> > 不動産を売却する最適な時期とタイミングとは

不動産を売却する最適な時期とタイミングとは

不動産を売却する最適な時期とタイミングとはのイメージ

マンション、一戸建てなどの中古住宅を売却したいけど、最適なタイミングはどの時期なの?とお悩みの方も多いはずです。

そこで、不動産を売却する最適な時期とタイミングを解説します。 このページをご覧の方は、不動産を売却して終わりという方は少ないはずです。

  • 住宅ローンが残っているので需要の見込める時期になるべく高くで売却したい。
  • 買い替え希望であり物件購入も控えているのでベストな価格で売却したい。
  • 投資用マンションの損切をしたいが、損失を最小限に抑えたい。
  • 親の家を相続したが、住まないので需要が多いベストなタイミングで売りたい。

ペンギン生徒

不動産を売却するベストな時期とタイミングで大切なんですね?

アザラシ先生

そうなんじゃよ!実は売り時がとても重要なんじゃよ! タイミングを逃すと不利な条件で売らざるを得ないのでな。 このページをじっくり読んで欲しいものじゃよ。

不動産を売却すると一言で言っても、事情は異なるものの、「最適な時期とタイミング」を知りたい。皆さん共通の関心毎だと思います。

そこで、「季節需要」「築年数」「税制」「市況」から見た不動産を売却する最適な時期とタイミングについて解説します。

季節需要から最適な不動産売却のタイミング

マンション市場や戸建て市場には、1年を通して、売却に最適な時期があります。

それは、「人」が動くタイミングです。では、人が動くタイミングとはいつなのでしょうか?

年始から翌年3月末頃までの入学時期前を狙う

以前ほど、子供の入学時期という理由だけで、新居に移る人は多くないように思いますが、昔から1年を通して、年始から翌年3月頃末までが不動産市場が活発になります。

子供の入学や進級はもちろん、4月からの人事異動もあります。 つまり、買主にとって4月から新しい新生活を始めたいはず。

4月から新しい住宅で生活するためには、いつまでに中古マンションなどの物件引き渡しが完了していなければならないのでしょうか?

以下の月別の中古マンション成約件数推移と月別の一戸建て成約件数推移をご覧いただきたいのですが、マンション、一戸建てともに3月が最も成約件数が多いのがわかります。

不動産売却が最も適した時期は、2~3月。

アザラシ先生

とにかく人が動く時期は売るのに最適な時期なのじゃよ。これから解説する人事異動の時期も狙い目じゃよ。

人事異動が多い7月から9月末頃までを狙う

次の波は、企業の人事異動の時期です。いつ辞令が出るのか、7月に入ると仕事そっちののけで、異動の話題でもちきりだった方も多いのではないでしょうか。

7~10月は、夏から紅葉シーズンは不動産市況が活発化します。

一般企業で転勤時期が多いのは、7月、10月頃ではないでしょうか。

ポイント
次に狙い目な時期は、7~10月。

不動産売却が適さない時期もあります

逆に新築中古に関係なくマンション、一戸建てなどの住宅はもちろん、不動産売却で売りにくい時期があります。それが、8月です。

現役時代、「不動産会社の上司からまとまった休みを取るなら8月にしなさい。」とよく言われたくらい「8月は悲しいくらい暇でした。」

8月は極端に不動産取引が少ないことを頭の中に入れておけば、「売れないのは金額が高いから・・・もっと下げた方がいいのも・・・」といった疑心暗鬼に陥らなくても済みます。

「8月は、季節的にも売買が成立しづらい。」ぜひ、覚えておいてください。

季節需要から最適な売却時期まとめ
・最も需要が見込める時期が年始から翌年3月末頃
・人事異動を狙うなら7月から9月末頃
・最も売りづらいのが8月

築年数から最適な不動産売却タイミング

2つめのタイミングが築年数です。以下はマンション価格と一戸建ての築年数別の㎡単価の推移を表しています。

一戸建てについては、土地建物込みの総額を建物面積で割って、㎡単価で表示しています。

築年数から見た売却タイミング

一戸建てに関しては、築15年程度までは、10%程度の下落ですが、築15年を経過すると下落が急激に大きくなります。

築20年を超えて超えてくると緩やかな下落になります。

一戸建てと一言で言いましても木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造など工法によって耐用年数は異なりますが、私の経験上、一戸建ては築20年を超えると一気に不利になります。

