> > > > スマイスターって2種類あるの?横浜に住む人ならどちらがおすすめ?

スマイスターって2種類あるの?横浜に住む人ならどちらがおすすめ?

スマイスターって2種類あるの?横浜に住む人ならどちらがおすすめ?のイメージ

横浜は、「2019年版住みたい街ランキング(SUUMO調べ)」において、トップになりました。その横浜で家を探す、または家を売る時に便利なサイト、それがスマイスターです。

ところが、インターネットで賃貸物件情報や格安賃貸情報サイト、不動産売却査定サイトなどを探すと、2つの「スマイスター」が発見でき、少し混乱してしまうかもしれません。

  • 横浜で格安の不動産賃貸の情報を探したい
  • 横浜の不動産物件をより高く売却したい
  • 全国の不動産会社からの不動産査定額を見積もり、比較したい

これらのニーズに、スマイスターは応えてくれます。ただし、「スマイスター」というサイトは、2つの別会社が運営しているため、区別する必要があります。

横浜で賃貸情報探しをするならスマイスター!

横浜は、住みたい街のトップだけあって、神奈川県内だけでなく全国的に人気が高く、不動産価格もそれなりに高額です。

横浜の人気が高い理由は、都心部に近くアクセスが非常に良いこと、ショッピングやレジャースポットが豊富なこと、子育て環境に適していることなどあります。

横浜でも地域により特徴があり、価格相場もそれに応じて異なります。

特徴 相場価格(新築戸建)
中区・西区 ・アクセスが抜群に良い
・横浜中華街など人気スポット多数
7,000万円
港南区・戸塚区・保土ヶ谷区 ・田園住宅地が多く住環境が良い
・子育てに力を入れている
4,500万円
泉区・旭区・瀬谷区 ・アクセスが良い
・比較的安価で物件が見つかる
3,500万円

こうしてみると、横浜は比較的裕福なサラリーマンなどが選択する住まいのようにも見えますが、実際には学生や失業中、生活保護世帯などで、保証人がいないにも関わらず横浜に住みたい方もいるでしょう。

スマイスターは、そのような方の部屋探しを強力にサポートしてくれます。

スマイスターでは、

  • 三親等以内の身内がいない
  • 生活保護受給中
  • 職業上入居審査にとおりにくい(芸能人や水商売など)

に該当する場合でも、物件探しを全力で手伝ってくれます。

スマイスターは学生や単身一人暮らし向けの賃貸情報サイト

ここで紹介するスマイスターは、学生や単身者、さらには上記のように賃貸を断られる可能性の高い方でも、賃貸が可能なマンションやアパートなどの賃貸物件を探してくれる店舗のことです。

スマイスターを利用するには、電話もしくはメールで初回問合せをしましょう。

その後、スマイスター横浜店など、最寄りのスマイスターの店舗に来店すると、無料で賃貸に関する相談(家賃・管理費・初期費用など)に乗ってもらえます。

スマイスターでは、敷金や初回家賃が無料の物件を探してくれたり、クレジット決済が全物件で可能にしたりなど、他にはないサービスが充実しています。

スマイスターで使えるクレジットカードは、JCB・VISA・マスターカード・ダイナーズ・アメリカンエクスプレスです。

生活保護受給中でも大丈夫!?

生活保護を受けている人でも、スマイスターなら賃貸物件を探しやすいです。

そもそも、生活保護受給者だと、以下の理由で入居を断られるケースが多いです。

  • 収入が不安定なので家賃を払ってくれるか不安
  • 保証人がいないため
  • 住宅扶助がある場合でも、支給決定まで時間を要するから

とはいえ、生活保護を受けていることを隠して賃貸物件探しをしても、自分のためになりません。スマイスターなら、正直に生活保護受給中であることを告げても、探せば生活保護制度に深い知識を持った不動産会社もあるため、安心です。

そのような物件探しの手助けになってくれるのが、スマイスターなのです。

例えば、保証人がいない場合でも、家賃保証会社を通じて賃貸契約を締結できる可能性があります。

家賃保証会社とは
借主が家賃を滞納した場合でも、家賃を立て替えてくれる会社。後日、立て替え分を返済する必要がある。

横浜で部屋探しするのに適した店舗

スマイスターは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一都四県で店舗を展開しています。

地域 店舗名
東京都 町田店・日暮里店・立川店
神奈川県 横浜店・藤沢店
千葉県 本八幡店
埼玉県 大宮店

通常は、スマイスター横浜店を利用することになりますが、他の地域にお住まいで、とりあえず相談だけしてみようという場合なら、徒歩で行ける近くの店舗を利用しても良いでしょう。

