> > 【2019年版】マンション売却 不動産会社ランキング

【2019年版】マンション売却 不動産会社ランキング

【2019年版】マンション売却 不動産会社ランキングのイメージ

マンション売却を成功させるカギは、「どの不動産会社を選ぶか」です。

しかし、不動産会社には、誰もが知る超大手企業から地元の人しかしらない小規模店までさまざま。しかも、それぞれの広告力や集客力、販売スキルや営業ルート、得意分野も異なるため、どう選べば良いのかわからないという声も。

実際、以下のように思ったことはありませんか?

  • マンション売却のための不動産会社選びってどうすればいい?
  • 名実ともに確かな大手業者を知りたい。
  • 大手と地域密着、どっちが良いの?
  • 売却活動に入る前に少し知識を付けておきたい。

このように思うなら、このページがおすすめです。

ここでは、マンション売却をするにあたり、あらゆる角度から見た不動産会社ランキングや業者紹介、比較について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【不動産会社トップ25】取扱高&仲介件数ランキング

日本国内に存在する不動産会社の数は、なんと12万社以上!

ここでは、そんな数ある不動産会社の中でもトップに君臨する25社をランキング形式で網羅します。

年間取扱高ランキング

No. 不動産会社 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
1 三井不動産リアルティ 1,273,153 1,424,320 1,482,126 1,568,074
2 住友不動産販売 1,065,681 1,065,654 1,193,044 1,257,507
3 東急リバブル 1,010,828 1,211,565 1,100,370 1,315,594
4 野村不動産グループ 710,980 713,574 745,147 800,739
5 三菱UFJ不動産販売 386,937 441,752 426,896 481,664
6 三井住友トラスト不動産 406,291 419,121 450,897 495,124
7 みずほ不動産販売 282,120 512,471 335,150 396,129
8 大京グループ 171,189 161,688 172,174 173,254
9 三菱地所リアル 675,788 195,137 308,884 234,366
10 大成有楽不動産販売グループ 134,950 147,688 170,281 162,876
11 住友林業ホームサービス 118,065 129,992 143,884 145,695
12 スターツグループ 91,259 103,899 120,339 120,739
13 近鉄不動産 87,561 93,903 99,459 101,788
14 東宝ハウスグループ 76,627 90,319 112,710 136,358
15 大和ハウスグループ 71,684 89,374 103,629 153,567
16 日本土地建物販売 72,123 90,405 94,599 91,184
17 東京建物不動産販売 67,788 90,272 84,430 116,056
18 長谷工リアルエステート 66,887 75,792 90,963 86,166
19 ポラスグルーブ・中央住宅 43,558 47,604 49,584 44,312
20 小田急不動産 35,499 39,716 55,052 48,128
21 すてきナイス 36,797 28,821 37,570 46,731
22 朝日住宅 25,536 26,554 29,159 27,376
23 京王不動産 23,854 23,750 27,408 27,062
24 京急不動産 14,086 17,907 18,975 24,167
25 相鉄不動産販売 19,185 19,931 19,290 18,421
 

出典:不動産近代化センター(不動産業統計集)


ペンギン生徒

知っている業者がたくさん!

アザラシ先生

やはり全国12万社ある不動産会社の中でも頂点に立つ会社だけあって、有名どころが並んでおるじゃろ。

年間仲介件数ランキング

とくに、トップ3の三井不動産リアルティ・住友不動産販売・東急リバブルの3社は、年間取扱高・仲介件数ともに他とは圧倒的な差をつけてランクイン。大手の中でも規模・実績ともに抜きんでていると判断することができます。

マンション売却、まずは大手から利用してみるのがおすすめ

マンション売却の理由のトップに入るのは、住み替えや資金調達のためなどです。実際、じっくり機をうかがって売るというよりも、○○までに早く高く売りたいという人の方が多いのではないでしょうか。

