> > > > イエウールを選ぶべき理由を様々な角度から徹底比較

イエウールを選ぶべき理由を様々な角度から徹底比較

イエウールを選ぶべき理由を様々な角度から徹底比較のイメージ

家や土地などを売る方法について、まず何が思い浮かびますか?不動産の個人売買は手続きが複雑すぎるので、近所の不動産屋などに相談するのが一般的です。でも、とても簡単な手続きで、インターネットを活用して不動産情報を瞬時に得ることができるイエウールなどの不動産査定サイトはとても便利です。

でも、以下のような不安や疑問点があるでしょう。

  • 不動産査定サイトと近所にある不動産屋はどちらが信頼できるの?
  • イエウールと他の大手不動産査定サイトを比較したい
  • イエウールの評判や実績を知りたい

この記事では、数ある不動産査定サイトでなぜイエウールがオススメなのか、そして近所にある不動産屋とどのような違いがあるのか、様々な角度から比較していきます。

イエウールと不動産屋を比較

イエウールを知るには、まずは不動産査定サイトの仕組みを知ることが大事です。その便利さ、手軽さを知れば、ぜひ利用したくなるはずです。

また、近隣にある不動産屋と特徴を比較することで、どちらを利用すべきか、またはうまく併用すべきかなどが分かってくることでしょう。

不動産査定サイトはどんな仕組み?

まずは、不動産査定サイトの仕組みを学びましょう。イエウール以外のサイトも、仕組みに大差はありません。

イエウールは、完全無料で、あなたの不動産を売却してくれる会社を一括査定してくれるサイトです。査定するだけなら、あなたがイエウールに対して1円もお金を支払う必要はありません。

無料であることから、「イエウールは詐欺ではないか?」という口コミもあります。「ただより高い物はない」という諺もあるからでしょうが、イエウールに関してはそのような心配は無用です。なぜなら、イエウールは不動産会社からの紹介料をもらうことによってなりたつ不動産仲介会社だからです。

この仕組みは、イエウール、利用者(あなた)、不動産会社の三方が得をする、優れた仕組みです。

  • イエウール・・・不動産会社から紹介料をもらえる
  • 利用者・・・無料で複数の不動産会社からの査定結果が得られる
  • 不動産会社・・・不動産を売りたい利用者のリストが手に入る

つまり、イエウールからすると、たくさん一括査定を利用してもらうほど、不動産売買が成立する可能性が高まるのです。

イエウールでの不動産売却の流れ

具体的にイエウールを利用して、査定から不動産を売却するまでの流れを、下図を参照しながら見ていきましょう。

4ステップの流れ

①あなたが売りたい不動産の情報、およびあなたの情報を入力します。LINEのチャット形式なので、簡単です。

②情報入力後、イエウールが全国の不動産業者に一括査定依頼を行います。条件にマッチした会社からの査定結果が戻ってきます。

③査定金額や担当者の対応などから、最も良い不動産業者との媒介契約を行います。

④交渉成立すると、実際の不動産売買契約に移ります。

不動産査定サイトと近隣の不動産屋それぞれのメリット・デメリット

イエウールの特徴がわかったところで、イエウールなどの不動産査定サイトと近隣の不動産屋それぞれ、どのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

まずイエウールは、査定申込が楽で簡単、というのが大きなメリットです。不動産屋まで足を運ぶのはおろか、電話するのも抵抗があったり面倒ということもあるでしょう。特に地方都市や過疎地においては、経営が成り立たずに廃業する不動産屋も多いため、近所に不動産屋がないデメリットもあるでしょう。

次に、イエウールで複数の不動産会社を比較することで、相場感覚を得られるメリットがあります。家やマンションを売却する場合、数百万円単位のお金が動くため、素人には相場がわかりづらく、不動産屋に相談すると担当者のセールストークに頼り切りになってしまうデメリットも考えられます。

不動産屋は、インターネットが苦手だったり、電話よりも直接対面した方が安心できるかたには多くのメリットがあります。インターネットを通じた取引には詐欺も多いため、営業担当者と直接会話をしたいなら、不動産屋の方がいいでしょう。その場合でも、相場をつかむためにイエウールの価格査定を先にしておく方法もあります。

ただし、イエウールを利用して不動産一括査定をする際に、査定方法を「机上査定」ではなく「訪問査定」を利用した場合、不動産会社が売却物件の状況を訪問して査定することになるため、注意が必要です。

