> > 不動産売却に必要な日数と成約までの期間を短縮させるコツについて

不動産売却に必要な日数と成約までの期間を短縮させるコツについて

不動産売却に必要な日数と成約までの期間を短縮させるコツについてのイメージ

不動産売却を依頼しているが、早く成約させたいとお困りではありませんか?成約までの日数はどれくらいかかるのかわからないと不安になりますよね。

そこでこのページでは、不動産売却の日数に関する以下のようなお悩みを解決していきたいと思います。

  • 成約までの日数が知りたい
  • 一般の取引状況と現在の取引状況を比較したい
  • 不動産売却までの日数を短縮する方法はあるの?

そこで、不動産売却に必要な日数と成約までの期間を短縮させるコツについて紹介していきます。

不動産売却に必要な日数と全体的な流れ

不動産売却は、スムーズにいけば「売りたい」と思ってから約3~8カ月で売却が完了します。平均すると、約半年程度です。

しかし、不動産売却がスムーズに行くことは少なく、ほとんどの場合は目安よりも時間がかかってしまう傾向です。

この流れが滞ってしまう要因には、買主や仲介業者の都合だけでなく、敷地や所有権の状態、建物の損傷など、売主側の事情なども深く関係しています。

「不動産売却」と言っても、成約までにはたくさんの手続きを済ませなければいけません。そこで、現状から成約までにはどの程度の時間が必要なのかを知るために、売却までの手続にかかる日数をシーン別に解説していきます。

査定から不動産売却開始までの日数:1週間~1ヶ月

家や土地を売りたいと思ったら、まずは査定から始めますが、スムーズにいけば査定から販売開始まで1週間から1カ月程度です。

不動産会社が該当物件の相場を調べ、売主が希望の不動産会社に仲介を依頼し、その後に媒介契約を締結するまでが、この不動産売却開始までの流れとなります。

ここでの手続を円滑に進めるためには、不動産会社選びに迷い過ぎないようにすることが大切です。

「大手がいいか地域の業者がいいか」「今よりも査定結果が高い会社が他にあるのではないか」と悩んでしまうと、それだけ成約までの期間が伸びてしまいます。

不動産会社選びがスムーズにいかないときは、複数の業者に一度に見積もりを取れる一括査定などを活用してみましょう。

不動産売却は大手VS地元どっちがいいの?メリット・デメリットを徹底比較

不動産売却を行う際は、不動産仲介会社に依頼するケースがほとんどだと思います。 不動産会社と一言で言っても、三井のリハウス(三井不動産リアルティ株式会社)、住友不動産販売、東急リバブルなどの誰もが知っている大手もあれば、…

3,278view

販売開始から買主が見つかるまでの日数:3~6ヶ月

物件の販売を開始してから買主が見つかるまで、スムーズにいけば3~8カ月程度です。

売却予定の物件情報を公開し、購入希望者が現れたあとは内見を行いますが、買主が見つかるまで日数を要します。

買主が見つかりやすくなるかどうかは、宣伝方法がすべてと言っても過言ではありません。不動産会社に仲介を依頼する場合、媒介契約内容によって宣伝方法が異なります。

専属専任媒介契約であれば、不動産情報サイトであるレインズに物件情報を登録することが義務化されています。そのため、宣伝に時間をかけたくない場合は、専属専任媒介契約を締結するようにしましょう。

売却契約から引き渡しまでの日数:2週間~1ヶ月

買主と売買契約を締結してから、物件を引き渡すまでスムーズにいけば2週間~1カ月程度です。

売買契約を締結してから引渡すまで、所有権移転や抵当権抹消など、様々な権利移動を行います。

この権利移動に時間を要するため、事前に必要書類を確認し、必要であれば司法書士など登記の専門家に権利移動を依頼しましょう。

不動産の権利移動は登記であり、登記は法務局で手続きを行います。登記申請から手続き完了まで1~2週間ほどかかるため、早めに申請しておきましょう。

不動産売却に関係する手続に必要な日数

ここまで不動産売却に関する大まかな手続と必要な日数を紹介してきました。上記で解説してきた以外にも、売却時に発生しうる手続があります。

そこで、不動産売却関係する手続に必要な日数も紹介するので、参考にしてください。

自分で名義変更を行うときに必要な日数

売買契約後に売主から買主へ名義変更つまり所有権移転登記を行います。名義変更を行うときに必要な日数は、1~2週間です。

この所有権移転登記は自分で行う方法と司法書士に依頼する方法とがありますが、どちらを選択するかで日数が異なります。登記の専門家である司法書士がスムーズに手続きを行えて1~2週間となるため、はじめて自分で登記を行う場合はそれ以上の時間がかかるとみておきましょう。

