> > > > リビンマッチならではの土地活用プランを一挙公開

リビンマッチならではの土地活用プランを一挙公開

リビンマッチならではの土地活用プランを一挙公開のイメージ

リビンマッチは、優れた不動産会社と出会える不動産一括査定サイトです。2018年9月にリビンマッチと改名されるまでは、スマイスターというサイト名だったため、スマイスターの方がなじみがあるかもしれません。

リビンマッチのすごさは、無料で家やマンション・アパートの売却査定ができるだけでなく、売却以外の土地活用も相談できることです。

  • リビンマッチの土地活用はどうやって利用するの?
  • リビンマッチは具体的にどのような土地活用ができる?
  • 地域により有効な土地活用プランを知りたい

これらの疑問を持ち、土地活用を検討している方は、無料で使えるリビンマッチの土地活用について学んでみませんか?

リビンマッチの「土地活用プランの一括資料請求サービス」はここがすごい

リビンマッチは、ただの不動産査定サイトではありません。不動産売却で優れた実績を持つ不動産売却査定サイトは他にも多くありますが、他社にない以下の項目の一括査定ができるからです。

  • 不動産買取
  • 任意売却
  • 賃貸管理
  • 土地活用
  • リノベーション

など

それぞれの項目において、国内最大級の無料相談先が登録されていますが、その中で土地活用は、土地が余っていても相談相手がいない、相談料が高額になるのが不安などの悩みを抱えた方に評判の高いサービスです。

リビンマッチに相談するだけなら無料です。まずは、公式サイトより「土地活用プランの一括資料請求サービス」を利用しましょう。

土地活用相談に対応できるのは全国80社以上

土地活用の無料相談先は、80社以上(2018年5月現在)。提携しているのは、誰もが聞いたことのあるような大手企業から地域密着型の不動産屋まで多種多様。複数社に一括で資料請求できるから、いろんなタイプの業者の土地活用案を比較することが可能です。「そのままにしている土地があるのだけどどうしよう…」とお考えであれば、ぜひリビンマッチを使って土地活用を考えてみましょう。

なお、リビンマッチはプライバシーマーク制度を取得しています。
個人情報の管理は徹底されているため、不安になりがちなWebでの不動産相談も安心です。

様々な土地活用プランを比較できる

リビンマッチの土地活用プランは、土地活用の具体的なプランが整っています。

多くの方が利用するのは、

  • アパート、マンション経営
  • 駐車場経営
  • 戸建賃貸
  • 高齢者住宅

上記以外にも、様々な資産活用も可能ですし、もし土地活用に関する知識が全くなくてどこから手をつけて良いかわからなくても、相談に応じてくれることから口コミで良い評判が広まっています。

また、リビンマッチでは戸建てやマンションだけでなく、土地や農地、工場なども扱っています。そのため、多様な土地活用方法にも対応できるわけです。

土地を持っていなくてもOK

さらにすごいのは、土地を持っていなくても土地活用が始められることです。

例えば、これからアパート経営をしようと思い、それに必要な時間と資金、アパート経営のノウハウはあるものの、土地をもっておらず、どのように土地を取得すればよいか、アパート建設はどうするのかなどがわからない、というニーズにも応えてくれるのです。

そのような場合でも、建築済みのアパートを購入する方法などを、リビンマッチを実際に利用して成功した実例を交えて提案されます。

税金対策や収益最大化の方法が分かる

土地活用で大きなウエイトを占めるのは、税金対策収益最大化でしょう。

土地や家・マンションなどの不動産を資産として捉え、家賃収入などのプラスと、税金や維持費などのマイナスを比較するのが、土地活用のポイントとなります。これらについても、リビンマッチ提携の不動産会社に無料で相談することが可能です。

