> > > マイスミ

マイスミEXは今後の成長が期待できる不動産一括査定サイト

マイスミのイメージ

「おすすめの不動産サイトはどこ?」と悩んでいる方におすすめしたいのが、「マイスミEX」です。まずは下の表で他の査定サイトと比べてみてください。

■不動産一括査定サイトの評価

提携不動産会社数 提携不動産会社の質 利用者実績 サービスの独自性 サポートの質
マイスミEX C約30社 A C非公表 B3種類の査定が可能 Aプライバシーマーク取得
イエウール A1,700社以上 B A1,000万人 B「ヒカカク!」との提携 B
イエイ A1,700社以上 B B400万人 C Aイエローカード制度等
Home4U B1,300社以上 BNTTデータグループ運営 A700万人 C Aプライバシーマーク取得
おうちダイレクト C9社 A B300万人 BYahoo!不動産への掲載 B仲介手数料0円
すまいValue C6社 A C100万人 C A国内大手6社に厳選
LIFULL HOME’S A1,700社以上 B B476万人 A「住まいの窓口」設置 B
リビンマッチ B1,400社以上 B B440万人 A各種査定に対応 Aプライバシーマーク取得

※評価基準:A・・非常に良い B・・良い C・・普通

これを見て、「あれ、あまり特徴がないのでは?」と疑問に思われたことでしょう。でも、マイスミEXは、不動産一括査定サイトとしては後発組ながら、独自の取り組みや信頼性などから、今後の大きな成長が見込めるのです。

  • マイスミEXってあまり聞いたことないけど、本当に信頼できるの?
  • マイスミEXがおすすめの理由とは?
  • マイスミEXは本当に成長を期待していいの?

などの疑問に答えていきます。

マイスミEXでできる3種類の査定

マイスミEXでは、「売却査定」「土地活用」「賃貸管理」の3種類の査定が可能です。

他の大手不動産査定サイトでは、売却査定は行っていても、その他の査定に対応していない場合があります。例えば、イエウールはマイスミEXと同様に後発組ながらも利用者実績がトップクラスですが、不動産売却に特化していて、その他の査定には力を入れていません。

一方で、リビンマッチのように不動産買取、任意売却など不動産に関する多彩な一括査定サービスが受けられるサイトもあります。住宅ローンで困っている、急な引っ越しなどで早く不動産を売却する必要に迫られているなどの事情があれば、リビンマッチはありがたい存在ですが、そうでなければマイスミEXのように3種類の査定があれば十分です。

マイスミEX査定・資料請求のしくみ

マイスミEXにアクセスし、不動産売却査定、土地活用、賃貸管理のいずれか利用したいサービスを選び、個人情報や物件情報を入力して送信するだけで、最大6社からの見積もり・資料を入手することができます。

入力にかかる時間はわずか60秒程度。
仕事や移動中の空き時間、家でのリラックスタイムなど、ちょっとした時間を利用して、効率的に情報を集めることが可能です。

しかも、マイスミEXからの不動産売却査定、土地活用・賃貸管理の資料請求は、すべて無料。無料の理由は、提携する不動産会社からの紹介料金(成果報酬)を、マイスミEX側がもらっているからです。

ぜひ活用してみましょう。

マイスミEX とくに利用者が多いのが不動産売却査定サービス

不動産売却査定・土地活用・賃貸管理の3つのサービスを展開する中でも、とくに利用者が多いのが不動産売却査定です。

不動産の売却を検討するなら、複数社での見積もりが何より重要です。
というのも、実は各社の見積価格にはけっこう差が生ずるためです。
その差はなんと1,000万円以上ということも!

その主な理由とは

  • 不動産価格の相場が常に変動しているため
  • 同様の物件の売却事例が不動産会社により異なるため
  • 不動産会社や担当営業者により不動産の売り出し方や売れ行き予想が異なるため

などです。

そのため、1社利用で決めてしまうのは損です。
「どれぐらいの価格で売れるのだろう?」と気になるなら、まずはマイスミEXで売却査定を試してみましょう。

精度の高い見積もりが欲しい、本格的に売却活動を始めたい方へ

ネット上で受けられる査定は、入力した情報のみの基づく「机上査定」で、あくまで大まかな見積もりを行う簡易見積もりとなります。

より正確な査定額を知るためには、不動産会社の営業担当者が物件訪問して調査する「訪問査定」利用の方が適しています。より精度の高い査定額を知りたい、売却をすぐに進めたいという方は、訪問査定を受けましょう。

放置している土地があるなら土地活用を

相続などで家や土地などを取得し、放置している不動産をお持ちであれば、なんらかの土地活用を考えるべきでしょう。

もちろん、その不動産を売却しても良いですが、土地を手放したくない事情もあるでしょうし、売却契約がすぐに成立するとも限りませんが、土地を放置すると以下のようなデメリットがあります。

