> > 不動産投資成功のために読むべき本とは?

不動産投資成功のために読むべき本とは?

不動産投資成功のために読むべき本とは?のイメージ

不動産投資で成功を収めるためには知識や情報が必要なことは誰もが認めることです。
稀に知識や情報がない人でも投資に成功することもありますが、それはラッキーで成功しただけのことで二度目はないでしょう。
現在、不動産投資の知識や情報を得る手段は様々ありますが、最も手軽で低コストなのが本を読むことです。そこで、本項では不動産投資成功のために読むべき本をテーマに、4つの切り口から説明していきます。特に、各項ごとに、現在、読まれている人気本を具体的に紹介していますので、参考にして頂ければ幸いです。

  • 不動産投資本を読むメリットとは?
  • 初心者のためのマンション経営本はあるのか?
  • 不動産投資本売れ筋ランキングを知りたい

これらを少しでもお考えなられたことがあるなら、当ページがお役に立つと思います。

不動産投資成功のためにまずやるべきことは、本を読むこと

どうして不動産投資本なのか?

第45代アメリカ合衆国大統領であるドナルド・ジョン・トランプ氏は、不動産投資家として大成功を収めたことでも有名です。トランプ氏は父親が興した不動産会社の二代目ですが、名門ペンシルベニア大学のビジネススクールで不動産学を専攻しています。つまり、トランプ氏はビジネスや政治を直感力で判断しているように見えますが、実は知識と情報と計算に基づいて行動しています。

トランプ氏の過去の発言にそのことが表れています。

「人づての情報はあくまで人づての情報にすぎない。自分で情報源にあたろう」
「成功への道を開く絶好の方法は努力と勤勉さ、そして上手くいかないことより上手くいっていることに目を向けることに尽きる」
「成功するには事前の計画が大切である。そしてその計画にこだわりすぎず柔軟に構えるのも同じくらい大切である」

と述べています。

つまり、成功するには努力と勤勉さが重要で自分で情報源に当たることと、成功するには事前の計画が大切であると述べています。

したがって、初心者が不動産投資で成功するためにはまずは勉強する必要があるということで、「基本を学べること」と「わかりやすさ」を重視して解説本を読むことが手っ取り早いと言えます。

不動産投資本を読むべき人
  • 初めて不動産投資を始める人
  • 不動産投資の右も左もわからない人
  • とりあえず業界全体を見渡したい人
  • どんな物件を買えばいいかわからない人
  • 一度、失敗して仕切り直ししたい人

不動産投資本を読むメリットとは?

不動産投資では複数の投資先があります。 例えば、建物の種別はアパート・マンション・一戸建・オフィス・シェアハウス・ホテル・ゲストハウスがありますが、それぞれ、構造別にRC・鉄骨・木造があり築年数が異なります。しかも、エリアや立地が都心部・首都圏・郊外・地方では大きく異なります。

つまり、不動産投資は株式投資やFX投資と比べると投資の質的にはやさしいですが、投資手法など知識的な勉強量は多い投資と言えます。

しかも、株式投資やFX投資はシミュレーションや少額投資で経験を積み重ねることができますが、不動産投資の経験を積み重ねるには長い年月が必要です。
そこで、じっくり勉強できる本がおすすめなのです。

不動産投資が学べる本11選

不動産投資の全体像  「不動産投資1年目の教科書」
「世界一やさしい不動産投資の教科書 1年生
「毎月100万円! 確実に増える不動産投資」
「知識ゼロでも大丈夫!基礎から応用までを体系的に学べる!不動産投資の学校」
安い一戸建て投資 「戸建て大家さんはじめました!」
区分マンション 「マンションは10年で買い替えなさい」
アパ・マン経営について 「金持ち大家さん」になる! アパ・マン満室経営術「最速でお金持ちになる絶対法則」
資産と借金について 「金持ち父さん 貧乏父さん」
不動産投資ローンについて 「低金利時代の不動産投資で成功する人・失敗する人」
不動産税金について 「2時間で丸わかり・不動産の税金の基本を学ぶ」
リノベーションについて 「ボロ物件をお宝に変える不動産投資術」

過去の不動産投資名著と言われている本とは?