税金対策

土地は、保有しているだけでも税金がかかります。大まかな税金は

  • 固定資産税
  • 土地計画税
  • 所得税
  • 相続税

です。

これらの他にも、都市計画税、印紙税、特例による軽減措置などが複雑に絡み合っています。

例えば、所有している土地で賃貸アパートを建てると、土地の固定資産税評価額が6分の1に軽減されるということ(上限あり)や、貸家建付地となると相続税の節税対策となることなど、知っているか知らないかで大きな損をする可能性もあります。

通常は、弁護士や税理士など法律の専門家に相談することになりますが、そうなると報酬が発生します。稀に無料相談もありますが、例えば弁護士だと30分~1時間で1万円など、相談料が必要です。

もし相続でもめているなどの事情があれば弁護士に相談せざるをえないこともありますが、土地活用をすることに対し身内などのトラブルがなければ、リビンマッチで土地活用プランを無料で得て、査定依頼した不動産業者から節税に関する相談を受けた方がお得です。

収益最大化

土地活用で、多くの方が考えるのが、土地を活用してなんとか収入を得たいということでしょう。リビンマッチなら、あなたが所有する(もしくはこれから手に入れる)土地からの収益が最大になるベストなプランを提案してくれる会社に出会うことができます。

例えば、土地を活用してマンション経営をする場合でも、収入と支出は以下のようなものがあり、それらをプラスマイナスした上で、安定収入を得なければなりません。

収入 支出
定期的なもの 家賃供託費 ローンメンテナンス・清掃管理委託料(賃貸会社に管理委託する場合)減価償却費各種税金
一時的なもの 敷金・礼金売却益 マンション取得費用リフォーム、修繕費用

また、マンション経営には空室リスクが伴います。空室率がいくらになると赤字になるかなど、考えなければなりません。

さらに、家賃滞納も深刻な問題になりかねません。

それらをふまえた上で、収益がきちんとあるかを確認するのが、土地活用の基本です。どんぶり勘定では、確実に失敗してしまうでしょう。それを避けるためにも、まずは土地活用プランの一括資料請求サービスを利用するのが大事です。

リビンマッチでできる土地活用の選択肢が豊富

土地活用の動機は、人それぞれでしょう。

  • 親から実家を相続した
  • 家が老朽化して、リフォームしようか迷っている
  • 遊休地があり、活用方法がわからず放置している
  • 土地活用のノウハウはあるが、土地を持っていない

リビンマッチでは、居住用の家やマンションだけでなく、店舗や農地などあらゆる種類の不動産物件を扱っています。

そのため、下記のような様々な土地活用の方法の提案を受けることができます。

アパマン建築

賃貸アパートや賃貸マンションの経営を目指す理由は、多くの人にとって土地の収益化でしょう。ただ、サラリーマン大家など安易にアパマン経営に手を出し、自己破産に陥ったケースも多いように、素人が安易に手を出すものではありません。

リビンマッチでは、アパマン経営のノウハウが豊富な大手不動産会社を含む、優秀な企業と出会うことが可能です。「頭金0でもOK」や、「簡単な副業」などの言葉を鵜呑みにせず、専門家の意見を必ず聴きましょう

リビンマッチお勧めのアパマン経営例

  • パナソニックホームズ株式会社
  • 株式会社クラフト
  • ミサワホーム
  • 積水ハウス株式会社
  • 住友林業株式会社

アパマン経営で収益を得るには、アパート建築もしくはマンション建築が必要です。自宅をリフォームすることも可能です。賃貸住宅には型式や耐震性など、法律の基準に適合する必要があります。それらのアドバイスもきちんと受けられます。

例えば、老朽化した自宅がある場合、売却や取り壊しよりもアパートやマンションに建て替えをして、収入アップを目指す方法があります。

その家に住み続けたい場合でも、賃貸併用プランがある企業からの見積もりを受ければ、家族の住居、入居者の部屋をわけ、さらに管理業務のプランまで教えてくれることがあります。

