> > > おしゃれなローコスト住宅メーカー5選!失敗しないためのポイントも解説

おしゃれなローコスト住宅メーカー5選!失敗しないためのポイントも解説

おしゃれなローコスト住宅メーカー5選!失敗しないためのポイントも解説のイメージ

「おしゃれな家を建てたいけど、あまり予算はかけたくない」と考えているのなら、
ローコスト住宅で検討してみてはいかがでしょうか。

  • おしゃれなローコスト住宅メーカーのおすすめは?
  • それぞれのハウスメーカーの特徴がわからない
  • 安くておしゃれな家を建てるためのポイントを知りたい

この記事では、こういった疑問や不安、お悩みの答えになる情報をまとめています。
安くておしゃれなローコスト住宅を建てたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

おしゃれなローコスト住宅メーカーまとめ

今回の記事の本題である「おしゃれなローコスト住宅メーカー」を紹介いたします。それぞれのローコスト住宅メーカーの「デザイン性」や「設計」に関する内容を中心に紹介しているので、おしゃれな家を建てたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、安い坪単価で家を建てられるおすすめローコスト住宅メーカーは、次の記事でも詳しく解説しています。こちらでは「耐震性」や「断熱性」などにも着目して、全部で13社のローコスト住宅メーカーを掲載。お時間のある方は、ぜひそちらもご覧ください。

ローコスト住宅のおすすめメーカー13選!人気業者を徹底解剖【令和版】

「できる限り費用を抑えてマイホームを建てたい」「家づくりにこだわって注文住宅にしたいけど、高額な予算はかけられない」とお考えではあり・・・

32,965view

レオハウス

最初に紹介するおしゃれなローコスト住宅メーカーは、レオハウスです。レオハウスの特徴は、ローコスト住宅でありながら、自由設計でおしゃれな家を建てられる点にあります。

設計担当者は親身になって相談に乗ってくれ、どんなおしゃれな間取りも叶えられるよう最大限に努力してくれるでしょう。レオハウスで建てられるおしゃれなローコスト住宅の例は、次の通り。

  • 吹き抜けリビング
  • BBQを楽しめるガーデン
  • 猫が高いところへ登るための板を設置
  • ガレージにDIY空間を設ける

特に、「吹き抜けリビング」や「友達を呼んでBBQを楽しめる庭」に憧れを持っている方も多いのではないでしょうか?レオハウスの自由設計なら、様々な要望に柔軟に応えてくれます。

ローコスト住宅の中には、注文住宅とは名ばかり、少ない選択肢の中からプランを設計しなければならないメーカーも存在しています。その点、レオハウスであれば自由度の高いおしゃれな家づくりが行えるのです。

レオハウスのおすすめポイント

① 自由設計だから、理想の家を建てられる
② ペットに配慮した空間づくりも得意
③ CADによる外観・間取りイメージの提示

クレバリーホーム

次に紹介するおしゃれなローコスト住宅メーカーは、クレバリーホームです。クレバリーホームは、歌手の倉木麻衣さんを起用したテレビCMで有名な、ローコスト住宅メーカーにおける大手。

クレバリーホームの1番の特徴は、タイル外壁が標準仕様で搭載されている点にあります。タイル外壁は一般的なサイディング外壁よりも高価で、他のメーカーで導入しようと思ったらオプションで100万円以上の追加料金がかかることも。そんなタイル外壁が標準仕様で付いているのは、嬉しいポイントです。

タイル外壁には外壁塗装のメンテナンスが不要なので、「維持費が安い」という大きなメリットがあります。しかしタイル外壁のメリットはそれだけではなく、高級感があり見た目がおしゃれであることも大きな利点。

当サイトが独自に行ったアンケートによると、実際にクレバリーホームで家を建てた方は全員が「1,000〜2,000万円代で家を建てられた」と回答しています。他社でタイル外壁のおしゃれな家を建てられたとしても、費用が高くなっては負担が大きいですよね。クレバリーホームなら、安い価格でおしゃれな家を建てられます。