スマイスターの運営会社は株式会社パーソネット

このように、賃貸が難しい方でも、賃貸マンションや賃貸アパートを紹介してくれるのがスマイスターの特徴ですが、そのスマイスターを運営する会社は、株式会社パーソネットです。

株式会社パーソネットは、2013年11月22日に設立しました。翌年2月に1号店としてスマイスター町田店が営業を開始して以降、一都四県に7店舗を展開しています。

社名は人々を表す「パーソン」と「ネットワーク」をつなぎ合わせた造語です。人同士のつながりを大事にするという意味が込められています。

株式会社パーソネットは、店舗数が順調に増え続け、それに比例して売上高も右肩上がりです。

スタッフも20代~30代前半が多く雇用条件も良く、求人情報も積極的に出している若い会社です。転職情報サイトにも、求人を出しています。

横浜で家を売るなら不動産一括査定サイトのスマイスター(現:リビンマッチ)!

横浜で家を売りたい場合にも、スマイスターを利用すると良い、との評判があります。
1円でも高く不動産が売却できた、などの口コミも探すことができるでしょう。

しかし、このスマイスターは最初に紹介した「スマイスター横浜店」などの店舗とは異なり、不動産一括査定サイトのことです。

しかも、スマイスターという名はすでに変更されており、現在は「リビンマッチ」という名前のサービスになっています。

不動産一括査定を利用したいのならリビンマッチ!

リビンマッチは、不動産一括査定サイトです。あなたが横浜に住んでいる場合、その住宅やマンション・アパートの査定価格を最大6社、一括見積もりしてくれます。その中から、あなたがお気に入りの会社を選べば良いです。

不動産一括査定サイトは、リビンマッチ以外にも多くありますが、リビンマッチには他よりも優れた機能があります。

  • 最短45秒で無料査定の入力が完了する(他社の多くは最短60秒)
  • 買取、任意売却、賃貸管理、土地活用、リノベーション、不動産M&Aの一括査定も可能
  • 不動産会社との契約後、電話取材によるアンケートで5,000円分のギフトカードがもれなくもらえる
  • 大手だけでなく地域密着型の不動産会社からの査定も受けられる

これらのリビンマッチの特徴は、この記事の後半で詳しく述べますが、リビンマッチのサイト名は、いまいち一般に浸透していません。

その理由は、リビンマッチがつい最近まで「スマイスター」と名乗っていたため、そのブランド名の方がよく知られていたからです。

リビンマッチは過去、「スマイスター」と名乗っていた

スマイスターが不動産一括査定サイトのサービスを始めたのは、2006年のことです。2006年といえば、インターネットは普及していたものの、まだオンライン査定が世の中に浸透していなかった時代です。

大手の不動産一括査定サイトの中では、スマイスターはHOMU4Uに次ぐ、2番目の運営歴の古さをほこります。

そのようなオンライン査定の黎明期から、スマイスターは不動産査定サイトとして実績を積み続けていきました。

そんなスマイスターがリビンマッチにサイト名を変更したのは、2018年11月15日のことでした。

つまり、スマイスターと名乗っていた期間が10年以上なのに対し、リビンマッチと名乗り始めてからまだ1年経過していません(2019年夏現在)。

長い期間、スマイスターとして親しまれていたわけですから、スマイスター自体の口コミや評価が多いのはうなずけることでしょう。

リビンマッチ(旧:スマイスター)の運営会社はリビン・テクノロジーズ株式会社

スマイスターの運営会社も、社名変更をしています。現在は「リビン・テクノロジー株式会社」が運営していますが、以前は「株式会社シースタイル」でした。

株式会社シースタイルは、2004年1月に設立した会社です。不動産に関するベンチャー企業として立ち上がり、2年後の2006年からスマイスターのサービス提供を開始しています。

不動産売却以外にも、賃貸経営や不動産人材サービスなど、不動産に関する幅広いサービスを展開しているのが特徴です。

その株式会社シースタイルは、2018年6月1日に社名をリビン・テクノロジーズ株式会社に変更しました。その意味は、「living」=暮らし・生活・住生活に役立つ「Technology」を使うことで社会の進歩をしようということです。

社名変更の5か月後には、スマイスターもリビンマッチにサービス名変更しています。社名に倣って変更したのは間違いないですが、前半で説明した、横浜などに店舗を持つスマイスターとの差別化をはかる意味もあったとも考えられます。