駐車場経営

駐車場経営は、新たな施設の建設や維持管理が比較的楽で、高齢者などでも手が出しやすい土地活用ですが、駐車場経営を成功させるためのポイントをおさえることが大事です。

月極駐車場がいいか、それともコインパーキングの方がいいかなどの選択基準もありますし、違法駐車や衝突事故などのトラブル、機械の故障なども考えられます。

リビンマッチに相談すると、駐車場経営における収益性や、安定的に収益を上げるノウハウなどができる業者を紹介されます。違法駐車の減少によって地域貢献につながることもあるため、すぐにでも土地活用したい、相続した土地をなんとか活用したいなどの事情がある場合に適しています。

戸建賃貸

土地活用で賃貸経営と聞くと、多くの人がアパート経営やマンション経営を思い浮かべますが、一軒家の戸建て住宅から家賃収入を得る戸建て住宅という選択肢もあります。

アパート経営やマンション経営と比較すると市場規模が小さい戸建賃貸ですが、高齢者世代を中心に戸建ての住宅を希望する世帯も増えているため、今後チャンスが広がっていく可能性があります。

戸建賃貸は、アパートやマンションの賃貸と比較して以下のような優位性があります。

  • 20%以上の利回りが期待できる(アパート・マンションの利回りは10%弱)
  • 初期投資額が安くてすむ
  • 相続時に財産分与の対象となる
  • 空室リスクが低い

高齢者住宅

駅やスーパーなどから離れている土地は、賃貸や駐車場には不向きです。そのような土地でも、近年需要が高まっているのが、高齢者住宅としての活用です。

リビンマッチでは高齢者向け賃貸住宅建築による土地活用などを、資料請求で提案していますが、すでにある施設を活用するなど、高齢者住宅には様々な方法があるので、相談してみましょう。

民間でできる高齢者住宅等の種類

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • グループホーム
  • サービス付き高齢者住宅
  • 高齢者向け分譲マンション
  • ケアハウス

資産活用相談

これらの具体的なプランがまだない場合でも、リビンマッチでは資産活用相談のプランを提案してもらえます。

自分で土地活用する時間や労力がない場合でも、信託会社を利用した土地信託などの方法も提案してもらえるため、まずは無料資料請求し、提案された内容を吟味しましょう。

都会の土地活用プラン

都会は、人口が多く、エリアによっては今度も人口増加が見込めるため、土地活用のプランは豊富に考えられます。

とくに都心であれば、東京タワーが見えるような御成門駅・芝公園駅・麻布十番駅周辺などのマンションは人気が高くおすすめ。他にはビジネス街や大学周辺なども良いでしょう。

ただし、都会の中でも地域差が大きく、寂れている場所もあるため注意が必要です。

アパート・マンション経営

全国的にアパートやマンションが余っている地域がある中で、都会ではニーズがいまだに高い地域が多く、土地活用方法としてアパート経営とマンション経営は有効な手段です。

しかし、住宅ローンの返済期間や売却までの流れ、耐用年数、税金問題などを考え、確実に利益を得なければ意味はありません。

リビンマッチを通じて土地活用プランを資料請求し、業者に相談すると、家賃などの年間収入と、ローンや管理費などの年間コストなどの収支をシミュレーションし、トータルで収益が出るような方法が発見できます。

駐車場経営

駐車場経営は、建物を建てることができない場所にでも土地活用ができます
法律上建物が建てられない、スペースが不十分などの事情があっても、駐車場であれば簡単な整地や工事でスタートできます。

都会の駐車場経営は、土地代や固定資産税などが高いですが、駐車場不足であるため駐車料金を高く設定できる利点が。しかも回転は早く、多くの利用者が期待できます。そのため、収益に繋がりやすい活用法として人気です。

商業施設経営

賃貸収入だけでなく、より多くの収益を得たいのであれば、商業施設経営に乗り出すことも可能です。その場合は、ただ賃貸するだけでなく、本格的に経営に乗り出すこととなるため、それ相応の覚悟が必要となってきます。