なお、タイル外壁やクレバリーホームに関する詳細情報は、次の記事で詳しく解説しています。

ローコスト住宅×タイル外壁で、維持費の安い家づくりを!費用も解説

ローコスト住宅を検討中のあなた。次のような疑問や不安を抱えてはいませんか?この記事では、これらの疑問や不安に対する回答を掲載しています。・・・

21,573view
クレバリーホームのおすすめポイント

① タイル外壁が標準仕様
② 本当にローコストでおしゃれな家を建てられる
③ 知名度のある大手メーカーだから、安心

トヨタホーム

次に紹介するおしゃれなハウスメーカーは、トヨタホームです。トヨタホームと聞くと「大手メーカーだし、高いのでは?」と感じてしまうかもしれません。

確かにトヨタホームの多くの商品はローコスト住宅とは呼べない価格に設定されています。しかし実は、選ぶ商品によってはローコスト住宅に匹敵するほど安い金額でおしゃれな家を建てられるのです。

トヨタホームでおしゃれなローコスト住宅を建てたいのであれば、「LQシリーズ」を検討しましょう。LQとは「LIFE STYLE+QUALITY」の略称で、このシリーズなら1,600万円台からという優良的な価格設定となっています。

トヨタホームのLQシリーズでは、外壁や内装材、インテリアなどを、ご家族の好みに合わせてカスタマイズ可能です。さらに、トヨタホームでは鉄骨ラーメン構造という間取りの自由度が高い住宅構造を採用しているため、大空間の間取りも実現可能です。

例えば、「広々としたリビングを作って、家族とゆっくり過ごしたい」「2階には大空間を設けて、自分だけの趣味の部屋にしたい」などの要望も叶えられます。ローコストでありながらおしゃれなカスタマイズもしやすい、そんな家こそトヨタホームのLQシリーズなのです。

トヨタホームのおすすめポイント

① 大手メーカーだが、最安1,600万円台から建てられる
② 鉄骨ラーメン構造なので、大空間も設計可能
③ 業界トップクラス!60年の長期保証

センチュリーホーム

次に紹介するおしゃれなローコスト住宅メーカーは、センチュリーホームです。センチュリーホームは「とにかく安く、良い家を作る」というコンセプトで営業を行っているローコスト住宅メーカー。

1983年から無借金経営を続けているため、財政的にも信頼を置けます。中小ローコスト住宅メーカーだと経営状況の悪化による倒産が心配ですが、センチュリーホームならその心配はなさそうです。

センチュリーホームの公式サイトでは外観ギャラリーが掲載されていて、建てられる家のイメージを掴むことができます。モダンでおしゃれな住宅はもちろん、洋風のクラシックな外観にも対応。外観デザインにこだわれるローコスト住宅となっています。

センチュリーホームのおすすめポイント

① 無借金経営だから、倒産のリスクが少ない
② モダンな住宅もおしゃれな洋風住宅も対応
③ 少数精鋭で、現場にこだわった施工

アーデンホーム

最後に紹介するおしゃれなローコスト住宅メーカーが、アーデンホームです。アーデンホームの特徴は、ローコスト住宅でありながら輸入住宅を提供している点にあります。

「輸入住宅は高いもの」というイメージを抱えている方もいますよね?その点アーデンホームなら、企業努力によりローコストでおしゃれな輸入住宅を実現しているので、心配ありません。

具体的な企業努力の内容とは、例えば「小屋裏利用の3階建てを標準仕様にする」というものが挙げられます。屋根裏スペースを3階として活用することで、住宅の敷地面積を広くしなくても一般的な40坪程度の床面積が確保できるようになっています。その結果、同じ床面積の住宅でのコストダウンに成功しているのです。

アーデンホームではなるべく安いおしゃれな輸入住宅を実現するために、過剰なスペックを排除し、必要最低限のシンプルな性能の家づくりを基本理念としています。そのため、「高性能じゃなくてもいいから、安くておしゃれな家を建てたい」と考えている方におすすめのローコスト住宅メーカーです。

アーデンホームのおすすめポイント

① ローコストでもおしゃれな輸入住宅を実現可能
② 過剰な設備やスペックは排除。必要最低限のシンプルな住宅
③ 地域の特性を知り尽くした地元工務店による施工

安くておしゃれなローコスト住宅を建てる方法とは

安くておしゃれなローコスト住宅を建てるためには、完全にハウスメーカーに頼りきりになるのではなく、あなた自身が「建築費を安くするポイント」を知っておかなければなりません。ぜひこちらの項目で、知識を吸収してくださいね。

ハウスメーカー選びが重要

安くておしゃれなローコスト住宅を建てたいのであれば、ハウスメーカー選びが最重要です。大手ハウスメーカーはおしゃれで性能の高い住宅を建てられますが、住宅価格は標準仕様のままでも驚くほど高いです。「こんな機能はいらないんだけど…」という内容を外すことができなければ、不必要な部分に対してお金を支払わなければならないケースもあります。