リビンマッチが優れている理由

リビンマッチは、スマイスター時代から通算すると実に多くの実績を持ち、
さらに他の不動産一括査定サイトにはないサービスがたくさんあります。

メインとなる不動産一括売却査定において優れているのはもちろんのこと、それ以外にも情報誌の発行や買取・任意売却などの一括査定ができることも大きなメリットです。

不動産一括売却査定が便利

リビンマッチは、全国1,400社以上の不動産会社と提携する不動産一括査定サイトです。

登録不動産会社数では、イエウールなどもっと多いところもあります。それらと比較すると、リビンマッチは査定の比較対象が少なく、不利ではないかと思われるかもしれません。

しかし、横浜の不動産を売却するのであれば、1,400社もの不動産会社があれば十分です。地方の物件だと、査定してくれる不動産会社がヒットしないこともありますが、横浜の物件であればまず問題なくヒットするでしょう。

不動産一括査定の流れは、他の大手サイトとさほど変わりませんが、最短45秒で情報を入力できるフットワークの軽さは魅力的です。

情報入力の大まかな流れは以下のとおりです。

1. 物件種別・売却不動産の都道府県名・市区町村名・その他情報の入力
2. 物件の詳細情報の入力(番地名・マンション名や部屋番号など)
3. 建物情報の入力(専有面積・間取り・築年・物件の現況)※物件の現況では「賃貸中」も選択可能
4. 個人情報の入力
5. アンケートの回答
6. 不動産会社の選択

任意売却・賃貸管理・土地活用・リノベーション・不動産業界M&Aなどの一括査定も可能

リビンマッチ以外の不動産一括査定サイトは、主に不動産売却の査定のみを扱っています。しかし、リビンマッチでは任意売却・賃貸管理・土地活用・リノベーション・不動産業界M&Aなどの一括査定もできるのが、大きな強みです。

任意売却において、リビンマッチは全国250か所以上もの無料相談機関と連携しています。横浜は、東京23区や大阪市に匹敵するほどの人口があり、住宅ローンの相談や固定資産税、離婚時の土地トラブルなどが多く寄せられます。

横浜は住みたい町の上位に常にランクし、東京23区などと比較すると手頃な価格で住宅が手に入るため、売却後も住宅ローンが残る不動産を売却する任意売却でも、新たな買い手が見つかりやすいです。

リビンマッチ以外の他の不動産一括査定サイトでは、任意売却の一括相談を取り扱っていません。

スマイスター時代からの信頼性の積み重ね

先述のように、リビンマッチは、サイト名変更する前、スマイスターと名乗っていた期間が10年以上と、非常に長いです。

リビンマッチは、プライバシーマーク認定事業者です。

プライバシーマークとは、一般財団法人の「日本情報経済社会推進協会」が認定する基準で、事業者による個人情報の取扱が適切であると、付与されます。

リビンマッチは、登録番号10830322(06)でプライバシーマーク認定事業者に認定されています。ライバルの不動産一括査定サイトのうち、このプライバシーマーク認定事業者なのは、HOMU4UやすまいValueなど、少数です。

さらに、一括査定時に不動産査定サービス利用者からアンケートを取り、サービス向上のためにフィードバックしています。

このような実績が認められてか、リビンマッチを運営するリビン・テクノロジー株式会社は2019年6月に、東証マザーズ市場に上場を果たしています。

上場している会社のサービスとなると、非上場の会社と比べてやはり安心感が頭一つ抜けているでしょう。

リビンマガジンBizの情報量がすごい!

リビンマッチ独自の情報サービスとして、リビンマガジンBizの存在があります。

これは、スマイスター時代の2016年9月に、「スマイスターMagazine」という名で登場した不動産情報発信サイトのことです。

スマイスターがリビンマッチに名称変更したことにより、「リビンマガジンBiz」となりましたが、内容の充実度は「スマイスターMagazine」の時代からずっと蓄積され、さらに発展しています。

内容は、不動産コンサルタントなどの専門家によるコラム不動産売却時のチェックシート不動産会社情報<、不動産業界のランキングなど、読み物としてもとても充実し、知識が無理なく身につきます。

まとめ

インターネットで検索できる「スマイスター」は、2種類あります。
一つは、横浜など一都四県で格安の不動産賃貸を行う店舗型のスマイスター、もう一つは、不動産一括査定サイトで、現在はリビンマッチと名前を変えているスマイスターです。

最後に、両者の違いを表にします。

賃貸情報サイトのスマイスター 不動産一括査定サイトのスマイスター
(現:リビンマッチ)
サービス内容 賃貸物件の紹介 不動産売却などの一括査定
事業形態 店舗型 オンライン型
サービス開始 2014年 2006年
メリット 保証人なし、生活保護受給中などにも対応可能 不動産売却だけでなく、買取や任意売却の一括査定も可能
対象者 横浜など一都四県 全国