それなら、まずは大手から利用してみるのがおすすめ。
実績ある複数の大手に見積もり依頼をし、いつ、いくら程で売れるかを早めに把握しておくのが得策です。


ペンギン生徒

やっぱり大手は有名だし、安心感もありますね。

アザラシ先生

そうじゃな。大手は顧客数も多いからデータも豊富。相場観を知るためにも、大手複数社に依頼をするのは有効じゃよ。
大手の査定額を比較したいなら⇒すまいValueがおすすめです。

すまいValueだけで、取扱高、仲介件数トップ25に入る6社(三菱地所ハウスネット・野村の仲介・住友不動産販売・小田急不動産・三井のリハウス・東急リバブル)すべてに一括見積もり請求が無料でできます。

【不動産会社トップ10】手数料収入等実績詳細ランキング

ここでは、不動産会社の手数料収入や店舗数、1件あたりの平均物件価格、手数料率等、もう少し細かな実績に注目してみます。

No. 不動産会社 手数料収入 店舗数 平均物件価格/1件 手数料率 平均手数料/1件 平均手数料収入/1店舗
1 三井不動産リアルティ 800億円(3.5%) 281店(+3) 3,857万円 5.10% 197万円 2億8,469万円
2 住友不動産販売 663億円(8.3%) 266店(+6) 3,393万円 5.20% 178万円 2億4,924万円
3 東急リバブル 548億円(5.8%) 174店(+6) 5,389万円 4.10% 224万円 3億1,494万円
4 野村不動産グループ 316億円(4.5%) 83店(+5) 9,352万円 3.90% 369万円 3億8,072万円
5 三井住友トラスト不動産 202億円(6.4%) 72店(0) 6,284万円 4.00% 256万円 2億8,055万円
6 三菱UFJ不動産販売 194億円(11.6%) 45店(2) 8,362万円 4.00% 336万円 4億3,111万円
7 みずほ不動産販売 156億円(10.8%) 44店(−1) 9,348万円 3.90% 368万円 3億5,454万円
8 三菱地所リアルエステート 96億円(4.3%) 9店(0) 2億163万円 4.00% 826万円 10億6,666万円
9 大京穴吹不動産 79億円(−2.7%) 74店(+4) 2,545万円 4.50% 116万円 1億675万円
10 大成有楽不動産販売グループ 70億円(−6.0%) 39店(0) 3,822万円 4.20% 164万円 1億7,948万円

※各項目の()内は前期比。
※データは株式会社住宅新報社が調査した2017年4月~2018年3月の各事業者の決算より。

手数料収入・店舗数は、多くの不動産会社が前期に比べアップしていることから、業界全体が活性化していることが伺えます。順調に実績を伸ばしているこれら大手であれば、どこに依頼をしても間違いはないと言えるでしょう。

しかし、不動産会社にはそれぞれ得手不得手があります。

たとえば、9位の大京穴吹不動産は買取再販、6位の三菱地所リアルエステートは法人向け収益物件やオフィスビルの仲介、7位のみずほ不動産販売や5位の三井住友トラスト不動産は信託財産としての不動産活用をメインにしています。

個人のマンション売却のために大手を検討するのであれば、三井のリハウス(三井不動産リアルティ)や住友不動産販売、東急リバブル、野村の仲介(野村不動産グループ)などがおすすめ。店舗数も多く、ネットや資料だけではわかりにくいことも、気軽に専門家に相談することができます。

【不動産会社トップ10】中古マンション仲介業者ランキング

ここでは、中古マンションを売却するために参考にしたい仲介業者をランキング形式でご紹介します。

No. 不動産会社
1 三井不動産リアルティ
2 住友不動産販売
3 東急リバブル
4 野村不動産グループ
5 三井住友トラスト不動産
6 三菱UFJ不動産販売
7 みずほ不動産販売
8 三菱地所リアルエステート
9 大京穴吹不動産
10 オープンハウス

※2018年3月時点のデータ。

不動産会社には、あらゆるジャンルの物件を取り扱う総合系の会社もあれば、戸建て・土地、リゾート物件、投資用物件など、特定ジャンルのみを専門とする会社、地元に特化した業者などさまざまありますが、中古マンションの仲介業者ランキングを見ても、やはり上位は総合系大手業者が占めています。

