私が家を買おうと決心させたのはあの人だった!!家ってさ…いざ購入するってなると結構ビビるよね!?

私が家を買おうと決心させたのはあの人だった!!家ってさ…いざ購入するってなると結構ビビるよね!?のイメージ

はじめまして『クッキング父ちゃんのブログ』というブログを運営しています、『クッキング父ちゃん』と申します……

当ブログは、「感性で料理を作るクッキング父ちゃんが、料理・ラーメン・酒などを自分なりに紹介します」をコンセプトとしてたまに雑記記事を織り交ぜながら独特な文面で記事を書き続けております。

 この度は『不動産のいろは』様へ寄稿記事を書かせていただく事になりました。

是非最後までご覧になってくださいね。

家を購入する動機

家を購入する時の動機って人それぞれですよね。

  • 年齢的にそろそろ
  • 子供が生まれるので
  • 将来の事を考えて実家の側へ
  • ペットと住みたい
  • 出世したから…(羨ましい)
  • 宝くじ当たった…(羨ましい)

まぁ数えあげたらきりがないですよね。

家の種類

家の種類もたくさんあるじゃないですか。

  • 新築戸建て
  • 建売住宅
  • 中古戸建て
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • おばけ屋敷

などなど

家を買う時って、値段・場所・物件の種類とか色々悩む事ありますよね…

私が家を購入した時はあまり悩むことはなく購入した理由は意外なことからでした…

初めての現地販売

結婚して数年…

住み慣れたアパートのすぐそばに建売の現地販売をするとのチラシを見たわけですよ。

まだ家は要らないけど…

まぁ暇だし見に行ってみっか。

という事で妻と二人で物件へ。

担当の営業マンが出てきて対応してくれたんだけどね。

全く売る気が無い…

というか『お前らには買えないよ』的な匂いプンプンするわけですよ。

駅近の新築で値段もそこそこするのでこいつらには無理だって思ったんでしょうね…

アンケート用紙を渡されて勤務先や年収ももちろん記入して購入したい意思を示したのですがいやぁ無理ですねぇ…あんたみたいな若造には買えねぇよってな感じで帰されました…

その夜ですよ。

昼に担当した営業マンの上司からお電話をいただいたのは。

昼間は大変失礼致しました。クッキング父ちゃんさんの職業と年収でしたら今回ご覧の物件は購入できますので是非ご来店下さい』との事でした。

しかし… お前なんかに家は買えねぇよと言われた悔しさで知り合いの不動産業者にすでにアポイントを取っていたんですよ。

知り合いの不動産屋は曰く『父ちゃんが買えないわけないんだがその営業マンは何考えてんだ』と怒っているわけですよ… なんていい人だ…

そのような経緯を上司の方に説明し『御社の営業マンに断られたのでもう御社では買いません』って言ってやりました。

上司の方は平謝りで是非見ていただいた物件を購入くださいの一点張り…

まぁ…当時の私の勤務先は上場企業で年収も同年代ではかなり良い方でしたから…

きっと昼間の営業マンはめちゃくちゃ怒られた事に違いありません…

可愛そうですがきっぱりとお断りしました。

あっ…あれ?

それ程家を買いたいという気持ちは強くなかったのに…

いつのまにか買う方向へ気持ち傾き始めてる。

これはツンデレと同じ効果なのか…

一度落とされて持ち上げられると気持ちよくなってしまうんだよね。

物件案内

という事でその翌週に物件を案内してもらう事になるんですが…

当日の朝知人の不動産屋がめちゃくちゃ気合い入っているのがわかるんですよ。

なんか気合い入ってんなぁぁ

物件は10以上用意してあるそうだ…

いやぁ…そんなに見なきゃダメなの…

それから長いドライブが始まったんだ…

1軒目…2軒目…

いやいや…どこに連れてってくれてんの…

全然希望にエリアじゃないじゃん…

3軒目…4軒目…

えっ…なんでこんな物件ばっかり…

新築希望なのになぜぼろぼろの中古を見せるんだ…

のちに知ることになるんですが、これは『廻し』と呼ばれるテクニックだそうです…

5軒目…

『あっ…この物件いいね…これでいいよ。これください。』

『えっ…父ちゃん…本命はこれじゃないから…』

『ん…?本命って…これくださいよ』

『ちょっとまって…他の物件も見て』

どうやらね…この物件は売ってくれないそうです…だったら見せないでよ…

(これは廻しに失敗して途中の物件を気に入ってしまったパターンだそうだ)

6…7…8…

『もう疲れたから帰りたい…つーか5軒目でいい』

あと2つだから…

9軒目…

もういいよ…

ラスト…

えっ家ないですけど…

『この土地いいでしょ!?』

えっ家ないですけど…

『ここでクッキング父ちゃんの家を注文住宅で建てましょう』

『注文住宅の方が絶対いいですから』

えっ…もうさ…疲れちゃったよ…

帰って休みたいよ…

『モデルルームを見に行こう』

えっ…まだ見るんだ…

そこからメーカーさんのお話をたっぷり聞いてね。

設計士さんを紹介され希望の間取りを伝えてね。

なんかそのまま買う方向へ流されていくわけですよ。

なんかね…だんだんとさ洗脳じゃないけどね打ち合わせしてると楽しくなってきちゃうんですよ。

気がついた時にはすっかり購入意欲バリバリになってました。

散々物件を見させられて疲れ切っていたこともあるんでしょうけどあれよあれよと契約まで一気に行ってしまいました。

しかも当初希望していたエリアとか全く無視ですから(笑)

きっと希望のエリアだと注文住宅を建てる資金計画は成り立たないので駅から離れた知らない土地を買わせたかったんでしょうね。

まぁこれも一つの縁ですよね。

希望エリアでもなく、縁もゆかりもない場所ですが20年も住んでいると周りには友人もたくさんできましてね。

今じゃ満足してるんですよ。

まとめ これから家を買おうと思っている方へ

一生に一度のお買い物ですから『買おう!!』って決意をさせてくれるような営業マンに後押ししてもらうのもいいかもしれませんよ。

私が家を購入した理由は!!

『買えねぇよ』って言われた事ですかね(笑)

そして購入を決めた決定打は!!

ズバ!!根負けでしょうか(笑)

私の場合は2人の営業マンの優秀な後押しの元すんなりとマイホームを購入することが出来ました。

しかし…こんな買い方する人いるのかなぁ…

最後までお読みいただきありがとうございます。

【著者】クッキング父ちゃん
超簡単なズボラ料理・ラーメン食べ歩き・激辛チャレンジなどの食レポを臨場感たっぷりに独特の言い回しで紹介する『クッキング父ちゃんのブログ』を運営しております。
ブログ:https://www.kukking10chan.net/
Twitter:https://twitter.com/kukking10chan
 
こちらの記事もよく読まれています
ページのトップへ