> > 不動産を売却する人が抱えやすい3つの悩みとシンプルな解決方法について

不動産を売却する人が抱えやすい3つの悩みとシンプルな解決方法について

不動産を売却する人が抱えやすい3つの悩みとシンプルな解決方法についてのイメージ

家や土地を売ろうと思ったとき、以下のようなお悩みを抱えてはいませんか?

  • 売却できるかどうか心配
  • 今度ちゃんと支払っていけるかどうか不安
  • 現状で売却手続きはできるのか

不動産売却は、フリマアプリのように服やゲームに値を付けてスマホで売ればいいという単純なやり取りではなく、書類の準備や納税、売却スケジュールの調整など様々な手続をこなしていかなければいけません。

しかし、複雑に感じる不動産取引も悩みをきちんと整理していけば、実は簡単に解決できるとご存知でしたか?

このページでは、不動産を売却する人が抱えやすい3つの悩みとシンプルな解決方法について紹介します。不動産売却に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてください。

不動産売却で悩む人の特徴3つ

不動産売却に不安を感じている人の多くは「売り方」「返済」「売却準備」の3種類の悩みを抱えています。

まずは不動産売却で悩む人の特徴とその悩みに軽減させる対策について、それぞれ解説していきます。

1.不動産売却プランを立てていない

売却プランとは「いつまでに家を売りたいか」「誰に売りたいか」など、売却方法や期限を決めることです。

悩みを解消できない人の多くは、不動産の売り方を工夫しない、または売りに出せばいつかは売れると思っている傾向があります。さらに不動産は立地や用途を見ながら戦略を立てていかなければいけません。

さらに個人に売るのか業者に売るのかによっても、売却プランが大きく左右されることを理解しておきましょう。

住宅ローンや税金の支払いに不安を抱えている

ローン残債や納税時期に不安を抱えている人は、支払い計画を立てていない傾向があります。

たまたま出品した時期がよく、偶然にも買い手がついたというケースは非常に稀であり、いつ起こるかわからないチャンスを待っていてはいつになるかわかりません。

希望金額で売るために売却戦略は必須であり、完済に向けて早めに資金計画を立てることが必要です。

所有不動産を売却できる準備が整っていない

家も土地も所有権者でなければ売却手続きはできません。

共有名義で相手の了承を得ていなかったり遺産分割協議が整っていなかったりする場合は、まだ売却できる段階ではありません。このような場合は、売却するために権利者同士で話し合いを行う必要があります。

権利や名義の話となると素人同士での解決は容易ではありません。
現状を解決するためにどの専門家を頼ればいいのか確認していきましょう。

状況に合った専門家の選び方についても、このページで紹介しています。
悩みに応じて頼るべき専門家は誰なのか参考にしてください。

不動産売却よくある悩みとは?ケース別に疑問と対策を紹介

不動産売却でお悩みの人は、具体的にどんな不安を抱えているのでしょうか。

ここからは不動産を売る時に多くの人が直面する「よくある悩み」と「解決策」をジャンル別にピックアップしました。実際に売却するときの参考にしてください。

【売り方に関する悩み】こんなときどうやって不動産を売却すればいいの?

まずは売却方法に関連する悩みからみていきましょう。

期間内に売れなかったらどうすればいいの?

「1年以上売れ残ってしまう」というような想定した期間内に売却ができなかった場合は、価格の見直しや不動産会社を変更するなど、売却プランの変更をしていきましょう。

相場よりも価格が高すぎることや、仲介不動産の売却方針が合っていないと売れ残ってしまう可能性があります。また一時的に売却をストップして繁忙期を狙うなど、売れない場合に打ち出す売却戦略もあります。

また転勤や介護により「とにかく一刻も早く売却したい!」という場合には、不動産会社にそのまま買取ってもらうことも可能です。

住んでいないもしくは住みながら売却できる?

「遠方に住んでいるけど大丈夫?」「住みながら家を売ることはできる?」と売却時の売主の所在地に悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、売主の所在地に関わらず家を売却することは可能です。

売却後にゆっくり家を探したい人や一時的に実家に戻って暮らすという人もいます。また地方にある親の家や空き家を売りたい場合にも、該当地域の不動産会社に売却を依頼が可能です。

売却前にリフォームした方がいいの?