大手は、そのネームバリューを生かした広告力や、”大手”という安心感があることから、やはりどの物件種を売ろうとしている人からも支持があります。

不動産会社 大手業者VS地域密着型中小を徹底比較

不動産業界においては、大手業者と地域密着型中小の違いというのはかなりはっきりとしていて、それぞれの強みやメリットを活かした棲み分けができています。

また、そこで働く営業マンのスキルや質にも特徴があります。

マンション売却は大手、となりがちですが、一旦ここでは大手業者と地域密着型中小の比較をしてみましょう。地域密着型中小には地域密着型中小の良いところがあります。比較してみると、「実は地域密着型中小の方が合うかも」ということもあるかもしれません。

大手 地域密着中小
対応エリア 都市部中心 都市部より郊外、地方
Web展開 得意 多くの不動産取引検討者が利用する自社ポータルサイトを持っていているところも多い。また、他ポータルサイトと連携して、大規模なネット戦略をするところも。 どちらかと言えば不得意 多機能、多情報なポータルサイトではなく、簡単な会社紹介サイトを持つ業者が多い。小規模店では、サイトそのものを持っていないことも。
独自の販売ルート あまり期待できない 期待できる その土地ならでは、その営業マンならではの販売ルートを持っている場合も。
取扱物件種 オールラウンド マンション、土地、戸建て、店舗・事務所用物件、投資用物件、リゾートマンションなど多岐にわたる。 マンション、土地、戸建てのみ、など限定的 店舗・事務所用物件や投資用物件の取り扱いはないところが多い。逆に農地や空き地の取り扱いが得意なところも。
プライバシー面 プライバシーマークを取得しているところも多く安心 大手に比べると不安も
コンプライアンス面 徹底しているところが多く安心 大手に比べると不安も
柔軟性 あまりない じっくり柔軟に対応してもらえることが多い
営業マンの質 均一的だが、入社早々の若手や実績のあまりない営業マンに当たることも ベテラン営業マンが多い

いかがでしょうか。
大手と地域密着型中小、どちらが悪くてどちらが良いということはありませんが、以下の項目にチェックが入る人は大手向き、一つも入らないという人は地域密着型中小向きと言えるでしょう。

 都心部、または地方でも都市部に売却希望マンションがある。
 Webを駆使した集客に期待したい。
 電話や書面よりもWeb上のやり取りの方がラク。
 物件種にこだわりなく、総合的に取り扱う業者を選びたい。
 売却にあたり、プライバシー面等気になる。
 売却まで、システマティックに効率的に進めてほしい。
 とくに営業マンにはこだわりがない。

大手、地域密着型中小、どちらも利用してみたいという方は、不動産一括査定サイトを使って、さまざまなタイプの業者に見積もり依頼をしてみましょう。その時の対応や見積内容等、実際に体験して比べてみると安心です。

不動産売却は大手VS地元どっちがいいの?メリット・デメリットを徹底比較

不動産売却を行う際は、不動産仲介会社に依頼するケースがほとんどだと思います。 不動産会社と一言で言っても、三井のリハウス・・・

2,853view

大手と地域密着型中小の両方を利用したい人におすすめの不動産一括査定サイト

大手と地域密着型中小の不動産会社を網羅した不動産一括査定サイトをご紹介します。それぞれ個性が異なるため、希望に近いところから選んで使ってみましょう。

各不動産一括査定サイトの特徴

大手NTTデータ運営の日本初不動産一括査定サイト。売却ノウハウ本を無料DLできる。
⇒HOME4U

提携社数1,800社以上は業界トップ。地方まで網羅。田舎物件の査定も可能。
⇒イエウール

提携社数1,700社以上。メール相談可。業者へのお断り代行サービスあり。
⇒イエイ

日本最大級不動産ポータルサイトLIFULLが運営。匿名査定あり。
⇒HOME’S

どこも利用は無料。複数の掛け持ち利用もOKです。

マンション売却におすすめ!不動産会社トップ25社の概要一気見せ

ここではマンション売却におすすめしたい不動産会社トップ25社のそれぞれの特徴を解説します。

1位:三井不動産リアルティ

1986年から32年連続でNo.1を誇る不動産業界の最大手。マンション売却を担うのは、テレビCMなどでよく知られる「三井のリハウス」。全国281店舗を展開しているため、気軽に直接専門スタッフに相談できる。大手専門不動産一括査定サイト「すまいValue」を運営するうちの一社。業界トップはぜひ押さえておきたい。