不動産査定サイトと空き家バンクの違い

イエウールと少し仕組みが似ている「空き家バンク」をご存じでしょうか?空き家の所有者と空き家の利用希望者とを仲介するサービスです。

ただし、イエウールなどと比較して空き家バンクは認知度が低く、また空き家バンク自体を行っていない自治体も存在します。つまり、空き家バンクで家の購入を考えている人が少ないことから、売却価格が安くなってしまう傾向にあります。

そのことから、家を売りたい場合、イエウールと空き家バンクを比較するとイエウールの方が断然お得だと言えそうです。特に、イエウールは他の大手不動産査定サイトと比較して田舎に強いことも、有利です。そのあたりを次の項目で詳しく見ていきましょう。

イエウールと他の大手不動産査定サイトとを徹底比較

不動産一括査定サイトの便利さがおわかりいただけたところで、数ある査定サイトの中でイエウールを選ぶべき理由を探ってみましょう。

他社にないイエウールの特徴

イエウールには、他の大手不動産査定サイトにはない特徴があります。まずはイエウールを利用するメリットを学びましょう。

田舎に住んでいる人に有利

イエウールは、他の大手不動産査定サイトと比較して、提携不動産会社数が1800社以上とナンバーワンです。そして、その内訳を見ると、都会以外の不動産会社と提携する割合が非常に多いのが特徴です。

特に、他社では対応していないところも多い農地も査定対象に入っているのが特徴です。田舎に住んでいる人に有利なことが裏付けられています。

では、都会では不利かというとそんなことはありません。イエウールは、大手不動産会社27社のうち、過半数と提携しており、特に京急不動産と提携しているのはイエウールだけです。

スマホでお気軽査定

イエウールのユーザーインターフェイスは、とても利用者に優しいです。スマホ世代の若者にも使いやすいのが特徴です。

スマホを使うかたなら、LINEを使ったことがあるでしょう。LINEに代表されるチャットアプリ画面で、担当者と対話するような感じで物件情報などを入力すると、不動産売却情報にたどり着きます。

一軒家とマンションの比較が容易

不動産には様々な種類がありますが、住居を売りたい場合は一軒家もしくはマンション・アパートなどとなるでしょう。それぞれにメリット・デメリットがあるのでまとめました。不動産売買の際の参考になさってください。

 一軒家マンション
騒音あまり気にしない気を遣う
ペット飼育原則可能不可の場合が多い
立地郊外が多い駅前などが選択可能
居住スペース庭付きや複数階が可能同一階のみに限られる
購入費用土地代や建築費込みで高い土地代等がないため安い
建物評価額安い高い(鉄筋コンクリートの場合)
ランニングコストリフォームや改築などのみ家賃・管理費・共益費など多い

そして、イエウールは一軒家・マンションのいずれをも取り扱う多数の不動産業者と全国レベルで提携しているため、比較するのに適しています。

ちなみに、イエウールで売却できる不動産は、一軒家・マンションを含め大きく分けて以下の10種類です。

  • 一戸建て
  • 分譲マンション
  • 土地
  • 一棟マンション、アパート
  • 区分けマンション
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル
  • 店舗、工場、倉庫
  • 農地
  • その他

ヒカカク!と業務提携

イエウールは、最近人気急上昇中の価格比較サイト「ヒカカク!」と、査定申込の提携を発表しました。これにより、ヒカカク!で不動産査定を行った利用者は、同時にイエウールの提携する不動産提携業者ともマッチングされ、より顧客の囲い込みが進むこととなりました。

ヒカカク!は、2014年に業務を開始した新しい会社「株式会社ジラフ」が運営する価格比較サイトです。イエウールを運営する株式会社Speeeと同じ年です。

100万点以上の商品で最適な買取業者を調べることが可能で、月間利用者は200万人を突破しています。「○○ 買取」のGoogle検索キーワードで、すでに多数の商品が上位を独占しています。

ヒカカク!も、イエウールと同様に利用者と買取業者とをマッチングする仲介業者のため、イエウールとヒカカク!が業務提携することは、大きなチャンスの拡大になることでしょう。