子供を育てたり、家族と旅行に出かけたり、週末にちょっと美味しいディナーに出かけたり。私たちがお金を使う先は、住宅購入だけではありませんよね。だからこそ、「なるべく安い家を建てたい」と誰しもが考えるのです。

しかし、憧れのマイホームだからこそ、細かい部分にこだわりたいのも事実。特におしゃれを重視したい方なら、床材の色やドアの形、外観の装飾など細かいところまでこだわりたいですよね。

そういった方は、ぜひ大手メーカーではなくローコスト住宅メーカーを検討してみてください。ローコスト住宅の多くは、企業努力により建築コストを抑えることで、安い家づくりを実現しています。基本となる価格が安ければ、自由にカスタマイズして多少料金が上がっても、予算内で納得のいく家づくりが行えるでしょう。

注文住宅は、予算管理がしやすい

なるべく安く家を建てたいと考えた時に、「ローコストな注文住宅か建売住宅か、どっちを選ぶ方がいいだろうか」と疑問に思うことがあるでしょう。結論を申し上げると、おしゃれにこだわりたいのであれば、ローコストでも注文住宅を選ぶのがおすすめです。

その理由は、建売住宅と違って注文住宅は自分の管理次第で住宅価格を調節できるからです。完成品を購入するわけではないので、お金をかける部分とそうでない部分をカスタマイズできます。

もちろん「あれも、これも」とこだわりすぎると、大幅に予算オーバーしてしまう可能性はあります。しかし、自分に必要な性能やデザインだけを選んで住宅価格を調節できるのは、注文住宅ならではのメリットなのです。

建築費を安くするポイントを覚えておこう

家づくりの現場では、建築費を安く抑えるためのポイントがいくつもあります。
代表的なものをリストアップしました。

  • 家の形状を四角くする
  • 部屋数を少なくする
  • ウォークインクローゼットを活用する
  • 住宅設備のメーカーにこだわりすぎない
  • 丸みを帯びたデザインは高い

これらのポイントを実践してみると、住宅の建築コストを抑えられます。

「ウォークインクローゼットの活用」については、各部屋にクローゼットを設けるよりも、1つのスペースにクローゼットを集約する方が建築費用は安いと考えておきましょう。

おしゃれ度も機能性・安全性も捨てられないなら

「住宅のおしゃれ度は大事だけど、断熱性や機密性、耐震性も捨てられない…」とお困りではありませんか?残念ながら、これら全ての要素にこだわろうとすると、住宅価格を安く抑えるのは不可能です。

そのため、なるべく安く抑えたいのであれば、「本当にこだわりたいポイント」と「妥協できるポイント」を明確にし、コストカットの努力をする必要があります。おしゃれにこだわるのか機能性にこだわるのか、はたまた地震などの災害対策に力を入れるのか、どの部分にお金をかけるかはあなた次第。

当サイトではローコスト住宅や家づくりに関する様々な情報を発信しているので、ぜひ家づくりに関する知識を深めてくださいね。そして、ハウスメーカーに任せきりにするのではなく自分自身で家づくりを主導していき、納得のいくマイホームを手に入れましょう。

まとめ

今回の記事では、安くておしゃれな家を建てられる、おすすめのローコスト住宅メーカーを紹介しました。興味のあるローコスト住宅は見つかりましたか?

記事内で取り上げたローコスト住宅メーカーは、どれも大手ハウスメーカーより安い価格で建てられる業者ばかり。さらに、外観だけではなく内装デザインにもこだわりのあるメーカーなので、おしゃれな家を建てられること間違いなし。「どのメーカーで家を建てようか迷っている」方は、ぜひ紹介した各メーカーの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

家を建てるなら以下がおすすめ

まずは気軽にカタログ請求したい

★★★★★

たった一度の無料資料請求で注文住宅のカタログをまとめて取り寄せできる

  • 1,000万円台の建物価格からのお取り寄せ
  • ローコスト、平屋などのテーマ別のお取り寄せ
  • 建設予定地から全部のメーカーをまとめてお取り寄せ
  • 無料でまとめてお取り寄せ

プロに相談しながら自分たちにぴったりの家を建てたい

★★★★★

プロに相談しながら自分たちにぴったりな家を建てたい

  • 無料で何度でも相談できる
  • 相談窓口にてVRによる住宅のイメージ体験が可能
  • 94.2%の方が満足と回答
 
ページのトップへ