商号 三井不動産リアルティ株式会社
本社所在地 東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング9階
設立 1969年7月15日
資本金 200億円
従業員数 4,058名(単体)、4,957名(連結)(2018年4月1日現在)
参加する主な一括査定サイト ・すまいValue

2位:住友不動産販売

関西では三井不動産リアルティを上回る売却実績を誇る。問い合わせ時から広告戦略、契約からアフターフォローまで一貫して1人の担当者が付く「マンツーマンの営業体制」が好評。全国に270店舗と地域にも密着。三井不動産リアルティ同様「すまいValue」を運営するうちの一社。

商号 住友不動産販売株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿3丁目4番1号
設立 1975年3月1日
資本金 2,970百万円
従業員数 3,441名(2018年3月31日現在)
参加する主な一括査定サイト ・すまいValue
・マイスミEX

3位:東急リバブル

山口智充さんのCMでお馴染みの東急リバブル。
営業マンの宅建保有率が非常に高いことでも信頼を得ている。(通常1つの不動産事業所において、5人に1人の宅建保有者が必要と規定されているが、東急リバブルでは97%の営業担当者が保有)当初首都圏を中心とした店舗展開だったが、近年では地方にも順次進出している。上位業者同様、大手専門の「すまいValue」を運営する1社。

商号 東急リバブル株式会社
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号
設立 1972年3月10日
資本金 13億9630万円
従業員数 3,261名(連結3,323名)(2018年9月末現在)
参加する主な一括査定サイト ・すまいValue

4位:野村不動産グループ

高級マンション「PROUD」で知られる野村不動産グループ。売却を担当する野村の仲介+も好評だ。
2018年オリコン顧客満足度調査では、不動産仲介売却マンション・購入マンション・売却戸建てにおいて第1位を獲得。また、成約者特典も充実している。

商号 野村不動産株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号
設立 1957年4月15日
資本金 20億円
営業利益 76,660百万円
従業員数 1,921名(2018年4月1日現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・すまいValue

5位:三菱UFJ不動産販売

三菱UFJフィナンシャルグループの一角を担う。
金融系ならではのノウハウが強み。公式サイトからは、無料査定や相場調査はもちろん、物件やエリアごとの購入検討者を検索できるのが面白い。ただし、営業エリアは首都圏・名古屋・関西のみと限定的。

商号 三菱UFJ不動産販売株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビル
設立 昭和63年6月14日
資本金 3億円
従業員数 1,003人(2019年3月31日現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・リガイド
・リビンマッチ

6位:三井住友トラスト不動産

三井住友信託銀行グループ会社。
信託銀行独自の知識と情報を活かした投資用・事業用不動産の取引を得意とするが、首都圏・中部・近畿・中国・四国と幅広いエリアにて住まいの売却も展開している。売主向けの無料住宅設備修理サポートが好評だ。

商号 三井住友トラスト不動産株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田錦町三丁目11番1 NMF竹橋ビル
設立 1986年1月24日
資本金 3億円
従業員数 1038名(2019年4月1日現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・イエウール
・リガイド

7位:みずほ不動産販売

みずほフィナンシャルグループの一つ。
銀行系ゆえに、相続や資産形成という観点からの不動産取引を得意とする。推定売買相場価格・相場変遷グラフ・口コミ・販売履歴などの中古マンション情報を網羅した公式サイト「マンションライブラリー」が重宝する。また、売買初心者向けに、手順をわかりやすく解説した「住まいるガイド」を無料配布中。