例えば、引っ越しなどを控え家電製品や家具、車などの買取価格を調べようとヒカカク!を利用した人がいたとしましょう。ついでに家を売ったらどうなるか、ヒカカク!で調べると、イエウールの1,800社を超えている不動産提携業者に自動的にマッチングされます。API連携で査定はヒカカク!のサイト内で完結するため、利用者はストレスなく利用できることになります。

ヒカカク!はまだ始まったばかりのサービスのため、価格.comなどと比較すると使いづらい面もありますが、そのような成長企業と提携することで、イエウールもさらに成長していく土台ができました。

イエウールとイエイを比較

イエウールだけを紹介しても、その良さは伝わりにくいでしょう。そこで、イエウールと似た名前の大手不動産査定サイト「イエイ」とを比較してみましょう。

イエイは、2008年に業務開始した不動産査定サイトです。イエウールよりも6年先輩ですね。イエイの公式サイトによると、登録不動産会社の数は1,700社以上と、イエウールに匹敵する規模です。

仕組みはほぼ一緒です。査定スタートすると、最大6社、最短60秒で査定価格が比較できます。こうしてみると、イエウールとイエイとは甲乙付けがたいと思えます。

トータルで考えると、イエウールの方がおすすめです。ただし、利用者によってはイエイの方がいい場合もあります。

イエウールがオススメの理由は、すでに述べたとおり田舎に強い、チャット感覚で査定可能、マンションと一軒家との比較が簡単などに加え、ヒカカク!と業務提携したことなどがあげられます。特に、ユーザーフレンドリーな使いやすさは、特筆すべきことです。

ただ、アフターフォローの充実度を比較すると、イエイの方に軍配が上がりそうです。それを象徴するのが、イエイの「お断り連絡代行サービス」です。査定に納得できない場合や、不動産会社の担当者のセールストークの勢いに対し、断り切れない気が弱いかたにもサポートが得られ、安心です。

イエウールを含め大手6社の情報を比較

イエウールとイエイの比較だけでは不十分、というかたには、大手不動産査定サイト6社でメリットやデメリットを比較しましょう。

 メリットデメリット
イエウール ・提携不動産数最多クラス
・農地の査定が可能
・田舎の利用者には最適
・査定入力が使いやすい
・運営実績が短い
イエイ ・提携不動産数最多クラス
・10年の運営実績
・農地の査定が可能
・経営母体の規模が小さめ
HOME4U ・親会社が東証一部上場
・17年の運営実績
・プライバシーマーク認定
・提携不動産数がやや少ない
LIFULLLHOME‘S ・提携不動産数最多クラス
・親会社が東証一部上場
・大手の不動産会社が少ない
リビンマッチ ・プライバシーマーク認定
・取扱不動産の種類が多い
・12年の運営実績
・運営会社が広告代理店で非上場
マンションナビ ・マンションに特化
・査定入力が使いやすい
・田舎には不向き
・対応物件がマンションのみ

これらの特徴から、自分にあった査定サイトを利用しましょう。運営会社が上場していた方が安心とか、マンションだけ査定したい場合など、ニーズは利用者により異なるからです。

でも、大手の中では特に新しいベンチャー企業Speeeが運営するイエウールは、若い企業ながら最大手に仲間入りしていることから、最も勢いがあると言えるでしょう。イエウールとその他の1~2つの不動産査定サイトを併用するのがお勧めの方法です。

イエウールの口コミからメリットとデメリットを比較

これらの情報を、イエウールの利用者による口コミから検証してみましょう。イエウールのメリットだけでなくデメリットも見えてくるかもしれませんが、それらを事前に比較することで、安心につながります。

まずは、良い口コミの抜粋です。

地方都市で結婚後に中古マンションを購入したが、東京への異動を機にマンション売却活動を決意。イエウールで査定を依頼したところ、売却が転勤に間に合い、住宅ローンを返済できる高値で売れた
イエウールが口コミで評判が良かったので利用した。高齢のため交通の便が良い場所を探していたが、担当者にていねいに対応してもらえた
新築のため、古い家を半年以内に売る必要があったが、イエウールでフットワークの軽い不動産業者に巡り会え、古い家を期限内に売却できた。
試しにイエウールに無料一括査定サービスを申込み、金額差のある複数の業者から一つ、良い業者を選べた
一括査定時の「コメント欄」に「離婚で家を売りたいが住宅ローンが残っています」と記載すると、任意売却に強い不動産業者を紹介してもらえた。

これらのイエウールに対する好意的な意見は多く、信頼できると考えられます。

次に、あまり良くない口コミの抜粋です。

相続税支払い対策で相続した不動産を売却。不動産の売却自体はスムーズだったが、相続など税法の知識に乏しく、役に立たなかった。
イエウールに一括査定をしたら、複数の業者からしつこい勧誘の電話を受けた。
電話がたくさんかかってきた。個人情報が流出しているのでは?