  • 固定資産税がかかる(毎年)
  • 「特定空き家」に指定されると税額が最大6倍になる(住宅地用の軽減措置対象外となるため)
  • 不法占拠など犯罪の場になる
  • 全国的に地価が上昇する見込みが少ない

これらを避けるために、土地や建物から家賃収入や駐車場料金などの収入を得ることにより、安定収入を目指す土地活用が有効です。

土地活用ができれば、収入を得るだけでなくコストを減らすことも大事です。

例えば、土地を更地にしておくよりも、建物を建てた方が固定資産税や都市計画税が最大6分の1まで減額されます。

ただ、その場合には建物の建造費や維持費の他、建物自体の固定資産税がかかるため、どちらがお得かを比較するためにも、専門家の意見を聞くことが大切です。

マイスミEXは後発ながら信頼性は抜群

マイスミEXは、2015年12月にサービス開始しました。
これは、主要な不動産一括査定サイトの中では、後発組です。

サービス開始年月
マイスミEX 2015年12月
イエウール 2014年1月
イエイ 2007年
Home4U 2001年
おうちダイレクト 2015年11月
すまいValue 2016年10月
LIFULL HOME’S 1997年4月
リビンマッチ 2014年1月

これだけを見ると、マイスミEXの信頼性はまだまだ他のサイトと横並び程度だと判断できるかもしれません。

しかし、以下に紹介するマイスミEXの運営会社を知ることで信頼性の高さがわかるでしょう。

運営会社「じげん」は東証一部上場会社

マイスミEXを運営する会社は、株式会社じげんです。

2006年にベンチャー企業として創業したじげんは、転職サイト、自動車検索サイト、アルバイト・派遣サイトなどを経て2013年11月に東京証券取引所マザーズへの上場を果たしています。

次いで、2018年6月には、東京証券取引所の市場第一部(東証一部)へと上場市場を変更しています。

主に新興産業向けのマザーズ市場に対し、東証一部は国内のトップ企業の多くが上場する市場です。株式会社じげんは、その仲間入りを果たしています。

東証一部への上場までに、じげんは様々な工夫を凝らしてきました。その一つが、創業10年を機に行われた「じげんCxOプロジェクト」の第一弾、俳優の水嶋ヒロ氏のCLO(チーフ・ライフスタイル・プロデューサー)就任です。

2016年5月にCLOに就任した水嶋ヒロ氏は、「生活機会の最大化」を実現するため、外部の立場からアドバイスを行いました。

水嶋ヒロ氏と言えば、俳優としてだけでなく映画やライブ製作など多岐に渡るコンテンツ・プロジェクトのプロデューサーとしても有名です。

じげんは、水嶋ヒロ氏の独特の感性、センスに裏付けされた「異能」を発揮してもらうことにより、自分らしい生き方ができるライフスタイルの実現を図りました。

それを受けてか、2017年3月期第一四半期において、売上高1,602百万円(前年比+51.3%)、営業利益484百万円(前年比+44.8%)と大幅な増収増益となりました。

その後、2018年3月期通期決算では、なんと創業以来11期連続、上場以来17四半期連続の増収増益を果たしました。じげんが東証一部に上場を果たしたのは、当然の流れだったと言えるでしょう。

プライバシーマーク取得

マイスミEXを運営する株式会社じげんは、プライバシーマーク取得企業です。
2010年8月に、認定番号 第17000569(1)号を取得しました。

プライバシーマークとは、財団法人「日本情報処理開発協会(JIPDEC)」が、住所や物件情報などの個人情報保護を適切に管理・取り扱いする民間事業者に対し付与するマークのことです。

個人情報の保護については、最近でもフェイスブックに登録した電話番号が4億件以上流出した可能性があるなど、誰しも関心が高いことでしょう。

プライバシーマークを取得した企業が運営する不動産一括査定サイトは、マイスミEXの他にはHome4Uやリビンマッチなどに限られます。

その中でも、リビンマッチの運営会社「リビン・テクノロジー株式会社」はマザーズ上場です。Home4Uの運営会社「NTTデータ」は、株式会社じげんと同様に東証一部上場です。NTTグループと並ぶほどの信頼性があるのは、大きな安心材料ではないでしょうか?