田舎の土地活用プラン

都会と比較して、田舎の土地活用は限られています。
人口が少なく、有名観光地でなければ観光客や移住者も期待できないため、すぐに収益化するような土地活用は難しいと言えます。しかし、活用法次第で着実に利益を上げられる場合もあります。

土地の規制をまずは確認

田舎には、法律により農地や自然が守られている場合があります。その法律に違反することはできません。代表的なのが、「市街化調整区域」です。市街地調整区域は、開発を抑制する地域で、原則として駐車場等以外の建物を建てることができません

その他、以下のような法律があるため、それらに抵触しないようにしましょう。

  • 農地法
  • 宅地造成等規制法
  • 急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律
  • 都市緑地法
  • 地すべり等防止法
  • 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律
  • 生産緑地法
  • 森林法
  • 自然公園法

農地の活用

現在、多くの農地が後継者不足や安い海外の農産物の輸入などにより、荒廃しています。
手つかずの田畑や放牧場、雑木林などがあり、処分に困っている方も多いです。

そのような田舎の農地も、様々な活用方法があります。一見価値の低い農地でも、駅や道路の開通などにより、アパートやマンション、駐車場などへの利用ができる場合があります。

さらには、高齢者住宅や保育所、太陽光発電施設など、地域の特性に応じた活用も可能です。海外からのインバウンド客には、日本の田舎の家屋や農家などに人気も高まっているため、民泊などへの活用も考えられます。

太陽光発電

太陽光発電システムの建設も、駐車場などと同様に市街地調整区域にあっても可能な土地活用です。立地を気にせず郊外に建設できるため、田舎でもできます。

太陽光発電の収入は、売電収入です。初期費用は、20年程度の期間で回収できる見込みです。ただし、故障や自然災害による破損等のリスク、日照時間が少ないと収入下減少するなどの問題もあります。また、草刈りなど定期的なメンテナンスも欠かせません。

戸建て賃貸住宅

戸建て賃貸住宅は、都会よりも田舎に有利です。近年では、仕事を退職した人がリタイアメント先として、田舎の戸建て賃貸住宅に住むことを希望するケースが増えています。

ただし、入居者が退去してしまうと収入がゼロになってしまいます。また、ただでさえ空き家が全国的に増えている中で、戸建て賃貸住宅を新たに建築するのにはリスクも伴います。

サービス付き高齢者施設

サービス付き高齢者施設は、都会にも増えていますが、土地代の高さや人件費の高騰などがネックになっているため、田舎の土地を活用して新たに建設するケースが増えています。

とはいえ、一から施設を作ると費用がかかるため、病院や宿泊施設、その他使用されなくなったアパートやマンション、公共施設などを改修して、サービス付き高齢者施設に再利用するのが有効となっています。

その他

その他にも、以下のような土地活用手段がありますので、参考までに知っておきましょう。

  • 風力発電施設建設
  • トランクルームや貸倉庫
  • コインランドリー経営
  • レンタルオフィス

まとめ

土地活用は、各々の事情によりどのようにすれば収益が出るかなどが異なるため、専門家への相談が大事です。

自宅に土地が余っている、相続などで土地を取得した、土地はなくても土地活用のノウハウがあるなどの理由で、活用をしたいのであれば、リビンマッチの「土地活用プランの一括資料請求サービス」を利用しましょう。

不動産を高く早く売却したいなら一括査定がおすすめ

不動産を高く、しかも早く売りたいなら、不動産会社に仲介を依頼する必要があります。しかし、不動産会社なら、どこに頼んでもいいわけではありません。

どこの不動産会社がよいかわからない女性

あなたの不動産を売却することが得意な不動産会社に売却を依頼することが成功のカギ

あなたが売却しようとしている不動産を得意とする不動産会社に依頼することが重要です。

不動産売却が得意か苦手かでこんなに違いがでる

そのような不動産会社は、不動産一括査定サイトを使えば効率的に探すことができます。

一括査定サイトを使ってあなたの不動産売却が得意な不動産会社を効率よく探そう

不動産の一括査定サイトは、自分の不動産情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に完全無料で査定を依頼することができます。