時代が変遷しても過去の名著と言われている本を読むことは大事です。
少なくとも1冊の本には1つのテーマがありますから、時代が変遷しても著者の経験に触れられるのは本ならではの長所です。以下の名著を参考にして頂ければ幸いです。

不動産投資名著4選

著者 タイトル
米国大統領ドナルド・J.トランプ著 「トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ」
ロバート・キヨサキ著 「あなたに金持ちになってほしい」
日本の不動産王・森泰吉郎著(森ビルおよび森トラスト・ホールディングスを創業) 「私の履歴書」
姫路のトランプ大川護郎著・渋谷和宏 著 「家賃ゼロ賃貸構想が日本の常識を変える」

初心者は不動産投資ノウハウ本を読め

現在、不動産投資に関してはネット情報・不動産投資セミナー・ノウハウ本や物件情報本などによるさまざまな情報源が用意されています。しかし、ネット情報や不動産投資セミナーは、顧客誘導が目的であるものが少なくありません。

やはりまずは、本を選ぶことをおすすめします。

初心者の場合は、不動産投資の仕組みややり方を丁寧に解説したノウハウ本から始めるのが得策です。最初に「不動産投資とは」や「不動産投資の仕組み」を把握しておくと、その後もスムーズに理解できるようになります。

初心者にお奨めの不動産投資本3選

不動産投資に興味を持ったらまず読む本 「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント改訂版 経済的自由があなたのものになる」
ロバート・T.キヨサキ著
不動産投資の仕組みを知る本 「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生 再入門にも最適!」
浅井佐知子著
不動産投資のやり方が分かる本 「儲かる!空き家・古家不動産投資入門」
三木章裕著

初心者のためのマンション経営本

初心者のためのマンション経営本についても、上記と同様のことが言えます。
したがって、無料のネット情報と不動産投資セミナーは要注意ですし、本に関しては内容・テーマの確認が必要です。

特に、マンション経営本については、「現在、マンション10棟所有・年収3,000万円」のような自慢話に終始する本も少なくありませんので要注意です。

以下、初心者のためになるマンション経営本を3冊選びました。

初心者のためのマンション経営本3選

タイトル・著者内容
「アパートローンのリスク管理」
小野兵太郎著(元銀行マンの不動産鑑定士)・野口 咲也(元銀行マンの不動産鑑定士)・香月 裕爾著(金融法務の最先端を解説する弁護士)
現在のアパート経営事情を踏まえたアパートローンに対する金融機関の状況を解説
「誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略 詳細解説版」
猪俣淳著(アセットビルド代表取締役)
アパート経営に対する効率性や、安全性の判断を身につけるための投資分析方法を紹介
「最新・金持ち大家さんになる! アパート・マンション満室経営術」
浦田健著(国内および海外の不動産開発コンサルティング)
借り手目線を常に意識した満室経営の方法について紹介

初心者のための住宅ローン本

ここに来て住宅ローンの金利が一段と低下しています。
変動金利型はもちろん、長期の固定金利型でも1%を切る例が珍しくなくなってきました。

マイナス金利が続くデンマークではマイナス金利の住宅ローンが登場していますが、近い将来、日本でもマイナス金利の住宅ローンが登場するかもしれません。したがって、金利情勢は刻々と変化していますから、最新の金利情勢を知るにはネット情報が最も適しています。本は企画・印刷・販売に少なくとも3ヶ月~半年は掛かるからです。

ただ、住宅ローン控除制度を理解するには本の方が良いかもしれません。住宅ローン控除制度の仕組みは複雑ですから、解説本を手元に置いて直ぐに見られる方が便利だからです。

現在の金利水準で住宅ローン控除制度により減税を受ければ、利息を払ってもおつりがくる状況が生まれています。年末のローン残高の1%相当が10年にわたって税額控除される住宅ローン減税の場合、金利1%未満でローンを組めば支払う利息より税額控除の方が大きくなり差額は家計に入るからです。

