> > > > 不動産売却時にソニー不動産に支払う仲介手数料はいくら?|割引制度や手数料無料のサービスもあり

不動産売却時にソニー不動産に支払う仲介手数料はいくら?|割引制度や手数料無料のサービスもあり

不動産売却時にソニー不動産に支払う仲介手数料はいくら?|割引制度や手数料無料のサービスもありのイメージ

不動産の売却時に不動産会社に支払う仲介手数料は、実は法律によって上限が定められています。
数ある不動産会社の中でも手数料が安いといわれるソニー不動産は、どのような手数料の仕組みになっているのでしょうか?

不動産売却時にかかる手数料について調べている人は、以下のような疑問、悩みがあると思います。

  • ソニー不動産は本当に仲介手数料無料なの?
  • ソニー不動産は他社より仲介手数料が安いと聞いたけれど本当?
  • ソニー不動産の割引制度や手数料の仕組みが知りたい

このページでは、ソニー不動産で物件を売却したときにかかる手数料を詳しく紹介します。
ソニー不動産の割引制度や、サービスによる手数料の違いもまとめているので、ソニー不動産を利用してみたいけれど手数料がいまいちわからないという人はぜひ参考にしてみてください。

ソニー不動産は、2019年6月1日にSREホールディングス(SRE不動産)と名称を変更しています。この記事では混乱を避けるため「ソニー不動産」で統一して執筆しています。ご了承ください。

売却時にソニー不動産に支払う手数料

不動産を売却するときにかかる手数料は、不動産会社に支払う仲介手数料が大部分となります。

ソニー不動産は一部のサービスは仲介手数料が無料となっていますが、普通の仲介業者のように仲介手数料が発生するサービスも同時に行っています。

サービスの種類によって発生する手数料が異なるため注意が必要です。

ソニー不動産のサービスの種類を把握するためには、以下の記事が参考になります。

ソニー不動産の特徴をサービス別にしっかり説明|さまざまなサービスの中から自分に合った方法を選ぼう

ソニー不動産は手数料が安いと言われる一方、思ったほど安くはなかったという声もあります。その一番の原因として、ソニー不動産は独自のサービスを提供するのと同時に、他社と似たようなサービスも並行して提供して …

5,853view

仲介手数料が無料で不動産売買が行えるおうちダイレクトの「セルフ売却」は、ソニー不動産しか行っていない特有のサービスです。仲介会社を介さず売り手と買い手が直接取引できるため仲介手数料が発生しない新しい制度だと言えます。

また、ソニー不動産が直接物件を買い取った場合も、買い手がソニー不動産となるため仲介手数料は発生しません。ソニー不動産で仲介手数料が無料となるのはこの2つのパターンのみです。

一番オーソドックスな方法としてソニー不動産のサイトで無料査定を行い、ソニー不動産に仲介をお願いするパターンがありますが、この場合当たり前ですが売却が完了したときにソニー不動産に対して仲介手数料が発生します。

またソニー不動産は、おうちダイレクトの「プロフェッショナル売却」という名前で、他社の不動産会社を紹介するサービスも行っています。このプロフェッショナル売却利用時に他社を紹介され、その流れで仲介を依頼する場合、仲介手数料はソニー不動産ではなくその不動産会社に支払うことになります。

まとめると以下のようになります。

サービス名 仲介形態 仲介手数料の有無
おうちダイレクトの「セルフ売却」 自分で売却活動を行うため仲介なし 無料
ソニー不動産による買い取り 買い取りのため仲介なし 無料
ソニー不動産の「おまかせ売却」 ソニー不動産による仲介 ソニー不動産の規定に沿った仲介手数料
おうちダイレクトの「プロフェッショナル売却」 他社による仲介 他社が定める仲介手数料

ソニー不動産の手数料が安いと言われるその理由とは

不動産の仲介手数料の金額は法律で決められている

ソニー不動産であれ、その他の不動産会社であれ、仲介手数料として売り手に請求できる金額は法律で定められています。

その計算方法は、200万以下の部分には5%、400万円以下の部分には4%、それ以上の部分には3%と、売却金額の部分によって率が異なりますが、売却金額が400万円を超える場合、以下の計算式で簡単に仲介手数料が計算できます。

仲介手数料 = (売買価格 × 3% + 6万円) + 消費税

ルール的にはソニー不動産もこの上限まで仲介手数料を請求することができます。

ソニー不動産の仲介手数料は“かかった分だけ”

ソニー不動産では仲介に関してかかった分だけの費用を取るという考え方のもと、仲介手数料を計算しています。そのため仲介手数料が他社より安くなる可能性があります。

これは物件が売れるまでに時間がかかった人と、すぐに売却できた人ではソニー不動産が行う業務量は異なるというところに着目し、厳格な公平性を追求した結果というわけです。

ソニー不動産の前執行役員である風戸氏も「顧客目線で、合理的な仲介の報酬を受けるような不動産業を目指したい。お客様に喜んで手数料を払ってもらえるようなサービスを展開したい」という願いを込めて手数料を設定しているそうです。

