> > > > HOME4Uの住宅地図サービスに迫る-利用方法、サービス内容、ログインの仕方を解説(1)

HOME4Uの住宅地図サービスに迫る-利用方法、サービス内容、ログインの仕方を解説(1)

HOME4Uの住宅地図サービスに迫る-利用方法、サービス内容、ログインの仕方を解説(1)のイメージ

中古物件を探している時、あるいは不動産業をされていて最新の地価情報を知りたい時、地図と連動して不動産物件の詳細な情報が見れると便利だと思った経験はないでしょうか。

この記事を検索してきた人は、

  • 地図から物件の価格や地価情報が調べられるサービスはあるのか?
  • HOME4Uは地図サービスを行っているかどうか?
  • HOME4U PLUS!とはなにか?

といった疑問を抱いている人が多いと思います。

不動産情報サイトのHOME4Uは不動産の一括査定などで有名ですが、実は住宅地図サービスも行っています。HOME4Uの運営会社であるNTTデータグループは、詳細な地図で有名な株式会社ゼンリンと共同開発し独自のアプリケーションを運営しています。

この記事では、NTTデータグループが運営している地図サービスがどういったものなのか、その料金やログイン方法などを紹介していきます。

HOME4Uの地図サービス

HOME4Uとは、NTTデータグループのひとつである株式会社NTTデータ・スマートソーシングが運営している不動産情報サイトです。

2001年から運営している国内で最も歴史のあるサイトで、不動産物件を売却から、中古物件の購入、賃貸情報、不動産投資まで不動産に関するありとあらゆるサービスを行っています。

大手NTTデータグループということで安心感があり、多くの人に利用されている人気サイトです。

そんなHOME4Uは、不動産会社向け住宅地図アプリケーションである「HOME4U Plus!」というサービスを展開しています。

また、HOME4Uの親会社であるNTTデータでは、「BizXaaS MaP(ビズエクサースマップ)」という法人向け地図配信サービスも行っています。どのようなサービスなのか、詳しく見ていきましょう。

地図サービスは株式会社ゼンリンと共同開発

HOME4U Plus!もBizXaaS MaPも、HOME4Uの親会社であるNTTデータが運営しているサービスです。地図情報会社として国内では最大手の株式会社ゼンリンと共同開発を行っていて、実際にサービス内で使われている住宅地図もゼンリンのものです

地図といえばgoogleマップが有名ですが、実はgoogleマップの地図情報は株式会社ゼンリンが提供しています。それほど大きな会社なんですね。地理情報システム(GIS)の分野ではトップ企業といっても過言ではないでしょう。

ゼンリンの詳細な地図にNTTデータの情報が集約

NTTデータといえば情報サービス事業では国内最大手のひとつで、システム構築やその運用経験が豊富です。また不動産に関係するビッグデータも扱っているという強みもあります。

その情報を、ゼンリンの詳細な住宅地図と共に利用できることはまさに鬼に金棒。不動産業を営んでいる会社ならその価値がよくわかるのではないでしょうか。

NTTデータのアプリケーションを利用すれば、分析することが難しいとされる人の行動に関するデータなども、正確にとらえることができるそうです。

そのような最新の分析システムを、アップデート費なしに常に最新のデータを利用できるクラウドサービスが、HOME4U Plus!やBizXaaS MaPなのです。

2つの法人向け地図サービス

NTTデータが提供する法人向けの住宅地図サービスとして、「HOME4U Plus!」と「BizXaaS MaP」を紹介しましたが、これらのサービスはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの利用方法やログイン方法、料金などを説明していきます。

HOME4U Plus! とは

HOME4U Plus!はゼンリンの住宅地図に地価情報を重ねた、不動産会社向けの地図アプリケーションです。月額制なので1年以下の短期間でも使え、ソフトウェアのダウンロードなしに標準のブラウザから利用できるため導入も簡単。

また更新料なしに常に最新のデータを利用することができます。提供されているコンテンツ、データは以下の通りです。

  • 住宅地図:建物一軒一軒に建物名や住居者名を表示できるゼンリンの地図
  • 上位地図:山や河川などの地形や交通網、自然地名などが表示でき、道路の幅員についてはポリゴン形状も提供している地図
  • 公示地価:国土交通省が公示する土地の価格情報
  • 基準地価:各都道府県が公表する土地の価格情報
  • 相続税路線価:各国税局が公表する相続税路線価の情報

地価情報を素早く知れるため、不動産会社にとってとても便利なサービスですが、対象エリアが限られているため注意が必要です。対象エリアは月額料金のみで使い放題になる“定額エリア”となります

月額料金で使用できるエリア
関東:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
関西:大阪府、京都府、兵庫県、奈良県

上記以外のエリアでも上位地図であれば表示することは可能ですが、通常の利用料とは別に、出力回数に応じて課金される仕組みとなっています。

HOME4U Plus!を提供している株式会社マーキュリーってどんな会社?