マイスミEXにこめられた工夫

マイスミEXの信頼性の高さはおわかりいただけたでしょうか?さらに、ユーザーが使いやすいようなマイスミEXの工夫を紹介していきます。

シンプルなサイト構成

マイスミEXの公式Webサイトを訪れると、画面がすっきりシンプルなことが分かります。画像やイラストは少なめで、文章も必要な情報をピンポイントで書かれています。

そのため、必要な情報をすぐに探すことができ、サイト内で迷うことはありません。

ただ、情報のボリュームが少なめで、物足りないと感じる方もいるかもしれません。
その場合は、他の不動産一括査定サイトで必要な情報を得ると良いでしょう。

登録会社の詳細を公開

マイスミEXなどの不動産一括査定サイトは、あなたと不動産会社をつなぐ橋渡しの役を担います。実際に査定するのは、マイスミEXではなく、マイスミEXに登録した不動産会社です。

そこで、「どんな不動産会社が登録されているの?」というのが気になるでしょう。いきなり名前を聞いたことのない会社から電話やメールをもらっても、警戒してしまう方もいるのでは?

でも、マイスミEXでは、30以上の登録会社一覧と、それぞれの特徴、企業PR、所在地、スタッフ紹介、実績などの詳細情報を知ることができます。

その中で一番注目すべきなのは、一覧ページおよび各紹介ページの末尾にある「マイスミ運営事務局から○○会社へのコメント」です。マイスミEXの側から見た、客観的な登録不動産会社の評価が、大変参考になります。

売却か土地活用かなど比較がしやすい

不動産売却、土地活用プラン、賃貸管理会社探しの3択が同じサイト上ででき、これらの比較をしたい方に親切です。

例えば、遊休地を持っていて、売ろうか迷っている時に、マイスミEXなら様々な可能性を提示してくれます。

不動産売却 → マンションの売却価格査定
→ アパートの売却価格査定
→ 家(戸建て等)の売却価格査定
→ 土地の売却価格査定
土地活用プラン → マンション経営
→ アパート経営
→ 戸建賃貸
→ 駐車場管理
→ その他(高齢者介護施設・倉庫・工場・店舗等)
賃貸管理会社 → マンション管理
→ アパート管理
→ 戸建管理
→ 駐車場管理

多くの不動産一括査定サイトは不動産売却がメインですが、場所によっては簡単に売れませんし、家賃収入などの継続的な利益の可能性を手放すことにもなりかねません。

遊休地活用の、より多くの選択肢がわかるのは、ありがたいことですね。

マイスミEXのここを改善してほしい

マイスミEXの信頼性の高さ、3種類の査定ができるなどの使いやすさとメリットを紹介してきましたが、マイスミEXはまだ発展途上の不動産一括査定サイトと言えます。

他の大手不動産一括査定サイトと比べると物足りない面もあり、そこが改善されることに期待したいです。

提携不動産会社は一都三県が中心

マイスミEXの対象エリアは「全国対応」となっていますが、実際には東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県が中心です。

その他には、大阪、福岡、岐阜に店舗を持つ不動産会社もマイスミEXに登録していますが、対象外のエリアが多いと考えられます。

おうちダイレクトのように、最初から一都三県のみ対応、という不動産一括査定サイトもありますが、マイスミEXはその辺りの表記が中途半端に感じます。

もちろん、これから全国に登録会社を拡大していきたい、という意図はあるのだと考えられます。

なぜなら、株式会社じげんの他のサービスの、アルバイトEXや転職EXなどでは、全国対応しているからです。

ただ、しばらくの間は一都三県など、限られた地域にお住まいの方以外の利用価値は低いかもしれません。

提携不動産会社数が少なめ

上記とも関連していますが、マイスミEXの提携不動産会社数は約30社と少なめです。

1,000社以上と提携している他サービスと比較すると、物足りなく感じますね。もちろん、多ければ良いという訳ではありませんが、全国のエリアをくまなく対応するには、もっと多くの不動産会社があった方が安心です。

ただ、良質な不動産会社を集めるため、提携の際のチェックを厳しくしているとも考えられます。こちらも、今後に期待したいところです。

ネットでは良くない口コミも

ネットの口コミでは、必ずしも良い評判ばかりではないようです。

  • しつこい勧誘の電話がある・・・これは、不動産会社の営業担当に問題があります。ただ、その不動産会社をチェックするマイスミEXにも、改善の余地があります。
  • 一括査定しても、検索結果が少なかった(0件だった)・・・これは、提携不動産会社数の少なさがネックとなっています。検索でヒットしなければ、他の不動産一括査定サイトを利用しましょう。
  • 一括査定フォームへの入力が不便・・・あなたが検索したい物件に対応する不動産会社がないと、物件種別などの選択肢が表示されないです。この辺りは、アラート表示などでわかりやすくしてほしいですね。

これらに関しては、当たっている口コミもあるでしょうが、誤解に基づくものや、今後解決されるものもあります。

まとめ

マイスミEXは、運営会社の株式会社じげんがプライバシーマークを取得していることや、不動産売却査定だけでなく土地活用や賃貸管理の一括査定や資料請求ができることから、おすすめの不動産一括査定です。