ソニー不動産が打ち出した異色のビジネスモデルは、従来の不動産業界の悪しき習慣を正すことができるのか

数年前に不動産業界という新しいジャンルに参入したソニーグループ。新しく大きなビジョンを持ったビジネスモデルを打ち出しましたが、そのシステムは賞賛と批判の両方を受けることになりました。 …

7,943view

それでも、実際にソニー不動産を利用した人の中には「思ったほど仲介手数料が安くはなかった」と感じる人がいるようです。

いくら手数料が安いと言われているソニー不動産でも、物件がなかなか売れなかったり、広告やその他のアピールに経費がかさんでしまったりした場合は仲介手数料の上限に近くとられることもあるので、必ず他社より安いと決めてかからないほうがよいでしょう。

そもそも不動産会社はどれくらいの費用がかかっているの?

仲介業社の目線で見ると不動産会社が支払う費用は、実は結構たくさんあります。
具体的には以下のような費用が発生しています。

  • 担当者の人件費
  • 交通費
  • 謄本取得費用
  • 不動産ポータルサイトの広告掲載料
  • 査定のための情報取得料など

売却を行う物件に問題がないかどうか調査したり、買い手を探すためにSUUMOなどの不動産ポータルサイトに広告を掲載したり、不動産会社の担当者が実際に買い手と交渉したりする人件費なども発生しています。

最近でこそ仲介手数料を安くする仲介業者が出てきましたが、一昔前ではこういった費用がかさむため、法的な上限いっぱいまで仲介手数料を取ることが一般的だったようです。

ソニー不動産には割引制度もある

ソニー不動産で物件を売却する場合、例えば専任媒介契約を結ぶと安くなる専任割引や、短期間で売買が成立した場合の早期成約割引などの割引制度も充実しています。

専任媒介契約とは、他の不動産会社を利用せずソニー不動産にのみ媒介契約を結ぶことです。

ちなみに仲介をするための媒介契約は3種類あり、どの契約でも仲介手数料は変わらず同じ条件となります。

一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
他の不動産会社と併せて仲介依頼 できる できない できない
自分で買い手を探して直接契約 できる できる できない
契約の有効期間 法令上の制限なし 3か月以内 3か月以内
指定流通機構への登録 義務ではない 媒介契約締結から7日以内に登録 媒介契約締結から5日以内に登録
売り主への報告 法令上の義務なし 2週間に1回以上報告義務 1週間に1回以上報告義務

また売却だけでなく、購入の時にも「コンサルティング不実施割引」「内覧物件数割引」「平日ご案内パック割引」「キャッシュ割引」などさまざまな割引を実施しているので住まいを買い替えるときもお得に取引ができます。

ただし割引制度は必ず適応されるわけではなく、物件の条件などによって除外されることもあります。詳しいことはソニー不動産に問い合わせてみましょう。

サービスがよいと言うだけでなく、手数料の面でもフェアで透明性の高い制度を導入しているソニー不動産。お客様満足度が92.8%以上と高い数字をキープしているのもうなずけますね。

ソニー不動産の評判については以下の記事を参照してください。

ソニー不動産の特徴をサービス別にしっかり説明|さまざまなサービスの中から自分に合った方法を選ぼう

ソニー不動産は手数料が安いと言われる一方、思ったほど安くはなかったという声もあります。その一番の原因として、ソニー不動産は独自のサービスを提供するのと同時に、他社と似たようなサービスも並行して提供して …

5,853view

ソニー不動産で売却時手数料をできるだけ安くするためには

手数料の安さが特徴的なソニー不動産をよりうまく活用するためには、まずは仲介手数料がかからないおうちダイレクトのセルフ売却を利用してみましょう。

売り出し価格の設定や物件のPRなどを自分で行う必要がありますが、この段階で買い手が見つかれば仲介手数料ゼロで取引することができます。

ある程度の期間ご自身で売り出してみて、なかなか買い手が見つからない場合は、ソニー不動産の売却エージェントにお任せする「おまかせ売却」に切り替えてみましょう。

こちらは仲介手数料が発生しますが、不動産のプロが売買戦略の立案から売り出し価格、物件のPR、売れない場合の対処などさまざまなサポートを受けられるため、早期・高値売却が期待できます。

セルフ売却とおまかせ売却の主な違いは以下の通りです。

セルフ売却 おまかせ売却
売買戦略 おうちダイレクトの機能を利用し自分で検討 ソニー不動産の売却エージェントがより高く売るための売買戦略を立案
売り出し価格の設定 自分で売り出し価格を検討 売却エージェントが実際に物件を査定した後、売り手と相談しながら設定
物件のPR おうちダイレクトの機能を利用し自分で物件情報を作成。ヤフー不動産に掲載する 不動産のプロが適切な広告図面を作成。多くの仲介会社に周知
売却状況の確認 自分で売却活動の状況を把握 売却エージェントが定期的に売却活動の状況を報告
内見や引渡し、契約などの業務 手続きの面などでソニー不動産のサポートを受けられるが、あくまでも売り主が主体 売却エージェントが売り手の代理人として手続きをフルサポート
仲介手数料 0円 仲介手数料あり