相続税に関する悪評は、専門外の知識を担当者に聞いているため、あまり参考になりません。相続に関することは2018年に40年ぶりに大きな民法改正も行われていますので、素人判断や専門外のかたへの質問は危険です。弁護士などの専門家に聞くべきです。

イエウールの担当者とそりがあわない、相性が悪いなどの口コミも散見されました。これは人間関係の問題、不動産会社の方針の問題など様々な要因を含んでいるのでしょう。イエウール以外、さらには近所の不動産屋でも同じことが言えるのではないでしょうか?

また、「とりあえず査定額を知りたいだけだったのに、しつこい電話勧誘を受けた」という意見も多いですが、これは机上査定を利用することにより解消できます。また、売る気がない場合は「もう他の不動産会社に売ることにしました」などと断りの電話をすれば、それ以降は電話がかかってこないでしょう。

個人情報が流出してしまうのでは?という疑問は大きな問題です。しかし、イエウールは提携する不動産業者以外に情報を流出させるメリットは考えにくいです。「無料だから怪しい」という意見もありますが、イエウールは提携する不動産会社から紹介料を報酬として受け取ることにより、利益を得ているのです。そのことから、怪しいという意見は一蹴できるでしょう。

まとめ

イエウールを選ぶべき理由を、不動産屋との比較、他の大手不動産査定サイトとの比較をしてみました。また、良い口コミ、悪い口コミも掲載しました。

イエウールは簡単な入力で最大6社の不動産価格が分かる、不動産一括査定サイトです。LINEのような入力画面で、スマホからでも査定が可能です。総合的に見て、イエウールを利用しない理由は見当たらないので、イエウールでまずは不動産一括査定サービスを利用し、場合に応じて他の不動産サイトや不動産屋、空き家バンクなどの併用を検討しても良いでしょう。

不動産を売却するなら不動産一括査定サービス

不動産を高く売却するなら「不動産一括査定サービス」がお勧めです。

不動産一括査定サービスって何??

あなたの売却予定不動産の物件情報と個人情報を入力することで、入力情報を元に不動産会社が自動で抽出され、複数の不動産会社に一括で査定が行うことができるサービスです。

  • 大手から地域密着まで売却査定数が累計35万件の「HOME4U」
  • 誰もが知っている超大手6社に依頼できる「すまいValue」
  • 【1都3県or大阪】売り手専門のソニー不動産がヤフーと組んだ「おうちダイレクト」
1位

HOME4U

★★★★★

日本初の一括査定「HOME4U」悪質業者は徹底排除!

査定依頼数は累計35万件。年間700万人が利用

  • 最大6社の査定価格を1度で取り寄せ
  • 比較するから相場&適正価格が分かる
  • 利用料金は完全無料の0円で全国対応
  • m
  • たったの1分でカンタン一括査定
★★★★

業界を代表する大手6社の査定だから安心安全「すまいValu」

  • 大手不動産会社6社のみの
    ※業界No1の三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、No2の住友不動産販売に唯一査定依頼ができる一括査定サービスです。
  • カンタン60秒の一括査定
  • 完全無料で全国OK
    ※支店の無いエリアは未対応
  • 査定依頼件数は18万件以上

    ※支店の無いエリアは対応していない可能性があります。その場合は、「HOME4U」をお勧めします。
★★★★

【1都3県or大阪】売手に特化したソニー不動産とヤフーが共同運営する「おうちダイレクト」

  • ソニー不動産が参加する唯一の不動産一括査定サイト
  • おうちダイレクト経由の売却なら、ヤフーの巨大ネットワークを駆使した宣伝が可能
  • おうちダイレクトならではの「セルフ売却」で最高手取り額を実現

  • ※1都3県or大阪なら「おうちダイレクト」1社と大手のみの一括査定「すまいValue」の併用がお勧めです。
 
ページのトップへ