「築古物件はリフォームした方が高く売れる?」「雨漏りなど傷んでいる部分だけでも直した方がいい?」築年数が経過した場合や損傷が激しい場合、売却前にリフォームを検討する人もいるのではないでしょうか。

しかしリフォームは必ずしも必要ではなく、場合によってはリフォーム代が回収できないケースもあります。またリフォーム目的で物件を探しにくる買主もいるため、まずはそのままの状態で不動産会社に売却相談を持ち掛けてみましょう。

家によってはリフォームではなくハウスクリーニングを掛けた方がいいケースもあります。
まずは専門家にアドバイスをもらってから考えてみてください。

売り時や売却方法が全くわからない

「何から始めればいいのかわからない」「いつ売り出せば成功する?」不動産売却は一生のうちに何度もあるわけではないため、このような悩みを持つことは、むしろ自然なことです。

何から手をつければいいのか分からない場合は不動産会社探しから始めましょう。気になる方は不動産会社に問い合わせたり、一括査定サイトで相場から業者を選択したりする方法があります。

どんな書類が必要なのかわからない

「売却に必要な書類は何?」「家の権利証がないときは?」不動産売却では所有権者や不動産情報が明記された書類がいくつか必要です。

しかしどんな書類を用意すればいいのか、または必要だと思われる書類がないなど、書類の揃え方について不安を抱える人もいます。

どのように売却していくかによって必要な書類が異なっていたり、または再発行可能なケースもあります。まずは売却プランを立て、その売り方にはどんな必要な書類か確認していきましょう。

【支払いに関する悩み】ローンや税金を支払いはどうしたらいいの?

続いて、住宅ローンや納税など支払いに関する悩みを紹介します。

売却しても住宅ローンを完済できないかもしれない

住宅ローン残債がある場合は抵当権がついているため家を売ることはできません。

しかし、このような場合でも、「売却金や預金で完済する」「住み替えローンを組む」「任意売却する」のいずれかの方法を選択すれば売却が可能です。

経済状況によって適切な方法は異なりますが、支払い方法にお悩みの場合は、まずは金融機関に行き返済方法の変更を申し出る必要があります。

譲渡所得税の取得費の計算方法は?

不動産を売り利益が出た場合は、譲渡所得税がかかります。
この譲渡所得税は以下の式によって算出されます。

譲渡取得税=譲渡価格-(取得費+譲渡費用)-特別控除

ちなみに、取得費というのは、「売った土地や建物を買い入れたときの購入代金」という意味です。ただし取得費は建物の劣化に応じ減価償却費が控除されること、また仲介手数料も取得費として加算されることを覚えておきましょう。

ちなみにマイホームを売却した場合は、住んでいた年数によって税率が控除される特例措置もあります。

【現状に関する悩み】売却できる状況かどうか知りたい

今度は、売却できるかどうか判断できない人の悩みについてみていきましょう。

敷地内に隣家の物がある

敷地内に隣家の塀や堀など越境物があったり、地中に隣家の下水配管が通っていたりするような場合は、売却前に越境について話し合いが必要です。

土地を売却する場合、測量士立会いのもと近所の人と確定測量という境界確認を行います。

このとき越境物があると判断された場合には、越境しないよう撤去してもらうか、今後越境物を撤去してもらえるよう覚書を取り交わすのが一般的です。

越境物を曖昧にしたままだと売却後に買主から損害賠償請求される可能性があるので、
売却前にきちんと確認しておきましょう。

売却と賃貸はどちらにすればいいか迷っている

売却か賃貸かでお悩みの場合は双方の利益計算をしてみましょう。

売却した場合と賃貸に出した場合の収益を想定し、長期的にみてどちらがお得になるのか算出してみてください。知識もない素人が利益勘定するのは容易ではありません。この場合は、売却と賃貸に関して詳しい不動産会社に依頼し査定額を算出してもらいましょう。

共有名義でも売却できるのか

夫婦や兄弟の共有名義になっている場合、共有者全員の同意がなければ売却はできません。

区分所有法という法律では、共有名義の場合自己の取り分に関してのみ売却が可能ですが、不動産を切って売ることは不可能です。離婚や喧嘩などで話し合いが困難な場合でも、できるだけ売却に向けて共有名義者と話し合うことが大切です。