まとめ

ソニー不動産は「仲介手数料はかかった分だけいただく」という考えのもと手数料を計算しているため、他社より仲介手数料が安くなることがあります。

また、おうちダイレクトのセルフ売却を利用すれば、仲介手数料が無料で売却ができるため、仲介手数料をなるべく抑えたい人におすすめです。

手数料が安くてもサービスの質が落ちることはなく、ソニー不動産の特徴であるエージェント制や片手仲介によるサービスを受けることができます。

手数料が気になる人はまずはセルフ売却から試してみてはどうでしょうか。

不動産を高く早く売却したいなら一括査定がおすすめ

不動産を高く、しかも早く売りたいなら、不動産会社に仲介を依頼する必要があります。しかし、不動産会社なら、どこに頼んでもいいわけではありません。

どこの不動産会社がよいかわからない女性

あなたの不動産を売却することが得意な不動産会社に売却を依頼することが成功のカギ

あなたが売却しようとしている不動産を得意とする不動産会社に依頼することが重要です。

不動産売却が得意か苦手かでこんなに違いがでる

そのような不動産会社は、不動産一括査定サイトを使えば効率的に探すことができます。

一括査定サイトを使ってあなたの不動産売却が得意な不動産会社を効率よく探そう

不動産の一括査定サイトは、自分の不動産情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に完全無料で査定を依頼することができます。

オンライン査定申し込み

一括査定サイトを使えば、自分が売ろうとしている不動産売却に強い会社を効率よく探すことができます。

納得のいく査定根拠を示してくれる不動産会社なら、不動産売却が得意な業者であると言ってもいいでしょう。

また、具体的な売却時期が決まっていなくても査定だけでもOKです。査定結果を見て、売却するか?しないか?を検討しても問題ありません。

一括査定サイトを複数利用することで効率的に高く早く売りましょう│組み合わせ紹介

一括査定サイトは、30サイト以上もあります。まともに稼働していないのを除いたとしても、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、不動産いろは編集部では、運営歴や利用者の評判などを加味して、信頼できる10サイトを厳選してお勧めしています。

不動産一括査定の超効率的な使い方

サイト名 メリット デメリット 対応地域 サービス
開始年
★★★★★
HOME4U(ホームフォーユー)
公式
サイトへ
・日本初の不動産一括査定サイト
・大手NTTデータグループの運営だから安心
・売却ノウハウ本を無料ダウンロードできる
・提携社数は多くない 全国 2001年
★★★★★
すまいValue
公式
サイトへ
・超大手だけに査定依頼できる ・中小の不動産会社との提携はない
・大都市に偏っている
全国(大都市) 2017年
★★★★★
おうちダイレクト
公式
サイトへ
・Yahoo!不動産への掲載
・売主の味方としてのエージェント制
・大都市に偏っている 全国(大都市) 2015年
★★★★★
イエウール
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・不動産会社ごとの専用ページがあり、特徴やアクセス、スタッフ紹介まで詳しく見ることができる。
・農地査定ができる
・運営歴が浅い 全国 2014年
★★★★★
イエイ
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・売却相談をメールor対面で可能
・不動産会社に代わりに断る「お断り代行サービス」がある
・査定後フォローをしてもらえる
・農地査定ができる
・運営会社が非上場 全国 2007年

不動産一括査定サイトの賢い使い方として、お住まいの地域に合わせて組み合わせて利用するのが一番です。

1つだけ不動産一括査定サイトを利用しても、地域によってベストな不動産会社が見つかるとは限りません。

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせて利用することで、ご自身の不動産売却にぴったりの不動産会社が必ず見つかります。

当サイトでは、以下の組み合わせがベストな選択だと考えてますので、ぜひ複数の不動産一括査定サイトをご利用ください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
すまいValue
公式 サイトへ
+
おうちダイレクト
公式 サイトへ
イエウール
公式 サイトへ
+
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
イエイ
公式 サイトへ
ポイント ポイント
大都市に強い「すまいValue」「おうちダイレクト」で売却に強い有名大手を網羅。「HOME4U」を加えることで中堅や地元の実力企業も候補に入れる。 地域によっては、提携不動産会社が少ない場合もあるため、提提会社数の多い3サイトを組み合わせたのがポイント。
★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみ
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

    ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
★★★★★

提携不動産会社数1,700社以上!

利用者数は1,000万人を突破!

  • 最大6社と一括比較ができる
  • 都会から田舎の物件まで査定可能
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 利用は完全無料

    ※「まずは情報収集から」「見積もりが欲しい」とお考えの方にお勧めです。
★★★★★

運営10年以上!安心の実績

主要大手から地域密着型まで網羅

  • 提携不動産会社数1,700社以上
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 専門知識を持つ相談員が常駐
    難しい税金や相続のことも相談OK!
  • お断り代行や査定後フォローあり

    ※不動産売却が初めての方、サポートを受けながら進めたい方に最適です。
 
ページのトップへ