> > > 今流行のローコスト住宅の維持費は超安いって本当!?安く家に住めるその理由を公開

今流行のローコスト住宅の維持費は超安いって本当!?安く家に住めるその理由を公開

今流行のローコスト住宅の維持費は超安いって本当!?安く家に住めるその理由を公開のイメージ

一生に一度の大きな買い物といえば家ではないでしょうか。
人生のなかで、家はとても高額な買い物のため、どのような家を買うのかを非常に迷われるはずです。建物の費用が高くなればなるほど良い物件になるのはわかるけど、それ以上にローンの支払いが心配なんてことにも。それなら、今人気のローコスト住宅をおすすめします。

ここではローコスト住宅やその維持費に関することをお伝えします。
ぜひ参考にしてみてください。

ローコスト住宅とは?なぜ安いの?

そもそも、ローコスト住宅とはどういうことを指すのでしょうか。
ローコスト住宅とはその名の通り、一般の注文住宅よりも安い価格で販売されている家のことを表します。しかし、なぜ安く購入できるのでしょうか?

ローコスト住宅の基礎知識と安さの理由については、以下で詳しく解説しています。

ローコスト住宅とは?メリットとデメリットを比較して、失敗しない家づくりのコツ

そろそろ夢の一戸建てを建てたい!今の賃貸の家賃がもったいない、建て替えをしたい…… 家を建てたいと思う理由はさまざまですが、いざ新築の計画を立てはじめると最初に直面するのが資金の問題です。できることなら …

23,741view
ローコスト住宅はどういう仕組み?安い理由を徹底解説!

「いよいよ自分も家を建てよう!」と決めたものの、いざ家づくりを勉強しはじめると「家ってこんなにお金が要るの!?」と愕然としますよね。「建物に2,000万円以上もかけられない」という結論に至った場合、選 …

19,853view

維持費を下げてローコスト住宅を建てる場合に考えるべきこと

では、実際にどうやってローコスト住宅が実現できるのか。
家を購入する側の立場で何かできないのかを考えてみましょう。

床面積を減らすこと

どんなものでもそうですが、物が多くなったり広くなったりするとそれだけ費用がかかってしまいます。

そのため限りなくローコスト住宅にするためには、床面積を減らすことが重要です。

また、できる限り家の設計段階から床面積を極力減らすことを考えておくことで、ローコスト住宅が実現します。

屋根の角度をゆるくすること

戸建て住宅の場合、屋根は必要不可欠な存在です。

実は屋根にもさまざまな形があり、切り妻や寄せ棟、入母屋(いりもや)など、デザインによって費用が変わってきます。

複雑な屋根になればなるほどコストは膨らみますが、逆を言えばシンプルな屋根はコストが下がる傾向にあります。

もし、少しでもローコスト住宅の維持費を抑えたいのであれば、切り妻や片流れの屋根を検討するようにしましょう。

間取りを複雑にしないこと

シンプルな間取りであれば、工数が大きくかからないためコストを抑えることができますが、間取りにこだわりがある場合、コストを抑えるのが難しくなってしまうケースがあります。

可能な限りローコスト住宅にするのであれば間取りをシンプルにしたり、1階と2階の壁の位置をピッタリそろえることでコストを抑えることができます。

水回りを分散せないこと

キッチンやトイレ、風呂場などの水回りは水を流すために配管を通さなければなりません。

そのため、水回りがそれぞれに分散しすぎてしまっていると、その分の配管が長くなってしまい、コストが増えてしまいます。

ですから、可能な限り水回りの場所を集中させて配管のコストを下げることでローコスト住宅が実現できます。

すべてのことが叶えられると思わないこと

ローコスト住宅は名前の通り、いかに安く住宅を建てられるのかが重要ではないでしょうか。でも、そうは思っていても、家づくりを考え始めるといろいろ希望や要望は出てくるものです。

あれもしたい、これもしたいと理想ばかりになってしまうと、当たり前ですがコストも高くなってしまうため、ローコスト住宅とはかけ離れたものになってしまいます。

そうならないためにも、絶対に必要なもの、そうではないものをしっかり分けて優先順位をつけてあげることが大切になってきます。

安さにこだわるなら、「安い家を建てること」を一番に考え、実際の暮らしをイメージした上で、取り入れるものの取捨選択をしていきましょう。

まとめ

安いものにはなにか裏があると思ってしまいがちですが、住宅に関していえばあまり該当しないのではないでしょうか。

なぜなら企業努力があってからこそ、ローコスト住宅が実現するからです。

もし、家を購入したいけれど高いし迷っているのであれば、ローコスト住宅も検討してみてはいかがでしょうか。

家を建てるなら以下がおすすめ

まずは気軽にカタログ請求したい

★★★★★

たった一度の無料資料請求で注文住宅のカタログをまとめて取り寄せできる

  • 1,000万円台の建物価格からのお取り寄せ
  • ローコスト、平屋などのテーマ別のお取り寄せ
  • 建設予定地から全部のメーカーをまとめてお取り寄せ
  • 無料でまとめてお取り寄せ

プロに相談しながら自分たちにぴったりの家を建てたい

★★★★★

プロに相談しながら自分たちにぴったりな家を建てたい

  • 無料で何度でも相談できる
  • 相談窓口にてVRによる住宅のイメージ体験が可能
  • 94.2%の方が満足と回答
 
ページのトップへ