もし話し合いできるような状況でない場合には、法律の専門家を頼ることも検討しましょう。

買主が信用できない

「買主が代金を支払ってくれるか不安」「契約前に逃げられそう」など買主の素性や動向に不安を抱いている場合は、気軽に契約を破棄できないよう特約をつけてもらいましょう。

買主が意味もなく契約を破棄できないようにするためには、「手付金を払ってもらう」「損害額別途請求条項を取り交わす」という方法があります。

名称 内容 効果
手付金 20%程度を支払ってもらう 買主が契約を破棄した場合は売主が手付金をもらえる
損害額別途請求条項 違約金以上の損害賠償請求ができる 不当に契約を取り消された場合、違約金を超える実害分を請求できる

このように契約時に買主に責任を負わせることで、理由もなく契約を解除できないように仕向けることが可能です。

劣化があるため瑕疵担保責任を追及されたくない

築年数が経過していたり気になる損傷部分があったりする場合、売主責任を問われることに恐怖を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

売却した物件に買主が気づかなかった損傷があった場合、売主は瑕疵担保責任という修繕責任を負わなければいけません。これは法律で定められており、「責任を負わない」と約束はできません。

「修繕責任なんて負えない」という場合には、既存住宅売買瑕疵担保保険という瑕疵が見つかった場合に保険金が下りるサービスがあります。既存住宅売買瑕疵担保保険は売却した物件に損傷があった場合に保険金がおりるシステムです。

もし瑕疵担保責任に不安を抱えていたら既存住宅売買瑕疵担保保険を検討してみてください。

悩みを解消しながら上手に不動産を売却する方法

不動産売却には様々な業者がお互いに協力しあって売買を進めています。ここまで紹介してきた悩みを解決するためには、それぞれの悩みごとに頼る専門家を選んでいきましょう。

確実な売却プランを立てるなら不動産会社に現状調査を依頼

個人で売却プランを練るよりも、不動産会社に相談し売却戦略を考えてもらう方が現実的です。

「早く売りたい」「住ながら売りたい」など不動産会社に現状と要望を伝え、売却プランを考えてもらいましょう。プロのアドバイスではこれまで考えもつかなかったようなアイデアを提案してもらえるかもしれません。

売却すると決まっていない段階でも売却相談が可能です。
不動産会社を訪問しにくい場合は、相談イベントを活用してみましょう。住宅メーカーではイベント時に売却相談を行っているところもあります。相談しやすいタイミングを探してみてください。

売却でローンを完済したいなら査定額に基づいた返済計画を立てよう

所有不動産の価格を知れば完済までの計画が立てやすくなります。
もし完済できそうにないないときは、住み替えローンを組んだり任意売却を検討したりするなど、他の支払い計画も立ててみましょう。

不動産会社によって戸建売却が得意だったりマンション売却が得意だったりと、それぞれ業者にも強みがあります。所有不動産の特徴を知り、上手に売却してくれそうな不動産会社を選んでいきましょう。

売却前のトラブル回避のためには法律の専門家に依頼を検討

不動産売却で家族内や近隣トラブルが発生しそうなときは、自己解決しようとせずに速やかに専門家を頼りましょう。

隣家から越境物があったり共有名義者の同意が得られなかったりするなど、不動産売却にはトラブルがつきものです。現状解決しないまま売却を進めると、今度は買主との間でトラブルが発生する可能性もあります。

共有名義や権利に関する悩みであれば弁護士、登記に関する悩みは司法書士というように、現状解決してくれる専門家を上手に活用してみてください。

まとめ

手続きが複雑化している不動産売却では、多くの人が様々な悩みを抱えています。
とくに売却に関しては売却後の生活を考慮しなければいけないため、より慎重な行動が求められるでしょう。

ただし、これらの悩みは売却プランを立て返済計画を練ることで不安が少しずつ軽減されるでしょう。また不動産の所有権に関しても法的な手続きを取り、順を追って問題を解決してみましょう。

このような悩みは、法律相談してみたり不動産会社へ査定を依頼してみたりすることで、解消することもできます。ここまで紹介してきた対策法を参考にしながら、解決の糸口を見つけるために一歩踏み出してみてください。