商号 みずほ不動産販売株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋1–3–13 東京建物日本橋ビル
設立 1986年7月
資本金 15億円
従業員数 928名(2018年4月1日現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・イエウール
・リガイド
・リビンマッチ

8位:大京グループ

従業員は5,621名、事業は国内47都道府県すべて、海外は3か国に展開する巨大グループ。子会社には大京穴吹不動産、大京穴吹工務店、大京穴吹建設などが名を連ねていることから、不動産業務には圧倒的な強さが伺える。とくにマンション管理に定評あり。

商号 株式会社大京
本社所在地 東京都中央区日本橋1–3–13 東京建物日本橋ビル
設立 1960年7月1日(株式会社大京商事設立)
資本金 411億71百万円
従業員数 5,621名(2018年3月31日現在・連結)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U・HOME’S
・イエウール
・マンションNAVI
・イエイ
・リビンマッチ

9位:三菱地所リアルエステートサービス

三菱地所グループ。法人や個人資産家などの売買サポートを得意とする。狭小地や低稼働ビルなども引き受け可能。全国展開しているため、各地に散在する不動産の売却を一手に依頼することも可能。

商号 三菱地所リアルエステートサービス株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町1-9-2
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ11階
設立 1972年12月20日
資本金 411億71百万円
従業員数 582名(2018年4月1日現在)
参加する主な一括査定サイト ・すまいValue

10位:大成有楽不動産販売グループ

三菱地所グループ。法人や個人資産家などの売買サポートを得意意とする。狭小地や低稼働ビルなども引き受け可能。全国展開しているため、各地に散在する不動産の売却を一手に依頼することも可能。

商号 大成有楽不動産販売株式会社
本社所在地 東京都中央区京橋3丁目13番1号(有楽ビル)
設立 1953年4月1日
資本金 5億円
従業員数 553名(2018年4月1日現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・HOME’S
・イエウール
・マンションNAVI
・イエイ
・リガイド
・リビンマッチ
・マイスミEX

11位:住友林業ホームサービス

住友林業グループ。
住友林業のバックボーンと長年培われた住宅事業ノウハウを駆使した不動産取引をする。営業エリアは関東・中部・関西に特化しているが、近年店舗ネットワークを拡充中。エリア内に売りたい物件がある人には便利。

商号 住友林業ホームサービス株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿3-2-11 新宿三井ビルディング二号館11階
設立 1964年9月
資本金 4億円
従業員数 439名(2018年4月現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・HOME’S
・イエウール
・マンションNAVI
・イエイ
・リガイド
・リビンマッチ

12位:スターツグループ

不動産のみならず、金融・IT・広告・流通・高齢者支援・保育・ホテル・流通と幅広い事業展開で知られるスターツグループ。総合商社ならではのネットワークやソリューション提供ができるのが強み。

商号 スターツコーポレーション株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋 3丁目4-10
スターツ八重洲中央ビル
設立 1972年9月
資本金 110億3,948万4,667円
従業員数 8,035名(2018年4月末現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・イエウール
・イエイ
・リガイド
・リビンマッチ

13位:近鉄不動産

大阪に拠点を持つ近鉄不動産。
あの「あべのハルカス」を運営している不動産業者としても知られている。不動産事業は首都圏や中部地方にも拡大しているが、やはり関西エリアにおいて圧倒的な強さを持つ。マンションの物件情報を網羅した「マンションカタログ(公式サイト内)」が便利。

商号 近鉄不動産株式会社
本社所在地 大阪市天王寺区上本町6-5-13
上本町新歌舞伎座ビル(上本町YUFURA)
設立 1968年4月
資本金 12,090,000千円
従業員数 863名(2018年4月2日現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・イエウール
・イエイ
・リガイド
・リビンマッチ

14位:東宝ハウスグループ

不動産業に特化し、40年以上にわたり健全運営している優良企業。
営業エリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉に限定しているが、15社を展開し、関東における不動産流通を引率している。

商号 株式会社東宝ハウスホールディングス
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル25F
設立 1976年2月4日
資本金 1億2000万円
従業員数 425名(パート従業員含む)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・HOME’S
・イエウール

