> > 家を建てるのにシミュレーションが便利すぎる!あれこれ思い悩むより手を動かそう

家を建てるのにシミュレーションが便利すぎる!あれこれ思い悩むより手を動かそう

家を建てるのにシミュレーションが便利すぎる!あれこれ思い悩むより手を動かそうのイメージ

家づくりって悩むことの連続ですよね。深く知れば知るほど、あれもいいしこれもいいし……と迷ってしまいます。頭の中だけでぐるぐる考え込んでいても、なかなか結論が出ないことも。そんなとき、シミュレーションサイト/ソフト/アプリが便利って知っていましたか?
シミュレーションできるものは、例えばこんなものです。

  • 住宅ローンの返済
  • 間取りや外観
  • 太陽光発電を付けた場合の発電・費用収支

家づくりのあらゆる場面で意外と使えるシミュレーション。ちょっと興味が出てきましたでしょう?

この記事では、
  • 家を建てるのに必要な費用な住宅ローンがよく分からない。
  • 太陽光発電をつけるべきかつけないべきか迷っている
  • 間取りや外観をあれこれ試して理想の家を作りたい

こういった方の疑問が解決できるように解説していきます。

住宅ローンの返済シミュレーションが出来るサイトまとめ

住宅ローンの返済シミュレーションが出来るサイトまとめ

ただでさえ大変な家づくりの難易度を、さらに押し上げているのが住宅ローン。
いろんな商品、返済方式、金利タイプもあり、何がおトクなのか分かりづらいのが困りますよね。たった0.1%の金利でも、将来の返済額がガクンと違ってしまうだけに、その選択には慎重に慎重を重ねたいところ。
そんなときに便利な、住宅ローンの返済額シミュレーションサイトをまとめました。

住宅保証機構による住宅ローンシミュレーションサイト

住宅保証機構による住宅ローンシミュレーションサイト

住宅保証機構株式会社(元・財団法人住宅保証機構)による住宅ローンシミュレーションサイトです。借入額、返済期間、金利や金利タイプなどを自由に入力でき、返済額を自動計算してくれます。

返済額の試算

例えば、借入額2000万円、全期間固定金利1.3%で35年借り入れる場合で入力してみました。
すると、結果はこうなりました。

算出結果

月々の支払いが約6万円、手数料・保証料無しで総支払額が約2500万円でした。

先ほどの金利タイプや返済期間を変更すれば、同じ借入額でも返済額が変動します。さまざまに試算して、自分の将来設計に一番マッチするローン返済計画を立てましょう。

住宅ローン返済シミュレーターは他の民間銀行やハウスメーカーでも用意しています。どこが提供するものでも、自分にとって使いやすいものであれば十分ですよ。

見積もりシュミレーションサイト住宅見積.com

見積もりシュミレーションサイト住宅見積.com

高木ハウジングが提供する、「住宅見積×ローンシミュレーション」は、自分が住みたい家を8ステップから選び、それに応じた見積額やローン返済額を自動計算してくれるシミュレーションサイトです。

先ほどの住宅ローンのみのシミュレーターですと、「そもそもいくら借り入れればいいのかよくわからない」という人にとっては不十分ですよね。
「自分が建てたい家ではいくら費用が必要そうか」という目安を知るのに非常に役立つでしょう。

まず間取りや家の外観タイプを選び、キッチンや水回りなども選択肢から選んでいきます。
するとこのように、

シミュレーション

選んだ選択肢に応じて見積額を即座に出してくれました。
(ちなみに、こちらは延床面積25坪で3LDK、駐車場1台でナチュラルモダンスタイルの見積額です。土地は含めません)
続けて、この額をもとにローン返済額や自己資金をシミュレーションすることもできます。

間取りの条件をいろいろ変えて試したくなりますね。理想の設計と自分の予算との折り合いをつけるためにも利用したいところです。

そもそも、家を建てる費用や住宅ローンの基本を教えてほしい!

そもそも、家を建てる費用や住宅ローンの基本を教えてほしい!

住宅ローンシミュレーターを十分に役立てるためには、家づくりにかかる費用や住宅ローンについて基礎知識があることが前提です。「まだ基本に自信がない」という方は、こちらのページでしっかり予習しておきましょう!

「そもそも、家づくりにかかる費用がよく分からない!」という方については、こちらで詳しく解説しています。

土地なし/ありで家を建てる費用って結局いくら?フルローンは安全?

憧れのマイホーム。そろそろ賃貸の更新のタイミングだけど、このまま住み続けるか……。いっそ家を建てるべきか。「いつかは家を建てたい」 そう思っていても、家を建てるタイミングって結局いつが正しいのか分かり …

5,955view

「住宅ローンってなに?」という方向けには、こちらの記事で解説しています。

家を建てる時の住宅ローン 基本と審査基準・年収による借入額は?