ただし、提携不動産会社数の少なさや顧客サービスの質など、改善してほしいポイントもあります。逆に言えば、そこが解消されれば、マイスミEXは今後ののびしろが大きいと考えられます。

不動産を高く早く売却したいなら一括査定がおすすめ

不動産を高く、しかも早く売りたいなら、不動産会社に仲介を依頼する必要があります。しかし、不動産会社なら、どこに頼んでもいいわけではありません。

どこの不動産会社がよいかわからない女性

あなたの不動産を売却することが得意な不動産会社に売却を依頼することが成功のカギ

あなたが売却しようとしている不動産を得意とする不動産会社に依頼することが重要です。

不動産売却が得意か苦手かでこんなに違いがでる

そのような不動産会社は、不動産一括査定サイトを使えば効率的に探すことができます。

一括査定サイトを使ってあなたの不動産売却が得意な不動産会社を効率よく探そう

不動産の一括査定サイトは、自分の不動産情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に完全無料で査定を依頼することができます。

オンライン査定申し込み

一括査定サイトを使えば、自分が売ろうとしている不動産売却に強い会社を効率よく探すことができます。

納得のいく査定根拠を示してくれる不動産会社なら、不動産売却が得意な業者であると言ってもいいでしょう。

また、具体的な売却時期が決まっていなくても査定だけでもOKです。査定結果を見て、売却するか?しないか?を検討しても問題ありません。

一括査定サイトを複数利用することで効率的に高く早く売りましょう│組み合わせ紹介

一括査定サイトは、30サイト以上もあります。まともに稼働していないのを除いたとしても、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、不動産いろは編集部では、運営歴や利用者の評判などを加味して、信頼できる10サイトを厳選してお勧めしています。

不動産一括査定の超効率的な使い方

サイト名 メリット デメリット 対応地域 サービス
開始年
★★★★★
HOME4U(ホームフォーユー)
公式
サイトへ
・日本初の不動産一括査定サイト
・大手NTTデータグループの運営だから安心
・売却ノウハウ本を無料ダウンロードできる
・提携社数は多くない 全国 2001年
★★★★★
すまいValue
公式
サイトへ
・超大手だけに査定依頼できる ・中小の不動産会社との提携はない
・大都市に偏っている
全国(大都市) 2017年
★★★★★
おうちダイレクト
公式
サイトへ
・Yahoo!不動産への掲載
・売主の味方としてのエージェント制
・大都市に偏っている 全国(大都市) 2015年
★★★★★
イエウール
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・不動産会社ごとの専用ページがあり、特徴やアクセス、スタッフ紹介まで詳しく見ることができる。
・農地査定ができる
・運営歴が浅い 全国 2014年
★★★★★
イエイ
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・売却相談をメールor対面で可能
・不動産会社に代わりに断る「お断り代行サービス」がある
・査定後フォローをしてもらえる
・農地査定ができる
・運営会社が非上場 全国 2007年

不動産一括査定サイトの賢い使い方として、お住まいの地域に合わせて組み合わせて利用するのが一番です。

1つだけ不動産一括査定サイトを利用しても、地域によってベストな不動産会社が見つかるとは限りません。

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせて利用することで、ご自身の不動産売却にぴったりの不動産会社が必ず見つかります。

当サイトでは、以下の組み合わせがベストな選択だと考えてますので、ぜひ複数の不動産一括査定サイトをご利用ください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
すまいValue
公式 サイトへ
+
おうちダイレクト
公式 サイトへ
イエウール
公式 サイトへ
+
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
イエイ
公式 サイトへ
ポイント ポイント
大都市に強い「すまいValue」「おうちダイレクト」で売却に強い有名大手を網羅。「HOME4U」を加えることで中堅や地元の実力企業も候補に入れる。 地域によっては、提携不動産会社が少ない場合もあるため、提提会社数の多い3サイトを組み合わせたのがポイント。
★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみ
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

    ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
★★★★★

提携不動産会社数1,700社以上!

利用者数は1,000万人を突破!

  • 最大6社と一括比較ができる
  • 都会から田舎の物件まで査定可能
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 利用は完全無料

    ※「まずは情報収集から」「見積もりが欲しい」とお考えの方にお勧めです。
★★★★★

運営10年以上!安心の実績

主要大手から地域密着型まで網羅

  • 提携不動産会社数1,700社以上
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 専門知識を持つ相談員が常駐
    難しい税金や相続のことも相談OK!
  • お断り代行や査定後フォローあり

    ※不動産売却が初めての方、サポートを受けながら進めたい方に最適です。
 
ページのトップへ