オンライン査定申し込み

一括査定サイトを使えば、自分が売ろうとしている不動産売却に強い会社を効率よく探すことができます。

納得のいく査定根拠を示してくれる不動産会社なら、不動産売却が得意な業者であると言ってもいいでしょう。

また、具体的な売却時期が決まっていなくても査定だけでもOKです。査定結果を見て、売却するか?しないか?を検討しても問題ありません。

一括査定サイトを複数利用することで効率的に高く早く売りましょう│組み合わせ紹介

一括査定サイトは、30サイト以上もあります。まともに稼働していないのを除いたとしても、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、不動産いろは編集部では、運営歴や利用者の評判などを加味して、信頼できる10サイトを厳選してお勧めしています。

不動産一括査定の超効率的な使い方

サイト名 メリット デメリット 対応地域 サービス
開始年
★★★★★
HOME4U(ホームフォーユー)
公式
サイトへ
・日本初の不動産一括査定サイト
・大手NTTデータグループの運営だから安心
・売却ノウハウ本を無料ダウンロードできる
・提携社数は多くない 全国 2001年
★★★★★
すまいValue
公式
サイトへ
・超大手だけに査定依頼できる ・中小の不動産会社との提携はない
・大都市に偏っている
全国(大都市) 2017年
★★★★★
おうちダイレクト
公式
サイトへ
・Yahoo!不動産への掲載
・売主の味方としてのエージェント制
・大都市に偏っている 全国(大都市) 2015年
★★★★★
イエウール
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・不動産会社ごとの専用ページがあり、特徴やアクセス、スタッフ紹介まで詳しく見ることができる。
・農地査定ができる
・運営歴が浅い 全国 2014年
★★★★★
イエイ
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・売却相談をメールor対面で可能
・不動産会社に代わりに断る「お断り代行サービス」がある
・査定後フォローをしてもらえる
・農地査定ができる
・運営会社が非上場 全国 2007年

不動産一括査定サイトの賢い使い方として、お住まいの地域に合わせて組み合わせて利用するのが一番です。

1つだけ不動産一括査定サイトを利用しても、地域によってベストな不動産会社が見つかるとは限りません。

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせて利用することで、ご自身の不動産売却にぴったりの不動産会社が必ず見つかります。

当サイトでは、以下の組み合わせがベストな選択だと考えてますので、ぜひ複数の不動産一括査定サイトをご利用ください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
すまいValue
公式 サイトへ
+
おうちダイレクト
公式 サイトへ
イエウール
公式 サイトへ
+
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
イエイ
公式 サイトへ
ポイント ポイント
大都市に強い「すまいValue」「おうちダイレクト」で売却に強い有名大手を網羅。「HOME4U」を加えることで中堅や地元の実力企業も候補に入れる。 地域によっては、提携不動産会社が少ない場合もあるため、提提会社数の多い3サイトを組み合わせたのがポイント。
★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみ
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

    ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
★★★★★

提携不動産会社数1,700社以上!

利用者数は1,000万人を突破!

  • 最大6社と一括比較ができる
  • 都会から田舎の物件まで査定可能
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 利用は完全無料

    ※「まずは情報収集から」「見積もりが欲しい」とお考えの方にお勧めです。
★★★★★

運営10年以上!安心の実績

主要大手から地域密着型まで網羅

  • 提携不動産会社数1,700社以上
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 専門知識を持つ相談員が常駐
    難しい税金や相続のことも相談OK!
  • お断り代行や査定後フォローあり

    ※不動産売却が初めての方、サポートを受けながら進めたい方に最適です。
 
ページのトップへ