HOME4U Plus!は、株式会社マーキュリーが提供しているという形になっています。株式会社マーキュリーは、東京都新宿区に本社を置く情報サービスの会社。1991年に設立され、不動産情報サービスを中心に20年以上事業を続けている企業です。不動産マーケティング事業やWeb事業などを展開。金融機関や不動産デベロッパーとも取引のあるため、信頼できる企業と言えるでしょう。

どのように利用するのか

これまでの不動産会社は、査定額の調査やその他の不動産情報を調べるために、紙でできた最新の住宅地図を買い替える必要がありました。

しかし、インターネット上で簡単に最新の情報を入手できるHOME4U Plus!を利用することによって、毎年住宅地図を買い替える必要性も、手でページをめくって該当の地域を探す作業もなくなりました

HOME4U Plus!を使っている不動産業者は、データに基づいた正確な査定額をお客さんに提供できるようになります。査定をしてもらうお客さんにとっても、物件の適正価格を報せてもらえるというメリットにもなります。

利用料金とログイン方法

利用料金は月額制で、最低利用期間は半年となっています。エリアは限られますが、定額で利用できます。定額エリア以外は利用に応じて料金が発生します。詳しい料金は以下の通りです。

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:25,000円(定額エリア)
  • 定額エリア以外の利用:1件につき300円(PDFファイルを出力ごとに料金が発生)

ウェブ環境があれば、どのパソコンからも利用できるため大変便利なサービスですが、利用するためには、まずNTTデータのビジネスソリューション事業本部あるいはデジタルビジネスソリューション事業部に問い合わせる必要があります。

また、利用には宅地建物取引業者であることが前提のため、資格が必要となるので注意してください。

ゼンリンの住宅地図は結構高い
紙媒体であるゼンリンの住宅地図の価格は、1つの市区町村に対して1冊20,000円前後かかります。HOME4U Plus!は月額料金がかかりますが、かなり広範囲の地図を使えるため、2,5000円という料金設定は決して高いものではないことがわかりますね。

ログインにはユーザーIDとパスワードが必要ですが、これらの情報はHOME4U Plus!に申し込みをした人のみに配布される個別のIDとなります。また月額料金は1つのIDごとに必要になってくるため、パソコン2台を同時に使いたい場合はIDが2つ必要となります。

BizXaaS MaP(ビズエクサースマップ)とは

BizXaaS MaPは、NTTデータが提供する地図情報コンテンツを配信するサービスです。HOME4U Plus!との違いは、BizXaaS MaPは業務に合わせてカスタマイズが可能ということ。また、必要に応じてさまざまなデータを取得することができます。

BizXaaS MaPはもともと「MaDoRe(マドア)」という名前で運営していた不動産分野専用の地図情報サービスでした。このサービスがさまざまな分野に活用された結果、NTTデータのクラウドサービスの総称である「BizXaaS」というブランドに統合されました。

どのように利用するのか

BizXaaS MaPは、不動産業だけではなく、さまざまな業種に対応できるカスタマイズ機能があります。地価情報から企業情報、統計情報などさまざなデータを組み込むことができ、顧客管理、物件管理、エリアマーケティングなどに利用できます。

スマホ、タブレットなどでも利用できるモバイル地図もあり、ルート検索なども可能。これまで導入してきた業種は不動産業のみならず、金融業、流通業、サービス業など業種の垣根を超えて利用されています。

導入方法と利用料金

BizXaaS MaPを導入するには、まずヒアリングを行い見積もりを取るところから始まります。システムを実際に使ってみて操作感などを確認した後、契約を締結し、アカウントの発行という流れになります。

利用料金は、利用する業務アプリケーションによって異なり、個別カスタマイズが必要な場合もあるので見積もりを取る形となっています。HOME4U Plus!と同じくインストールなしにWeb上で利用できるため、アカウントが発行されればすぐに利用することができます