15位:大和ハウスグループ

大手ならではの全国に網羅されたネットワークを駆使したサービスが魅力。
住まいの売却に関しては「Liveness」が担い、査定から売却まで徹底したサポートが受けられる。一般的な仲介による売却のほかに、大和ハウスグループが直接買い取る制度も人気。販売活動を省略できるため、早期売却と周囲に知られない売却を実現できる。

商号 大和ハウス工業株式会社
本社所在地 大阪市北区梅田3丁目3番5号
設立 1955年4月5日
資本金 1,616億9,920万1,496円
従業員数 16,275名 (平成30年4月1日現在)
参加する主な一括査定サイト なし

16位:日本土地建物販売

創業60年を超える老舗。
「都市開発事業」「住宅事業」「不動産ソリューション事業」「資産運用事業」を柱として事業展開している。法人向けが主流だが、最近では一般不動産売却サイトに多数参加するなど、個人向けにも注力している。

商号 日本土地建物販売株式会社
本社所在地 東京都千代田区霞が関一丁目4-1 日土地ビル
設立 1947年8月
資本金 4億5,000万円
従業員数 602名
参加する主な一括査定サイト ・イエウール
・マンションNAVI
・イエイ
・リガイド
・リビンマッチ

17位:東京建物不動産販売

高級分譲マンション「Brillia(ブリリア)」で知られる東京建物不動産販売。
売却前のハウスクリーニングや修繕、設備保証や長期保証の付加など、物件の付加価値を最大化するサービスが魅力。少しでも高く売りたい人におすすめ。

商号 東京建物不動産販売株式会社
本社所在地 東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル
設立 1980年5月17日
資本金 43億円
従業員数 372名(2017年12月31日現在
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U

18位:長谷工リアルエステート

1994年設立と比較的新しい業者ながら、業界老舗・大手に並んでランクインした長谷工リアルエステート。長谷工グループのノウハウやネットワークを生かした売却を得意とする。業界初の最長10年の建物保証サービスを実施していることでも注目されている。

商号 株式会社長谷工リアルエステート
本社所在地 東京都港区芝 二丁目6番1号 長谷工芝二ビル5階
設立 1994年8月5日
資本金 100百万円
従業員数 398名(2019年3月31日現在)
参加する主な一括査定サイト ・イエウール
・マンションNAVI

19位:ポラスグルーブ・中央住宅

従業員数4,000名を超える巨大組織ポラスグループ。
店舗は埼玉・東京・千葉と限定的だが、22箇所展開し、仲介売買取扱件数は4,694件(2017年)にも上る。建物保証、設備保証も充実。売れない場合や急ぎの場合には、ポラスに直接売却する制度もあり。

商号 ポラスグループ
本社所在地 埼玉県越谷市南越谷1丁目21番地2(ポラス株式会社)
設立 2001年2月21日(ポラス株式会社)
資本金 4,000万円(ポラス株式会社)
従業員数 4,048名(グループ全体)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・HOME’S
・イエウール
・マンションNAVI
・イエイ
・リガイド
・リビンマッチ

20位:小田急不動産

約100社からなる小田急グループの一角。すまいValue参加。
小田急沿線に特化した不動産業を展開している。仲介業に関しては、小田急沿線各駅周辺に約20店舗を設置し、地域に特化。小田急沿線の中古マンションの売却にはぜひ利用したい一社だ。

商号 小田急不動産株式会社
本社所在地 東京都渋谷区初台1丁目47番1号
設立 1964年12月16日
資本金 21億4,000万円
従業員数 376名(2018年3月31日現在)
参加する主な一括査定サイト ・すまいValue

21位:すてきナイス

すてきナイスグループ。
不動産部門では、東京・横浜を中心に関東・中部エリアに住まいの情報ステーション「住まいるCafé」を設置し無料開放している。コミュニティスペースとしても使用可。売却に関しては、物件の付加価値を上げるサービスを提供。ルームクリーニング無料、最大1,000万円の保証等手厚いのが好評だ。