家を建てる時は、ほとんどの方がローンを利用するのではないでしょうか。ローンを利用するには金融機関の審査を受ける必要があり、基準を満たし通過することで初めて融資を受けることができます。借りられる額よりも …

4,303view

「自分の年収に対しての住宅ローンの借入額を知りたい!」という方はこちらへどうぞ。

【先輩100人の声】家を建てるのに必要な年収と借入額を一挙公開!

「今の年収で家を建てるなら、いくらぐらいが妥当なんだろう…」なんて、普通判断しにくいものですよね。しかし、もしローンの借入額に無理があれば、家を建てた後の生活が苦しくなってしまいます。…

4,331view

家の間取りや外観シミュレーションができる、スマホ・タブレット向けアプリまとめ

家の間取りや外観シミュレーションができる、スマホ・タブレット向けアプリまとめ

なかなかイメージしづらい家の間取りや外観。いろんな雑誌やカタログを見て「こんなのいいなあ……」と考えるだけでは、なかなか設計士やメーカーに意図が伝わらないことも。
完璧にできなくても、シミュレーションアプリを使って「こんなかんじを希望しています」と見せることが出来れば、他人にもイメージを伝えることができますね。こういった便利なアプリを活用して打ち合わせをスムーズに進めましょう。

ここでは、スマホ・タブレット向けアプリのおすすめシミュレーターをまとめました。
「手軽にできる」というよりは、「みっちり作業に取り組む」ようなアプリが多いので、スマホでは疲れてしまうかもしれません。タブレットにインストールする方がオススメです。

House Design 3D -FREEMIUM

House Design 3D -FREEMIUM

Home Design 3Dを使うと、3Dの家をデザインして改造するのが今までよりうんと早くて直感的!
誰でもアクセスできるHome Design 3Dは、自分の指先でプロの成果を得られる参照インテリアデザインアプリケーション!
今すぐあなたのマルチストーリーハウスを構築しましょう!

2Dと3Dを切り替えながら間取りや外観をデザインできる自由度の高いアプリです。

こちらは2Dの間取り図です。

2Dの間取り図

3Dでは、実際に家の中からぐるりと見まわすことが出来ます。指でぐりぐりと動かして家の中を見られるのは臨場感があり、プチ住宅展示場のようでテンションが上がります。

3D

無料版では広告が頻繁に出てくる上にプロジェクトの保存ができないので、集中して作業したいのであれば製品版(\400~\2,600)を購入した方が良いでしょう。

Google Play で手に入れよう

Floor Plan Creator

Floor Plan Creator

“Create detailed and precise floor plans. See them in 3D. Add furniture to design interior of your home. Have your floor plan with you while shopping to check if there is enough room for a new furniture.”

日本語対応しておらず英語のみですが、直感的なデザインで簡単に使えます。2D画面で本格的な間取り図を作成することができます。ついついはまって本格的な家を建ててしまいそうです。
ただし、画像保存やpdf変換のためには、ベーシック版(\450)やフル版(\780)へのアップデートが必要です。スクリーンショットも撮れません。無料版はお試しとして気軽にダウンロードしてみてください。

Google Play で手に入れよう

Homestyler 内装設計

Homestyler 内装設計

現在の建物と改造?いくつかの住宅改修プロジェクトに取り組んでいますか?それとも単に家の装飾やホームデザインのアプリが好きですか?
すべてのインテリアデザインのアプリやゲームの中で、Homestylerはあなたがインテリアデザイナーになるというあなたの夢を達成するのに役立つことができる唯一の無料の家の装飾アプリです。

内装や家具をいろいろ試せるアプリです。日本語がややぎこちないですが、意味は分かります。
たとえばダイニングなら、

このようにあるいくつかのデザインから好きなものを選んで、

好きな家具を選んで配置します。

費用や広さにとらわれず、自由にインテリアを楽しめるのは面白いです。ただの遊びといえばそうなのですが、こういった発想を自分の家づくりにも取り入れて遊び心のある家を建てたいですね。

Google Play で手に入れよう

間取りー図

間取りー図

★3.7 100万以上ダウンロード

“間取りー図はだれでも簡単に間取りを作成するアプリです。
フロアや壁、ドア、窓、設備等を追加して自由に編集することができます。
背景に間取りの画像をセットしてその上で編集することで、簡単に既存の間取りを作成することもできます。
作成した間取りに家具を配置することもできますので部屋の模様替えにも最適です。”

「間取りー図」は、罫線に自由に間取りを書くことが出来るアプリです。

左下の青いアイコンをタップすることで、「フロア」や「壁」といった図形を選ぶことができます。
誰でも上手にきれいに間取り図が書けるので、打ち合わせにも使えそうです。