不動産情報を掲載するまでの日数

媒介契約を締結した後、不動産会社は物件情報を宣伝しますが、この宣伝を依頼してから不動産情報を掲載するまでの日数は、最短で5日程度です。

不動産会社と専属専任媒介契約または専任媒介契約を締結すると、レインズへ登録されることになりますが、業者は以下の期日内に登録するよう定められています。

媒介契約名 登録までの日数
一般媒介契約 登録の義務なし
専任媒介契約 媒介契約から7日以内
専属専任媒介契約 媒介契約から5日以内

レインズは業者が利用する大規模な不動産情報サイトです。物件を宣伝するには絶好の情報サイトとなります。それ以外に、不動産会社が独自に運営している情報サイトや情報誌、チラシなどもあるため、詳しくは契約業者に確認してみてください。

耐震チェックまでの日数

昭和56年6月以前に建設された築古物件の場合、現在の建築基準法にある耐震基準を満たしていない場合があります。このような古い建物は耐震検査を実施しなければいけません。

耐震基準は基礎や壁の造りや筋交いの量、劣化状況を確認します。検査自体は2~3時間で終了しますが、検査後に査定書が交付されるまでには約1週間必要です。もし、耐震強度がなく補強工事を行う場合は、1~2日程度、修繕範囲が大きければ1~2週間かかる場合があります。

買い替えローン融資開始までの日数

家を住替える際に組む買い替えローンは、融資を受けるまでに2週間~1カ月かかります。

申込みから審査、そして融資実行まで上記の日数が必要です。融資実行までの間、一番時間がかかる手続は審査となります。借入状況によっても異なりますが、仮審査に1週間、本審査に2週間必要です。

審査機関は金融機関により前後するため、融資を急いでいる場合は、予め融資実行までにかかる日数を確認しておきましょう。

抵当権抹消までの日数

住宅ローンを組んでいると不動産に金融機関から設定された抵当権がつきます。この抵当権は売却時には外さなければいけません。

抵当権を外すことを抵当権抹消登記と言いますが、金融機関からの住宅ローン完済証明書が交付された後、法務局へ行き抵当権抹消登記の手続を行います。申請してから抵当権が抹消されるまでの日数は約1週間~10日程度です。

一般的に抵当権抹消登記は司法書士に依頼しますが、自分たちで申請することも可能です。ただし抵当権の手続に手間取ってしまうと手続完了までに日数を要することになります。急ぎの場合は司法書士に依頼しておきましょう。

不動産売却までの日数を長引かせている要因3つ

早く売却してしまいたい人にとっては、できるだけ売却を長引かせる要因は無くしていきたいものです。不動産売却が長引いている要因は、「売り出し時期」「担当者の手腕」「ライバル」の3つが考えられます。

そこで、不動産売却を長引かせる要因をそれぞれ詳しくみていきましょう。

1.売りにくい時期に販売開始した

不動産にも繁忙期があり、売却しやすい時期は、人の動きがある春と秋です。

中々買い手が見つからないときは、人が移動する時期に再度出品してみましょう。

春や秋は、入学や転勤、人事異動の時期です。この時期に新居が欲しい人や引越ししたい人が多いため、中々成約しない場合には宣伝時期を変えてみてください。

ただし、不動産市場が活性化する時期は季節的要因だけではありません。消費税増税やオリンピックなど、政策やイベントで不動産市場が活発化することがあります。このような流れを読むためにも、不動産会社の担当者に売却スケジュールの立て方を相談してみましょう。

また売り出し期間が長くなると、売れ残り感をアピールしてしまうことになります。売り出し期間をはじめに定め、期間内に成約できなかった場合は、一度掲載を辞めてみるのも有効的な手段です。

なお、不動産売却の最適な時期とタイミングは以下のページ詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

不動産を売却する最適な時期とタイミングとは

マンション、一戸建てなどの中古住宅を売却したいけど、最適なタイミングはどの時期なの?とお悩みの方も多いはずです。 そこで、不動産を売却する最適な時期とタイミングを解説します。 このページをご覧の方は、不動産を売却して終わりという方は…

5,943view

2.担当者の営業能力が低い

成約までの時間が短縮できるかは、不動産会社の担当者の営業能力次第でもあります。やる気がある担当者に出会えれば、成約しやすくなる傾向です。

やる気がある担当者は、売り主の売却意向に合う売却戦略を打ち出してくれたり、様々なメディアに物件情報を掲載してくれたりします。

また、進捗状況や今後の行動について相談や報告しやすい担当者であれば、スケジュールの立て直しを気軽に相談できるでしょう。

営業力が高い担当者に出会うためには、専属専任媒介契約を締結することをおすすめします。専属専任媒介契約では、契約者との拘束力が強く、レインズへの登録や報告が義務化されています。もし現在の担当者のやる気が感じられないときは、担当者変更を申し出てみましょう。

プロが教える不動産売却に強いおすすめ仲介会社とは

家やマンションなどの不動産売却で成功するには、不動産仲介会社の存在が欠かせません。どんな不動産仲介会社や営業担当者を選べばいいのでしょうか? 不動産売却において媒介業者である業者選びに失敗すると、不動産売却で損を…

