にカタログ請求したい

★★★★★

たった一度の無料資料請求で注文住宅のカタログをまとめて取り寄せできる

  • 1,000万円台の建物価格からのお取り寄せ
  • ローコスト、平屋などのテーマ別のお取り寄せ
  • 建設予定地から全部のメーカーをまとめてお取り寄せ
  • 無料でまとめてお取り寄せ

プロに相談しながら自分たちにぴったりの家を建てたい

★★★★★

プロに相談しながら自分たちにぴったりな家を建てたい

  • 無料で何度でも相談できる
  • 相談窓口にてVRによる住宅のイメージ体験が可能
  • 94.2%の方が満足と回答
 
ページのトップへ