つまり、住宅ローン控除制度を利用すれば一種のマイナス金利といえる状況になるわけで、住宅ローン控除制度の正確な理解が必要です。

フラット35の9月運用分金利

住信SBIネット銀行 0.67%
日本住宅ローン 0.76%
クレディセゾン 0.76%
不動産投資初心者のための勉強法・始め方・投資法

昨年来、シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ社事件を皮切りに、レオパレス21の不正施工問題・大和ハウスの不正施工問題が・・・

12,953view
不動産投資どこがいい「物件・会社・情報」選びのコツ

不動産投資で物件を選ぶことは当たり前のことですが、物件を選ぶためには不動産投資会社を選ばなければなりません。・・・

15,539view

現在の市場を反映している不動産投資本ランキングをチェックしよう

2019年売れ筋ランキング

新刊本は時代の流れを象徴しています。
以下の「不動産関連本アマゾン売れ筋ランキング」からもわかるように、現在の不動産市場が成熟期に達したことを反映して新しいワードがタイトルに並びます。
例えば、「不動産ファンド」や「不動産テック」などです。したがって、現在の不動産市場の状況を知りたい時は売れ筋ランキングを見れば良いのです。

一般不動産関連本アマゾン売れ筋ランキング2019/9

タイトル著者
「図解入門ビジネス最新不動産ファンドがよ~くわかる本」 脇本和也
「人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番!」 吉川英一
「新人不動産営業マンが最初に読む本」 本鳥有良
「プロのための住宅・不動産の新常識2019-2020」 田村誠邦
甲田珠子
「これならわかる改正民法と不動産賃貸業」 中島 成
「いちばんやさしい不動産の教本」 林秀行
「不動産テック 巨大産業の破壊者たち」 北崎朋希
本間 純
「知識ゼロからわかる 不動産の基本」 林 秀行

不動産投資本売れ筋ランキング

「不動産投資本売れ筋ランキング」についても全く同様のことが言えます。
現在の不動産投資市場のことを知りたい場合は、「不動産投資本売れ筋ランキング」を見ることが手っ取り早いと言えます。

不動産投資本アマゾン売れ筋ランキング2019/9

タイトル著者
「初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書」 鈴木宏史
「手取り17万円の勤め人が僕ちゃん天才と言い始めたら・
年2400万円稼げた超成功法則」
ポール
「家賃収入1億円になるノウハウ満載!! 村田式ロケット戦略」 村田幸紀
「不動産投資のお金の残し方裏教科書」 石井彰男
「新版まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意」 石原博光
「家賃年収1億円ママ、今度は“自主管理”でキャッシュフローをドンドン増やしています!」 内本智子
「不動産投資専門税理士が教える不動産投資の収益計算本格入門」 中川 理
「世界一やさしい不動産投資の教科書1年生」 浅井佐知子

その他の不動産投資本は役に立つのか?

不動産投資リスク情報本は役に立つのか?

不動産投資は株式投資やFX投資と比べると、リスクは低いながらも一定の利益が期待できる投資と見られています。
しかしながら、1つだけ不動産投資で注意しなければならないことは、失敗経験を積み重ね難いということです。

例えば、株式投資では100万円の投資額で大失敗して半分になったとしてもマイナス50万円の損失です。ところが、不動産投資で半分になったとすれば、少なくとも数百万円の損失となります。言うまでもなく不動産投資は1回の投資金額がケタ違いに大きいので、1年の間に何十回も売買することはできません。

つまり、不動産投資は失敗経験を積み重ね難い投資であることは明らかです。したがって、現実的に経験することができない失敗経験を、本やネット情報を通じて積み重ねることは意味があることなのです。

不動産投資リスク情報本7選

タイトル 著者
「不動産投資リスク大全」 村上幸生
「大家さん、その対応は法律違反です!~不動産投資の法律トラブルと対策Q&A」 岡田のぶゆき
福岡寛樹
「アセットマネジャーの着眼力 間違いだらけの不動産投資」 佐々木重徳
「危険を見抜く、対処法を知る、利益につなげる」 三菱UFJ信託銀行不動産コンサルティング部
「あらゆるリスクを恐れない、強い大家になる方法!」 脇田雄太
「不動産素人の株式投資家が挑戦した!」 JACK
「弁護士が実践する不動産投資の法的知識・戦略とリスクマネジメント」 堀鉄平

海外不動産投資おすすめ本は役に立つのか?