一方、マンションは大規模修繕が発生する築15年を経過する頃に大きく下落しています。

なぜかと言いますと、買主が購入しやすい築年数があるからです。 「長期ローンが組みやすい築年数」「税制で有利な築年数」この2つがあります。

長期ローンが組みやすい築年数

「長期ローンが組みやすい築年数」ですが、木造一戸建ての場合、築年数20年で建物としての価値はゼロとなります。

特に住宅ローンの返済期間は、築年数によって決まります。

その結果、返済期間が短くなり、毎月の返済額が増えます。

結果、購入希望者が住宅ローンの審査に通過しても、担保価値が付かないため、返済期間が制限され、35年の長期ローンが組めなくなります。

税制で有利な築年数

中古一戸建ても住宅ローン控除が受けれる条件として

床面積が50㎡以上
  • 築20年以内の非耐火建築物(木造、軽量鉄骨造などの住宅)
  • 築25年以内の耐火建築物(鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの住宅)

特に木造戸建ての場合は、20年がローン控除を受けられる一つの目安となります

マンションは耐火建築物となるので築25年以内ならローン控除の対象となります。

築年数から見た売却タイミングまとめ

一戸建ては、築15年以内が売り時です。

逆に言うと築20年以上なら建物価値はなく土地価格での取引となるため、いつ売却しても良いことになります。

よく「リフォームしてから売った方がいいですか?」とご相談を受けますが、 建物価値が無いのに、リフォーム自体に価値がないことをご理解いただけますでしょうか?

マンションは、大規模修繕前の築10年以内が売り時です。

マンションは、新築時に販売コストが上乗せされた価格で分譲されるため、築5年以内で2割程度下落します。

また大規模修繕が発生する築15年頃を境に大きく下落します。

築20年を超えると価格がある程度一定になります。従って、20年目以降はいつ売却しても良いと言えます。

税制から最適な不動産売却のタイミング

次のタイミングは税制です。税制とは言っても所有期間によって、納めるべき税金が大きく変わります。

個人が不動産を売却して譲渡所得(売却益のことです)が発生すると譲渡所得税と住民税がかかります。

この税金は所有期間によって、税率が大きく変わります。

居住用

所有期間 所得税 住民税
5年以下 30.63% 9%
5年超 15.315% 5%
10年超(居住用不動産のみ) 課税譲渡所得6,000万円以下の部分 10.21% 4%
課税譲渡所得6,000万円超の部分 15.315% 5%

上記税率には、復興特別所得税として2.1%の所得税が上乗せしています。

税制からのタイミングとして、売却益が発生する場合は、所有期間5年超のタイミングでの売却をお勧めします。

ただし、売却益が発生する場合でも、居住用財産の場合、「3,000万円特別控除」が適用されるため、所得税と住民税が発生する可能性が少なくなります。

非居住用

所有期間 所得税 住民税
5年以下 30.63% 9%
5年超 15.315% 5%

投資用物件などのワンルームマンションや収益物件などの非居住用型の不動産売却においても5年を超の所有期間を意識してください。

市況から最適な不動産売却のタイミング

日本の不動産市場は新築偏重のため、中古物件の流通促進施策が諸外国よりも遅れている印象です。

正直、個人の力ではどうにもならないものの、マンション価格や戸建て価格の下落につながる問題を抱えています。

2020年問題

東京オリンピック開催に向けてマンション市況は活発なものの、オリンピックが終了と同時に、タワーマンションなどの価格が値崩れする・・・と言われています。

私の個人的な見解になりますが需要の見込める東京都内のエリアなどは下落に心配はないと思いますが、タダでも売れない物件が今後発生してくる可能性があるのではないかと考えています。