商号 すてきナイスグループ株式会社
本社所在地 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-33-1 ナイスビル8階
設立 1950年6月23日
資本金 220億6,920万円
従業員数 2,358名(平成29年3月31日現在)
参加する主な一括査定サイト ・イエウール
・イエイ
・リビンマッチ

22位:朝日住宅

関東と関西に特化して不動産業を展開。
一括査定サイトにも多数参加、各地に店舗を設置し、間口を広げている。
売却では、即時買取プランや買取保証プランが好評。東京建物不動産販売。
築25年以内のマンションなら、契約キャンペーン対象に。

商号 朝日住宅株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-8-1 新宿ビルディング 6階
設立 昭和61年12月
資本金 9,210万円
従業員数 130人(平成30年3月末現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・HOME’S
・イエウール
・マンションNAVI
・イエイ
・リビンマッチ

23位:京王不動産

京王沿線を網羅。地域に根差した不動産業をしている。
京王沿線に中古マンションを持っているならぜひ押さえておきたい一社だ。
瑕疵保証・設備保証もあるから安心。税務・法律相談もできる。

商号 京王不動産株式会社
本社所在地 東京都渋谷区初台1丁目54番2号 京王初台1丁目ビル
設立 1970年10月5日
資本金 2億円
従業員数 285名(2018年4月現在)
参加する主な一括査定サイト ・HOME4U
・イエウール
・リガイド
・リビンマッチ

24位:京急不動産

京急電鉄沿線信頼度NO1。
京急電鉄沿線に強く、顧客とは売る・買う・貸すの一生の付き合いを目指している。直接買い取りシステムや買取保証が充実。沿線のマンションを早く確実に売りたい人におすすめ。

商号 京急不動産株式会社
本社所在地 東京都港区高輪2-21-28(京急第3ビル)
設立 1958年9月30日
資本金 10億円
従業員数 130名(2016年3月31日)
参加する主な一括査定サイト ・イエウール

25位:相鉄不動産販売

創立100周年を迎えた相鉄グループのうちの1社。
相鉄沿線NO1の店舗数と集客力を誇る。
グループ会社や提携会社とのネットワークを駆使した販売戦略が可能。仮住まい不要の「住んだまま買取」など新しい売却スタイルも展開している。

商号 相鉄不動産販売株式会社
本社所在地 横浜市西区北幸二丁目9番14号
設立 1983年12月8日
資本金 1億円
従業員数 126名(2018年7月1日)
参加する主な一括査定サイト なし

【プチ知識】これからマンション売却をする人へ

マンション売却は不動産会社に任せておけば良い、という考え方もありますが、満足のいく売却をするにはやはり売手側もある程度の知識を持っておくようにしましょう。


ペンギン生徒

なぜ売手にも知識が必要なのですか?

アザラシ先生

それは業者都合で売却を進められないようにするためじゃよ。“自分は何も知らない売手ではないですよ” と不動産会社にアピールすることも時には必要じゃ。

ペンギン生徒

相手に警戒させる、ということですね。

アザラシ先生

そんな大げさなことではない。こちらも多少の知識があるとわかれば、業者も緊張感のある販売活動する。結果、満足のいく結果を得られやすいということじゃよ。

データから見えるマンション売却の傾向

マンション成約状況は新年から新生活が始まる春までの間がもっとも盛んになります。下記データからもわかるように、首都圏・近畿圏において、中古マンションの成約件数・㎡単価・平均価格ともに平成31年2月にかけて上昇しています。

他の時期について、昨年を通して見ると、夏季は下落傾向、年末にかけて徐々に上昇傾向になっていることがわかります。

首都圏・近畿圏中古マンション成約物件平均価格の推移
平成30年 平成31年
3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
首都圏 件数 3,819 3,237 2,785 3,317 3,139 2,303 3,244 3,096 3,225 2,987 2,667 3,484
㎡単価 52.11 52.04 51.07 51.9 52.13 52.1 51.39 50.57 50.82 52.41 51.46 53.25
平均価格 3,369 3,364 3,305 3,320 3,362 3,318 3,292 3,275 3,297 3,380 3,294 3,479
近畿圏 件数 1,740 1,571 1,331 1,537 1,469 1,089 1,503 1,579 1,495 1,492 1,160 1,733
㎡単価 31.8 31.7 31.4 32.4 31.8 31.4 32.8 32 32.1 32.6 34.4 34.9
平均価格 2,188 2,165 2,118 2,201 2,171 2,137 2,251 2,185 2,208 2,225 2,395 2,380