基本的にネット情報はアクセス数を上げることを目的としていますから、不動産情報については国内市場の情報が圧倒的に多くなります。不動産投資で海外投資を考える投資家よりも国内投資を考える投資家が圧倒的に多いからです。
したがって、海外不動産投資を考える投資家は本で知識や情報を得る方が便利です。

最新海外不動産投資本5選

タイトル 著者
「年収300万からの資産運用術―超入門 海外不動産投資」 藤村正憲
「海外不動産投資はなぜドイツがいいのかホンネでお話しいたします」 市川隆久
「究極の海外不動産投資」 内藤忍
「誰も教えてくれなかった海外不動産投資: アメリカ在住の日本人大家さんによる」 大家実幸
「日本人が絶対に知らない アメリカ不動産投資の話」 高山吏司
ブロドスキ・ザクリ 豊岡昂平

SUUMOなどの住宅情報誌は役に立つのか?

一般的に住宅情報誌は不動産関連の会社が広告や営業誘導を目的に発行することが多く、駅やコンビニ・本屋などで無料にて配布されているのを見た人も多いはずです。

また、最近はネットの普及でパソコンやスマートフォンから住宅情報を探すことも多くなっていますが、いずれにしても、これらの住宅情報は不動産関連の会社が広告や営業誘導を目的に行っている情報配信です。したがって、情報を鵜呑みにすることなく参考程度に考えた方が良いでしょう。

一方で、出版社が有料で発刊している住宅情報誌も少なくありません。
これらの住宅情報誌は不動産業者同士の比較や物件の比較を見るには便利です。
また、比較的、公平でバイアスが掛からない情報と言えます。

その他の不動産投資本6選

タイトル 著者
「はじめての競売―利回り15%は当たり前」 河野正法
「不動産投資は・新築・木造・3階建てアパートで始めなさい!」 田脇宗城
「高家賃でも空室ゼロ!これからの不動産投資は地方の新築デザイナーズアパートが狙い目です」 大城幸重
「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」 金川顕教
「不動産投資でハッピーリタイアした元サラリーマンたちのリアルな話」 玉崎孝幸
hiro田中
アユカワタカヲ
桜木大洋
「不動産投資は空室物件を満室にして超高値で売りなさい」 尾嶋健信

まとめ

不動産投資の知識や情報を得る手段として、本は最も手軽で低コストの手段と言えます。また、情報を保存する手段としても本は手っ取り早い手段と言えます。もちろん、ネット情報も保存することができますが直ぐに見たい情報の場合、本は直ぐに開けるのに対して、ネット情報はパソコンを立ち上げて情報を検索しなければなりません。
一方で本の情報は少なくとも3ヶ月~6ヶ月前の情報であるのに対して、ネット情報はリアルタイムの情報です。2つの情報を上手く使い分けることが求められます。

無料で参加可能!初心者の方向け不動産投資セミナー&イベント

日本財託

失敗リスクが低い東京の中古ワンルームマンション投資向けのセミナー。

公式サイトへ
LIFULL HOME'S

不動産投資セミナーを簡単に検索できる。来場者全員に

公式サイトへ
湘 建

物件の選び方、エリアの選定方法やリスクも徹底解説!セミナーに参加すると【Amazonギフト2,000円分】

公式サイトへ

無料の資料請求や個別相談できる不動産投資会社

シーラ

1年間で1億円の資産実現も夢ではありません。入居率99.2%、都心部駅から8分圏内の物件を厳選!

公式サイトへ
GAテクノロジーズ

仲介手数料無料が嬉しい。効率重視のマンション投資は、築10年以上の物件を厳選して紹介。

公式サイトへ
アクティスアセットマネジメント

頭金0円で月々1万円から始められるマンション経営!仲介手数料は0円

公式サイトへ
 
ページのトップへ