それは首都圏郊外にある築年数が数十年以上で、「管理費の滞納」「空き家が目立つ」「修繕積立金が不足」やがて共用廊下の電気さえ消え始める物件です。

住民の高齢化も深刻です。その場合、マンションの価値が付かない恐れがあります。不動産会社に査定依頼しても「タダでも売れない。」可能性も否定できません。

2022年問題(生産緑地)

あなたがお住まいの地域にも「生産緑地」と書かれた農地や畑があると思います。

「生産緑地」は固定資産税や相続税の面において1992年から30年間優遇されていました。しかし、2022年に優遇措置も終わり、今まで「農地」だったのものが「宅地」として大量に市場に出てくることを指します。

この生産緑地ですが、

  • 東京23区で東京ドーム95個分
  • 東京都内で東京ドーム712個分
  • 3大都市圏では東京ドーム2,920個分

総面積があまりにも広すぎます。

これだけの土地が宅地として放出されたら、マンションや一戸建てなどの不動価格が下がる可能性が高くなります。

2025年問題(少子高齢化)

団塊の世代(1947年~1949年に生まれた方)が2025年には75歳以上となり、日本では3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢化社会とります。

例えば、生活の拠点が東京にある方で、地方の親の家を相続しても、そこに住む理由は限りなく少ないはずです。

そんな中古物件がどんどん増えることで不動産価格が値崩れします。

元不動産マンが解説。迷ったらこのタイミングで不動産売却しよう

色々、解説しましたが、まとめますと

まとめ
  • 築15年以内の物件を季節需要が見込める時期を狙う。
  • 時期は、「年始から翌年3月末頃」か「7月から9月末頃」がお勧め。

というのが結論です。 最後の市況は、日本が抱えている構造的な問題ですので、われわれ個人の力ではどうにもならないことですので、解説しようか迷いました。

しかし、不動産売却において重要なことですので、あえて紹介しました。

最適な売却時期から逆算した販売スケジュールをお教えします

需要が見込みえる時期がわかりましたら、マンションや一戸建てなどの引き渡しから逆算してスケジュールを作る必要があります。

上記のスケジュールで活動するのですが、最も期間が必要になってくるのが、販売活動です。

媒介契約契約を結んだ不動産業者の力量が無いため、希望時期に売れなかった。あるいは、毎週末オープンハウスをしているものの、内見希望者がほとんど現れなかった。

不動産売却において、相場に近い適正価格で販売活動をすれば2~3ヶ月以内で売買契約を結べる購入者が現れます。

例えば、季節需要で解説した子供の入学や人事異動から「人」が動くタイミングで、物件を引き渡しするためには

  • 3月末までに引き渡しを終わらせたいなら 前年12月上旬には、売却準備を始める必要があります。
  • 9月末までに引き渡しを終わらせたいなら 6月上旬には、売却準備を始める必要があります。

※引き渡し後、買主側のリフォーム期間を考慮するなら、更に1ヶ月前に売却準備を始める必要があります。

しかし、「需要の見込める物件であっても売り出し価格が相場よりも明らかに高い。」もしくは、「不動産仲介会社の力量不足。」ですとまとまる話もまとまりません。

宅地建物取引士監修者コメント

高田 浩行
不動産も他の物と同様に需給バランスで価格が決まります。需要が多い時期に、適正価格で売りに出すことが大切です。また、小まめに掃除や手入れをされてれば、多少古くても売れますので、日頃のお手入れも大切です。

宅地建物取引士:高田 浩行の詳細

不動産を高く早く売却したいなら一括査定がおすすめ

不動産を高く、しかも早く売りたいなら、不動産会社に仲介を依頼する必要があります。しかし、不動産会社なら、どこに頼んでもいいわけではありません。

どこの不動産会社がよいかわからない女性

あなたの不動産を売却することが得意な不動産会社に売却を依頼することが成功のカギ

あなたが売却しようとしている不動産を得意とする不動産会社に依頼することが重要です。

不動産売却が得意か苦手かでこんなに違いがでる

そのような不動産会社は、不動産一括査定サイトを使えば効率的に探すことができます。

一括査定サイトを使ってあなたの不動産売却が得意な不動産会社を効率よく探そう

不動産の一括査定サイトは、自分の不動産情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に完全無料で査定を依頼することができます。