※公益財団法人 不動産流通推進センター「2019不動産業統計集」より

ただ、2019年以降は季節問わず中古マンションの売り手市場になる可能性も。

不動産経済研究所の「首都圏マンション市場動向」によると、
首都圏の供給戸数は2年連続で増加、価格動向では東京23区では平均価格が7,059万円、都下では5,246万円となっており、価格上昇は継続しています。これに連動し、中古マンションの価格も上昇しています。

つまり、今後中古マンションは高値が付きやすいと考えることができるのです。

市場の傾向
近年の動向としては、都心の新築マンションは高額で手が届かないため、新築なら埼玉や千葉などの都心周辺の郊外、都心なら中古マンション、という流れができています。近畿圏でも同様の傾向が見られます。

都心部に売りたい物件を持っている人にとっては今これからがチャンスと言えるでしょう。

大手不動産会社は”両手取引率50%超えが少なくない”という事実

不動産を早く確実に売るためには、できるだけ多くの人の目に物件情報が触れることが重要です。

そのため、知名度を生かした集客力を期待できる大手がベストだと考えがちです。

もちろんこれでOKです。しかし1つだけ知っておいてほしいことがあります。
それは、大手では「両手取引率50%を超える業者が少なくない」ということです。

両手取引自体は違法ではありませんが、顧客の多い大手では、意図的に両手取引に持ち込むために囲い込みをしている可能性も少なからず考えられます。

もし囲い込みをされていたとしたら、業者にとって都合の良い買い手が見つかるまで情報を隠蔽されているわけですから、売手にとっては大きな損失となります。

もしかすると早期高値で売れる機会を逃してしまうことになるかもしれません。

そうならないためにも、不動産会社を選ぶときには、実際に見積もり請求などをして企業に直接接触し、質問をして実際の反応を見ることです。

「両手取引をしていますか?」と実際にストレートに聞いてみるのもありです。

また、両手取引しない業者を選ぶのも一つの方法。ソニー不動産なんかは、片手仲介で100%お客様の味方をすると公言しています。

ソニー不動産が唯一参加する不動産一括査定サイトおうちダイレクトであれば、片手仲介公言のソニー不動産と一般的な不動産業者の両方に一度に査定依頼ができるので便利です。

おうちダイレクトが超便利

マンション売却のために「どの不動産会社を選ぶか」は漠然と考えるととても難しくなります。うまく業者を見つけて情報を集めるためには、まず何を重視するかをまとめてみてください。ネームバリューや実績、広告力なら大手、特定エリアに特化したきめ細やかなサービスなら地域密着型中小などをポイントにしながら整理しましょう。

重視するポイントが定まれば、それを軸に不動産一括査定サイトを使って見積もり依頼をしてみてください。具体的な数字や業者の対応を見ることで、より希望に合う一社を見つけやすくなります。

不動産を売却するなら不動産一括査定サービス

不動産を高く売却するなら「不動産一括査定サービス」がお勧めです。

不動産一括査定サービスって何??

あなたの売却予定不動産の物件情報と個人情報を入力することで、入力情報を元に不動産会社が自動で抽出され、複数の不動産会社に一括で査定が行うことができるサービスです。

  • 大手から地域密着まで売却査定数が累計35万件の「HOME4U」
  • 誰もが知っている超大手6社に依頼できる「すまいValue」
  • 【1都3県or大阪】売り手専門のソニー不動産がヤフーと組んだ「おうちダイレクト」
1位

HOME4U

★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • m
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみの
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

  • ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
 
ページのトップへ