やや不安定なので、こまめにセーブするのが良いでしょう。
不動産屋の店頭にあるチラシなどの間取りを背景に取り込んで、それをなぞることで間取り図を再現する機能も付いています。

Google Play で手に入れよう

太陽光発電を付けた場合の売電等のシミュレーション

太陽光発電を付けた場合の売電等のシミュレーション

家を建てるならぜひ考えたいのが、住宅性能を高める「エコキュート」や「オール電化」そして「太陽光発電」。これらは設置の初期費用はかかりますが、ランニングコストも含めてトータルで見れば、おトクになる場合も多いようです。災害時の備えとしても役に立ちます。

ここでは、気になる太陽光発電について、実際にシミュレーションサイトを使ってみた感触について解説します。

太陽光発電のしくみや費用、売電制度や2019年現在太陽光発電を付けるべきかどうか悩んでいる方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

太陽光・エコ設備の初期費用は?家を建てる諸費用について知ろう

あれやこれやと、これから建てる家の姿を想像するのは楽しいもの。せっかく建てるならいい家を建てたいですね。カタログを見ていると気になるのが、省エネルギーやエコハウス、スマートハウスといった次世代基準の家 …

3,091view

太陽光発電を実際にシミュレーションしてみた

太陽光発電を実際にシミュレーションしてみた

「省エネドットコム」による3分でできる太陽光発電シミュレーター「ニコそら診断」で、実際に太陽光発電を付けた場合にどうなるのか、シミュレーションをしてみました。

こちらのサイトでは、グーグルアースを利用して実際の住所・家の屋根の形や方位から、その家が太陽光発電に適しているか調べることが出来ます。
まだ家が建っていない注文住宅の場合はやや使いづらいのですが、近隣の家で試してみるだけでも日当たりや方位の確認に役立つでしょう。

まずは、住所を入力。屋根の角度も選択します。

そうして出てきた家の屋根の写真に、四角形か三角形の形を選んで太陽光パネルを仮想で設置してみます。矢印は屋根の流れの向きです。

「診断結果を見る」ボタンを押すと……、

こういった結果を得ることができました!
今回のシミュレーションでは、★4つで、かなり太陽光発電に向いている立地であるようでした。

「家計はどれぐらいおトクになるのか」「どれぐらい設置・発電できるのか」「住んでいる自治体の補助金情報」「環境貢献度」の4つの指標も併せて教えてくれます。便利ですね!


ペンギン生徒

こうやって具体的に数字が見えると、太陽光発電設置したくなってくるね!

アザラシ先生

もし太陽光発電を設置するなら、
工事をまとめてできる新築時がオススメじゃな。

まとめ

せっかく便利なサイトやアプリがあるなら活用して家づくりに役立てたいですよね。どれも無料版があるので、「これは!」と思うものがあればダウンロードしてみてくださいね。

ただし、これらはあくまで手軽にできるシミュレーションであることを留意しておきましょう。実際に利用・設置するならば、きちんと専門家による審査・診断を受ける必要があります。

こちらの記事もオススメです。

すこしでもコストダウンするために「ローコスト住宅」という選択肢もあります。

「ローコスト住宅」×「ホームインスペクション」で欠陥のない理想の家づくりへ

「安心で安全な家を建てたい」家を建てるなら誰しもがそう願いますよね。そしてほとんどの人が限られた予算の中で家づくりをすると思います。安心安全は大前提。でもそのほかにもいろいろなこだわりだってあるはずで …

2,093view

「家の建てどき」は?「今、家を建てていいのかな……」と迷っているあなたはこちらへ。

家を建てる年齢は何歳が最適?30代~40代が全体の64%!住宅ローンの条件にも注意しよう

「結婚を機にマイホームを購入しよう」「もうすぐ子供が生まれるし、賃貸じゃ手狭になってきた」など、家を建てることを検討してはいませんか?こちらの記事では、家を建てる最適な年齢について解説しています。家 …

3,854view

家を建てるなら以下がおすすめ

まずは気軽にカタログ請求したい

★★★★★

たった一度の無料資料請求で注文住宅のカタログをまとめて取り寄せできる

  • 1,000万円台の建物価格からのお取り寄せ
  • ローコスト、平屋などのテーマ別のお取り寄せ
  • 建設予定地から全部のメーカーをまとめてお取り寄せ
  • 無料でまとめてお取り寄せ

プロに相談しながら自分たちにぴったりの家を建てたい

★★★★★

プロに相談しながら自分たちにぴったりな家を建てたい

  • 無料で何度でも相談できる
  • 相談窓口にてVRによる住宅のイメージ体験が可能
  • 94.2%の方が満足と回答
 
ページのトップへ