不動産を高く早く売却したいなら一括査定がおすすめ

不動産を高く、しかも早く売りたいなら、不動産会社に仲介を依頼する必要があります。しかし、不動産会社なら、どこに頼んでもいいわけではありません。

どこの不動産会社がよいかわからない女性

あなたの不動産を売却することが得意な不動産会社に売却を依頼することが成功のカギ

あなたが売却しようとしている不動産を得意とする不動産会社に依頼することが重要です。

不動産売却が得意か苦手かでこんなに違いがでる

そのような不動産会社は、不動産一括査定サイトを使えば効率的に探すことができます。

一括査定サイトを使ってあなたの不動産売却が得意な不動産会社を効率よく探そう

不動産の一括査定サイトは、自分の不動産情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に完全無料で査定を依頼することができます。

オンライン査定申し込み

一括査定サイトを使えば、自分が売ろうとしている不動産売却に強い会社を効率よく探すことができます。

納得のいく査定根拠を示してくれる不動産会社なら、不動産売却が得意な業者であると言ってもいいでしょう。

また、具体的な売却時期が決まっていなくても査定だけでもOKです。査定結果を見て、売却するか?しないか?を検討しても問題ありません。

一括査定サイトを複数利用することで効率的に高く早く売りましょう│組み合わせ紹介

一括査定サイトは、30サイト以上もあります。まともに稼働していないのを除いたとしても、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、不動産いろは編集部では、運営歴や利用者の評判などを加味して、信頼できる10サイトを厳選してお勧めしています。

不動産一括査定の超効率的な使い方

サイト名 メリット デメリット 対応地域 サービス
開始年
★★★★★
HOME4U(ホームフォーユー)
公式
サイトへ
・日本初の不動産一括査定サイト
・大手NTTデータグループの運営だから安心
・売却ノウハウ本を無料ダウンロードできる
・提携社数は多くない 全国 2001年
★★★★★
すまいValue
公式
サイトへ
・超大手だけに査定依頼できる ・中小の不動産会社との提携はない
・大都市に偏っている
全国(大都市) 2017年
★★★★★
おうちダイレクト
公式
サイトへ
・Yahoo!不動産への掲載
・売主の味方としてのエージェント制
・大都市に偏っている 全国(大都市) 2015年
★★★★★
イエウール
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・不動産会社ごとの専用ページがあり、特徴やアクセス、スタッフ紹介まで詳しく見ることができる。
・農地査定ができる
・運営歴が浅い 全国 2014年
★★★★★
イエイ
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・売却相談をメールor対面で可能
・不動産会社に代わりに断る「お断り代行サービス」がある
・査定後フォローをしてもらえる
・農地査定ができる
・運営会社が非上場 全国 2007年

不動産一括査定サイトの賢い使い方として、お住まいの地域に合わせて組み合わせて利用するのが一番です。

1つだけ不動産一括査定サイトを利用しても、地域によってベストな不動産会社が見つかるとは限りません。

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせて利用することで、ご自身の不動産売却にぴったりの不動産会社が必ず見つかります。

当サイトでは、以下の組み合わせがベストな選択だと考えてますので、ぜひ複数の不動産一括査定サイトをご利用ください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
すまいValue
公式 サイトへ
+
おうちダイレクト
公式 サイトへ
イエウール
公式 サイトへ
+
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
イエイ
公式 サイトへ
ポイント ポイント
大都市に強い「すまいValue」「おうちダイレクト」で売却に強い有名大手を網羅。「HOME4U」を加えることで中堅や地元の実力企業も候補に入れる。 地域によっては、提携不動産会社が少ない場合もあるため、提提会社数の多い3サイトを組み合わせたのがポイント。
★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみ
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

    ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
★★★★★

提携不動産会社数1,700社以上!

利用者数は1,000万人を突破!

  • 最大6社と一括比較ができる
  • 都会から田舎の物件まで査定可能
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 利用は完全無料

    ※「まずは情報収集から」「見積もりが欲しい」とお考えの方にお勧めです。
★★★★★

運営10年以上!安心の実績

主要大手から地域密着型まで網羅

  • 提携不動産会社数1,700社以上
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 専門知識を持つ相談員が常駐
    難しい税金や相続のことも相談OK!
  • お断り代行や査定後フォローあり

    ※不動産売却が初めての方、サポートを受けながら進めたい方に最適です。
 
ページのトップへ