個人向けの地図サービスはあるか

これまで、法人用の住宅地図サービスについて見てきましたが、中古住宅の購入を検討している個人が地図上で物件を検索できるサービスはあるのでしょうか。

調べた結果、HOME’Sなどいくつかの中古住宅サイトでは、埋め込まれたgoogleマップ上で中古住宅を探せるサービスがありました

HOME4Uには、中古マンションや中古一戸建ての購入に特化した「中古住宅HOME4U」というサイトがあります。このサイトは、他の中古住宅サイトと同じく中古住宅を売り出している不動産業者と、購入を希望している利用者を繋ぐ役割があります。

中古住宅HOME4Uは地図検索できない

残念ながら中古住宅HOME4Uでは、地図から物件を探せるサービスはありません。中古住宅HOME4Uのトップページには日本地図の表示がありますが、選択できるのは県単位まで。

それ以降は、エリアか路線別にリスト表示となり、任意のエリアに絞っていかないと探せない仕組みでした。

物件の住所に番地が表示されないわけ
地図上から探せるサービスのある中古住宅サイトでも、個別の住所は基本的に“何丁目”までで番地は表示されません。詳細な情報は、不動産業者に問い合わせないと開示されないようになっています。

これは、購入者希望者が不動産屋に問い合わせずに、直接物件を見に行ってしまうことがあるからだそう。物件にはまだオーナーが住んでいることもあるので、内覧は必ず不動産業者を通さなければならないシステムになっているのです。

中古住宅HOME4Uの強み

地図上から物件を検索できない中古住宅HOME4Uですが、逆に他社にはない独自のサービスもあります。不動産物件はそれが中古だったとしても高額なお金が動きます。

購入に失敗したくないと思った時、過去に不動産を購入した人の話がとても役に立ちます。中古住宅HOME4Uでは、購入体験記や中古物件を購入するための基礎知識が見につくコラムがたくさんあり、利用者が安心して購入できる工夫がなされています。

また、大手NTTデータグループが運営しているという安心感と、フリーダイヤルで電話相談ができるサポートがあります。中古住宅HOME4Uの強みをうまく活用してみましょう。

Q&A

ここでは、HOME4Uが行っている地図サービスや中古住宅HOME4Uに関する疑問を紹介し、その解決策を考えていきたいと思います。

HOME4U Plus!は個人では使えないの?

HOME4U Plus!は不動産会社向けのアプリケーションであるため、利用者を宅地建物取引業者に限定しています。

個人でも宅建(宅地見物取引士)の資格のある人は使えると思いますが、不動産の売買を頻繁に行うような状況でない場合、料金と見合わない可能性が高いでしょう。また料金設定は月額ですが、最低半年の利用が必要です。

中古物件を地図で探したい場合は

地図上で中古物件を探したい人は、HOME’Sなどの中古住宅サイトを利用しましょう。googleマップを利用した地図で検索することができます。

不動産購入を考えてますが、おすすめの物件を教えてください

中古住宅HOME4Uでは、「エリアから探す」、「路線から探す」、「相場から探す」の他に「特集から探す」という項目があります。

その項目から、2000万円以下の中古マンションやリフォーム済み一戸建てなど、その人のニーズに合わせた検索ができます。ぜひ利用してみましょう。

東京への通勤に便利なエリアはどこですか?

中古住宅HOME4Uの「特集から探す」には、「駅まで徒歩5分以内の中古マンション特集」というものもあります。そこから絞り込むと通勤に便利なエリアを探せるはずです。

物件情報に書かれている「徒歩〇分」は、実際にその時間で着くか不安になりますが、この徒歩〇分は「1分で800m進む速さ」で算出されています。

HOME4Uが行っている地図サービスのこれから

HOME4Uの運営グループであるNTTデータは、HOME4U Plus!やBizXaaS MaPなど法人向けの地図サービスが充実しています。ただ、中古住宅の購入を希望している人向けの地図サービスは行っていないようです。

他の中古住宅サイトでは行われているサービスなので、今後HOME4Uでも開発されるかもしれません。個人向けの地図サービスの今後の発展に期待しましょう。

不動産を売却するなら不動産一括査定サービス

不動産を高く売却するなら「不動産一括査定サービス」がお勧めです。

不動産一括査定サービスって何??

あなたの売却予定不動産の物件情報と個人情報を入力することで、入力情報を元に不動産会社が自動で抽出され、複数の不動産会社に一括で査定が行うことができるサービスです。

  • 大手から地域密着まで売却査定数が累計35万件の「HOME4U」
  • 誰もが知っている超大手6社に依頼できる「すまいValue」
  • 【1都3県or大阪】売り手専門のソニー不動産がヤフーと組んだ「おうちダイレクト」
1位

HOME4U

★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • m
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみの
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

  • ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
 
ページのトップへ