12,931view

3.ライバル物件が強い

ライバルとなる競合物件が周囲に多い場合、成約が長引いてしまう可能性があります。

同じエリア内に類似物件が安く売りだされている場合、安い物件に買主が集まるのは当然です。競合物件の数が多いと、最悪の場合は売れ残ってしまう可能性があります。

類似物件が多い場合は、価格を下げることや売り出し時期を見直す必要があります。また売却前にライバル物件はどのくらいあるかリサーチをかけることが大切です。

個人でもライバル物件が周辺にどれくらいあるのか簡単にリサーチする方法があります。以下のような方法の中からライバルチェックしてみてください。

ライバル物件を探す方法
・不動産会社のチラシをチェックする
・国土交通省の「土地総合情報システム」を利用する
・査定を依頼し調べてもらう

不動産会社が配布しているチラシをチェックすれば、いまどんな物件がされているか確認できます。

また国土交通省の「土地総合情報システム」という不動産取引価格を検索できるシステムを使えば、ネット上で周辺の売り出し状況をチェックすることが可能です。

「個人で不動産市場をチェックするのは難しくてよくわからない」という場合は、不動産会社に査定を依頼し、周辺地域の売り出し状況を確認してもらうという方法があります。上記で紹介した全ての方法は、無料で行えるため、できそうな方法から試してみてください。

不動産売却までの日数を短縮するコツ2つ

成約までの日数を短縮するコツは、それぞれの過程においてちょっとした工夫を取り入れることです。購入希望者に「買いたい!」と思わせることや、個人ではなく業者に売却するなど、様々な売却戦略があります。

不動産を売却できるまでの日数を短縮するコツをいくつかピックアップしましたので、売却時の参考にしてください。

不動産売却の期間を短縮する方法!早く売却するコツを徹底解説

不動産売却における期間は、実は、「売主の心の持ちよう」によって、想定以上に長引く場合もあれば、意外とスンナリ売買契約が成立したりもします。 特にこのページをご覧の方は、何かしらの事情で…

8,932view

1.個人ではなく不動産会社に物件を売る

早く売却したいなら、不動産会社に買取してもらうことを検討してみましょう。

買取制度を選択した場合、売主は不動産会社に物件を売り込みます。買取は一般的な仲介依頼とは異なり、不動産会社に買主を探してもらう必要はありません。

物件を売り込むというと難しく感じてしまうかもしれませんが、個人でも買取物件を宣伝する方法があります。

不動産一括査定では、物件の見積もりを取ってもらう際に「この物件は買取希望です」と予め売却希望方法を選択することが可能です。

売りたいと思ったときから買主を探すことになるため、買主を探す手間が省けます。買取のメリット・デメリットは以下のページで詳しく解説しています。

不動産売却の【買取】のデメリットとメリットを徹底解説

突然ですが、あなたはご自身が所有されているマンションや戸建てなどの不動産を高く売りたいとお考えでしたら、ぜひこのページを最後までご覧ください。 一般の方で不動産を売却する機会は、そう多くありません。 従って、不動産買取を依頼する際は…

3,853view

2.買主との信頼関係を深める

買主との信頼関係を築けば、成約までの期間が短縮できます。「どうやって信頼関係を築けばいいのかわからない!」という場合は、買主の立場になって考えてみてください。

誰でもうさんくさい売主から物件を買いたくはありません。不動産会社の担当者との信頼関係も大切ですが、買主に「この売主なら」と思ってもらうことも大切です。

信頼関係を築くためには、買主の要求に真摯に対応しましょう。内見の希望があれば買主のスケジュールを優先したり、室内を清掃したりすると売主の好感度がアップします。

買主に対しても誠実に対応してくれる担当者がいれば、売主に変わって買主との信頼関係を築いてくれるでしょう。

まとめ

売却はスムーズに行けば、約3~8カ月で成約します。

売却までは様々な工程があり、ひとつひとつの手続を円滑に進めることができれば、成約までの日数を短縮することが可能です。各工程にかかる日数短縮のコツについては、ここまで紹介してきた情報を参考に、実践してみてください。

もしも「なかなか成約しないな」と感じたら、売り出し時期や担当者の営業能力、ライバル物件の有無を確認してみましょう。知らず知らずのうちに売却までの日数を長引かせている要因を作ってしまっている場合があります。

また、売主の交換度をおくことも成約までの短縮につながります。売主だけでなく買主にも誠実に対応してくれる不動産会社を選び、売却にかかる日数を減らしていきましょう。

不動産を売却するなら不動産一括査定サービス

不動産を高く売却するなら「不動産一括査定サービス」がお勧めです。

不動産一括査定サービスって何??

あなたの売却予定不動産の物件情報と個人情報を入力することで、入力情報を元に不動産会社が自動で抽出され、複数の不動産会社に一括で査定が行うことができるサービスです。

  • 大手から地域密着まで売却査定数が累計35万件の「HOME4U」
  • 誰もが知っている超大手6社に依頼できる「すまいValue」
  • 【1都3県or大阪】売り手専門のソニー不動産がヤフーと組んだ「おうちダイレクト」
1位

HOME4U

★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • m
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみの
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

  • ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
 
ページのトップへ