オンライン査定申し込み

一括査定サイトを使えば、自分が売ろうとしている不動産売却に強い会社を効率よく探すことができます。

納得のいく査定根拠を示してくれる不動産会社なら、不動産売却が得意な業者であると言ってもいいでしょう。

また、具体的な売却時期が決まっていなくても査定だけでもOKです。査定結果を見て、売却するか?しないか?を検討しても問題ありません。

一括査定サイトを複数利用することで効率的に高く早く売りましょう│組み合わせ紹介

一括査定サイトは、30サイト以上もあります。まともに稼働していないのを除いたとしても、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、不動産いろは編集部では、運営歴や利用者の評判などを加味して、信頼できる10サイトを厳選してお勧めしています。

不動産一括査定の超効率的な使い方

サイト名 メリット デメリット 対応地域 サービス
開始年
★★★★★
HOME4U(ホームフォーユー)
公式
サイトへ
・日本初の不動産一括査定サイト
・大手NTTデータグループの運営だから安心
・売却ノウハウ本を無料ダウンロードできる
・提携社数は多くない 全国 2001年
★★★★★
すまいValue
公式
サイトへ
・超大手だけに査定依頼できる ・中小の不動産会社との提携はない
・大都市に偏っている
全国(大都市) 2017年
★★★★★
おうちダイレクト
公式
サイトへ
・Yahoo!不動産への掲載
・売主の味方としてのエージェント制
・大都市に偏っている 全国(大都市) 2015年
★★★★★
イエウール
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・不動産会社ごとの専用ページがあり、特徴やアクセス、スタッフ紹介まで詳しく見ることができる。
・農地査定ができる
・運営歴が浅い 全国 2014年
★★★★★
イエイ
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・売却相談をメールor対面で可能
・不動産会社に代わりに断る「お断り代行サービス」がある
・査定後フォローをしてもらえる
・農地査定ができる
・運営会社が非上場 全国 2007年

不動産一括査定サイトの賢い使い方として、お住まいの地域に合わせて組み合わせて利用するのが一番です。

1つだけ不動産一括査定サイトを利用しても、地域によってベストな不動産会社が見つかるとは限りません。

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせて利用することで、ご自身の不動産売却にぴったりの不動産会社が必ず見つかります。

当サイトでは、以下の組み合わせがベストな選択だと考えてますので、ぜひ複数の不動産一括査定サイトをご利用ください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
すまいValue
公式 サイトへ
+
おうちダイレクト
公式 サイトへ
イエウール
公式 サイトへ
+
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
イエイ
公式 サイトへ
ポイント ポイント
大都市に強い「すまいValue」「おうちダイレクト」で売却に強い有名大手を網羅。「HOME4U」を加えることで中堅や地元の実力企業も候補に入れる。 地域によっては、提携不動産会社が少ない場合もあるため、提提会社数の多い3サイトを組み合わせたのがポイント。
★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみ
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

    ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
★★★★★

提携不動産会社数1,700社以上!

利用者数は1,000万人を突破!

  • 最大6社と一括比較ができる
  • 都会から田舎の物件まで査定可能
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 利用は完全無料

    ※「まずは情報収集から」「見積もりが欲しい」とお考えの方にお勧めです。
★★★★★

運営10年以上!安心の実績

主要大手から地域密着型まで網羅

  • 提携不動産会社数1,700社以上
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 専門知識を持つ相談員が常駐
    難しい税金や相続のことも相談OK!
  • お断り代行や査定後フォローあり

    ※不動産売却が初めての方、サポートを受けながら進めたい方に最適です。
 
ページのトップへ