不動産を高く早く売却したいなら一括査定がおすすめ

不動産を高く、しかも早く売りたいなら、不動産会社に仲介を依頼する必要があります。しかし、不動産会社なら、どこに頼んでもいいわけではありません。

どこの不動産会社がよいかわからない女性

あなたの不動産を売却することが得意な不動産会社に売却を依頼することが成功のカギ

あなたが売却しようとしている不動産を得意とする不動産会社に依頼することが重要です。

不動産売却が得意か苦手かでこんなに違いがでる

そのような不動産会社は、不動産一括査定サイトを使えば効率的に探すことができます。

一括査定サイトを使ってあなたの不動産売却が得意な不動産会社を効率よく探そう

不動産の一括査定サイトは、自分の不動産情報と個人情報を一度入力するだけで、複数の不動産会社に完全無料で査定を依頼することができます。

オンライン査定申し込み

一括査定サイトを使えば、自分が売ろうとしている不動産売却に強い会社を効率よく探すことができます。

納得のいく査定根拠を示してくれる不動産会社なら、不動産売却が得意な業者であると言ってもいいでしょう。

また、具体的な売却時期が決まっていなくても査定だけでもOKです。査定結果を見て、売却するか?しないか?を検討しても問題ありません。

一括査定サイトを複数利用することで効率的に高く早く売りましょう│組み合わせ紹介

一括査定サイトは、30サイト以上もあります。まともに稼働していないのを除いたとしても、どれを使えばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、不動産いろは編集部では、運営歴や利用者の評判などを加味して、信頼できる10サイトを厳選してお勧めしています。

不動産一括査定の超効率的な使い方

サイト名 メリット デメリット 対応地域 サービス
開始年
★★★★★
HOME4U(ホームフォーユー)
公式
サイトへ
・日本初の不動産一括査定サイト
・大手NTTデータグループの運営だから安心
・売却ノウハウ本を無料ダウンロードできる
・提携社数は多くない 全国 2001年
★★★★★
すまいValue
公式
サイトへ
・超大手だけに査定依頼できる ・中小の不動産会社との提携はない
・大都市に偏っている
全国(大都市) 2017年
★★★★★
おうちダイレクト
公式
サイトへ
・Yahoo!不動産への掲載
・売主の味方としてのエージェント制
・大都市に偏っている 全国(大都市) 2015年
★★★★★
イエウール
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・不動産会社ごとの専用ページがあり、特徴やアクセス、スタッフ紹介まで詳しく見ることができる。
・農地査定ができる
・運営歴が浅い 全国 2014年
★★★★★
イエイ
公式
サイトへ
・提携社数が多い
・売却相談をメールor対面で可能
・不動産会社に代わりに断る「お断り代行サービス」がある
・査定後フォローをしてもらえる
・農地査定ができる
・運営会社が非上場 全国 2007年

不動産一括査定サイトの賢い使い方として、お住まいの地域に合わせて組み合わせて利用するのが一番です。

1つだけ不動産一括査定サイトを利用しても、地域によってベストな不動産会社が見つかるとは限りません。

複数の不動産一括査定サイトを組み合わせて利用することで、ご自身の不動産売却にぴったりの不動産会社が必ず見つかります。

当サイトでは、以下の組み合わせがベストな選択だと考えてますので、ぜひ複数の不動産一括査定サイトをご利用ください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
すまいValue
公式 サイトへ
+
おうちダイレクト
公式 サイトへ
イエウール
公式 サイトへ
+
HOME4U(ホームフォーユー)
公式 サイトへ
+
イエイ
公式 サイトへ
ポイント ポイント
大都市に強い「すまいValue」「おうちダイレクト」で売却に強い有名大手を網羅。「HOME4U」を加えることで中堅や地元の実力企業も候補に入れる。 地域によっては、提携不動産会社が少ない場合もあるため、提提会社数の多い3サイトを組み合わせたのがポイント。
★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみ
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

    ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
★★★★★

提携不動産会社数1,700社以上!

利用者数は1,000万人を突破!

  • 最大6社と一括比較ができる
  • 都会から田舎の物件まで査定可能
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 利用は完全無料

    ※「まずは情報収集から」「見積もりが欲しい」とお考えの方にお勧めです。
★★★★★

運営10年以上!安心の実績

主要大手から地域密着型まで網羅

  • 提携不動産会社数1,700社以上
  • 店舗・工場・倉庫・農地にも対応
  • 専門知識を持つ相談員が常駐
    難しい税金や相続のことも相談OK!
  • お断り代行や査定後フォローあり

    ※不動産売却が初めての方、サポートを受けながら進めたい方に最適です。
 
ページのトップへ